戻る


■土星と天王星の180度(その2)  2010.10.11.   更新:2012.08.18. (→本文更新) 


☆土星と天王星の180度(その1)
     
■当ページについて   2011.12.16.
     
■土星と木星の会合:番外1「水GT2013年と地GT1772年」   2010.10.11.
■土星と木星の会合:番外2「水GT2013年と地GT1772年」   2010.10.12.
■土星と木星の会合:番外3「10天体と12サインの四元素:図版」   2010.10.15.
■土星と木星の会合:番外4「蠍サイン金星内合」   2010.10.29.
■土星と木星の会合:番外5「天秤金星&魚木星順行開始」   2010.11.22.
■土星と木星の会合:番外6「山羊水星逆行開始」   2010.12.11.
■土星と木星の会合:番外7「冥王星海王星天王星GT」   2010.12.30.
■寛平ちゃん「アースマラソン:祝!日本帰還!」   2011.01.04.
■土星と木星の会合:まとめ1「40年間の移行期」   2011.01.05.
■土星と木星の会合:まとめ2「移行期MAP」   2011.01.05.
■土星と木星の会合:まとめ3「移行期参考データ」   2011.01.08.
■土星と木星の会合:まとめ4「移行期の4段階」   2011.01.09.
■土星と木星の会合:まとめ5「移行期:時代のバトンタッチ」   2011.01.13.
■寛平ちゃん「アースマラソン:祝!ゴール!」   2011.01.21.
■土星と木星の会合:番外8「2011年エジプト騒乱」   2011.02.03.
■土星と木星の会合:番外9「ムバラク大統領会見」   2011.02.11.
■土星と木星の会合:番外10「エジプト革命:ムバラク辞任」   2011.02.12.
■土星と木星の会合:番外11「2010年-2011年アラブ世界騒乱」   2011.02.17.
■土星と木星の会合:番外12「ノースノードと木星」   2011.02.19.
■土星と木星の会合:番外13「リビア:カダフィ演説」   2011.02.24.
■土星と木星の会合:番外14「2011年東北地方太平洋沖地震」   2011.03.12.
■土星と木星の会合:番外15「レベル7〜THIS IS IT」   2011.04.13.
■土星と木星の会合:番外16「東電 福島第一原発事故関連データ」   2011.05.13.
■土星と木星の会合:まとめ6「福島第一原発事故から考えたこと」その1   2011.05.29.
■土星と木星の会合:まとめ7「福島第一原発事故から考えたこと」その2   2011.05.29.
■土星と木星の会合:まとめ8「福島第一原発事故から考えたこと」その3   2011.05.29.
■土星と木星の会合:まとめ9「福島第一原発事故から考えたこと」その4   2011.05.29.
■土星と木星の会合:「非正規の思考」&「アマチュア思想家宣言」   2011.06.10.
■土星と木星の会合:まとめ10「福島第一原発事故から考えたこと」その5   2011.06.11.
■土星と木星の会合:村上春樹氏「バルセロナ・スピーチ」   2011.06.11.
■土星と木星の会合:まとめ11「福島第一原発事故から考えたこと」その6   2011.06.16.
■土星と木星の会合:まとめ12「福島第一原発事故から考えたこと」その7   2011.06.17.
■土星と木星の会合:まとめ13「福島第一原発事故から考えたこと」その8   2011.06.21.
■土星と木星の会合:まとめ14「福島第一原発事故から考えたこと」その9   2011.06.23.
■土星と木星の会合:「レセプション」と「ディスポジション」その1   2011.06.23.
■土星と木星の会合:「レセプション」と「ディスポジション」その2   2011.06.25.
■土星と木星の会合:まとめ15「福島第一原発事故から考えたこと」その10   2011.06.27.
■土星と木星の会合:「ヒストリエ」→「シュンポシオン」   2011.07.10.
■土星と木星の会合:まとめ16「移行期の金星と火星」   2011.08.08.
■土星と木星の会合:まとめ17「移行期の金星と火星」   2011.10.03.
■土星と木星の会合:まとめ18「用語の整理」   2011.10.03.
■土星と木星の会合:まとめ19「移行期」覚え書き   2011.10.07.
■土星と木星の会合:「カダフィの最期」   2011.10.21.
■土星と木星の会合:「Human Error」   2011.11.27.
■土星と木星の会合:「水星逆行の余波」「シービスケット」   2011.12.14.
■土星と木星の会合:「ページの大整理」「タイマーズ」   2011.12.15.
■土星と木星の会合:「冷温停止状態、事故収束宣言?」   2011.12.16.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 00   2011.12.31.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 01 「2枚の憲法図」   2011.12.31.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 02 「5枚の土星木星会合図」   2011.12.31.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 03 「移行期的混乱」   2011.12.31.
■土星と木星の会合:「年末の雑感」   2011.12.31.
■土星と木星の会合:「年初の雑感」   2012.01.07.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 04 「4枚の図版」00   2012.01.10.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 05 「4枚の図版」01   2012.01.23.
■「スーパーイヤー 2012」覚え書き   2012.01.23.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 06 「4枚の図版」02   2012.02.04.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 07 「4枚の図版」03   2012.02.24.
■土星と木星の会合:最後のまとめ 08 「4枚の図版」04   2012.02.29.
     
■天王星と冥王星90度: その1「四季図」   2012.05.16.
■天王星と冥王星90度: その2「四元素と日本史」   2012.05.20.
■天王星と冥王星90度: その3「双子00度 金環日食」   2012.05.22.
■天王星と冥王星90度: その4「天王星と冥王星のアスペクト」01   2012.05.22.
■天王星と冥王星90度: その5「天王星と冥王星の合」01   2012.05.26.
■天王星と冥王星90度: その6「首相官邸前抗議デモ」   2012.06.27.
■天王星と冥王星90度: その7「SG学習会 御礼と補足」   2012.07.27.
■天王星と冥王星90度: その8「天王星と冥王星の合」02   2012.08.02.
■天王星と冥王星90度: その9「天王星と冥王星の合」03   2012.08.14.
■天王星と冥王星90度: その10「天王星と冥王星の合」04   2012.08.18.
■天王星と冥王星90度: その11「天王星と冥王星のアスペクト」02   2012.08.18.
     
■参考チャート一覧    更新:2012.06.27.

■参考図版          更新:2012.06.27.

■アスペクトデータ     更新:2012.08.18.(→データ10)
      ▼データ1:土星と木星のアスペクト   1940年〜2020年
      ▼データ2:土星と冥王星のアスペクト   1982年〜2020年
      ▼データ3:土星と海王星のアスペクト   1989年〜2026年
      ▼データ4:土星と天王星のアスペクト   1988年〜2032年
      ▼データ5:外惑星と土星と木星の合&衝   1958年〜2032年
      ▼データ6:土星と木星の会合   -0045年〜2596年
      ▼データ7:冥王星と土星の合&衝   1914年〜2020年
      ▼データ8:タイムテーブル   1981年〜2020年
      ▼データ9:土星イングレス   1970年〜2024年
      ▼データ10:外惑星イングレス   1800年〜2026年
      ▼データ11:カーディナル・クライマックス   2007年〜2015年
      ▼データ12:海王星と木星の合&金星アスペクト   2008年〜2012年
      ▼データ13:海王星と木星の合   1766年〜2022年
      ▼データ14:ノードと天体の合&衝   1983年〜2020年
      ▼データ15:天王星と冥王星合   0074年〜2991年
      ▼データ16:冥王星と天王星のアスペクト(+年表)   1850年〜2104年
          ★データSP:アースマラソン               2008年〜2011年



■当ページについて 
2011.12.16.  




当ページを訪れてくださった方へ


ご訪問、どうもありがとうございます。

こちらは 「土星と天王星180度」というページの続きとして作成したものです。

上記をクリックすると。「土星と天王星180度」(その1)のページに飛びます。
詳しくは、下記をご参照いただけますと幸いです。

昔の「★ 当ページのご紹介 ★」部分


どうぞよろしくお願いいたします。




■土星と木星の会合:番外1「水GT2013年と地GT1772年」  
2010.10.11.  




10月09日は故ジョン・レノンの70回目のお誕生日で。
それは同時に、仲井戸麗市の60回目のお誕生日でもありました。

今年のチャボは凄かった。フルに。まさに。カーディナルクライマックスしてたです。
全国のライブハウスを廻り、60回目の最終ライブを渋谷で誕生日についにやり遂げました。

心から讃えたいです。チャボすごい!ブラボー!カッコE〜!


で。自分が今注目中の「土星と海王星の120度」の話の続きを。

現在の「天秤土星と水瓶海王星」のサイン間でのギリギリの120度はいわば露払いで。
次なる「蠍土星と魚海王星」の120度こそ。「本番」ではないか?と思うのです。


2012年10月11日08時06分 土星D(蠍  00度)と海王星R(魚  00度) 120度
2013年06月12日06時23分 土星R(蠍  05度)と海王星R(魚  05度) 120度
2013年07月19日17時03分 土星D(蠍  04度)と海王星R(魚  04度) 120度



さらに。上記の「2012年から2013年」にかけて生じる「蠍土星と魚海王星」120度が、
次なる「蠍土星と蟹木星120度」への扉を開くのだと思えます。


2013年07月18日02時35分 土星D(蠍  04度)と木星D☆(蟹  04度)120度
2013年12月13日09時04分 土星D(蠍  18度)と木星R☆(蟹  18度)120度
2014年05月25日02時46分 土星R(蠍  18度)と木星D☆(蟹  18度)120度



土星と海王星の象徴を考えるに。

海王星の象徴「ガス、霧、煙、蜃気楼」のような「曖昧モコ」とした事象は、
メガネをはずして見る世界のようにぼんやりして焦点が定まらず、つかみどころがありません。

逆に土星は「境界、規則、制度、枠組み」等の「定型化」や「固定化」「具体化」「具現化」を
本分とする天体です。カタチ無くして。何の土星ぞ、です。

コンタクトレンズ、メガネ、老眼鏡のように。ぼやけた画像の焦点をクッキリと合わせて。
海の上にさえ国境線が引かれるが如く、あらゆる不定形のものを定形化し、切り分けていきます。

例えばそれが絵画であれ音楽、演劇、彫刻、マンガ、小説であれ、手法が何であれ。

人が思い描くイメージや想念は、人の身体を通してなんらかの形に「具現化」されて初めて、
他者と共有可能となります。

現在では、絵も、パソコンやペンタブレットを使って描きますけれども。やはり手を使います。
下絵を描いてスキャンしたり、ペンタブやパソコンの操作はどうしても必要です。


ただぼーっと思い描いてるだけでは、永遠に、絵は完成しません。
手を動かしてカタチにしていく作業(と根気)が必要です。



思い描く絵のイメージが「海王星機能」の管轄なら、それを他人に見せることのできる、
共有可能な画像のカタチにしていく作業が「土星機能」の管轄です。

夢見る力が「海王星機能」の管轄なら、夢に形を与えるのが「土星機能」の管轄で。
日常の生活においての「海王星」の活用に必須となるのが、「土星機能」の関与です。

曖昧な「海王星」に具体的な輪郭を与える土星の機能には、当然、土星機能の経験値、
習熟度が問われます。時間をかけて。地道に努力を続けて、磨いて鍛えた熟練の「ワザ」が
モノを言います。(匠の技と見習いのウデの差は誰の目にも一目瞭然ですからね)

そうそうそう、先日、愛読している
「内田樹の研究室」のブログ「2010.10.08 ヴァーチャル奉祝記事」の最後に
村上春樹氏の新刊のインタビュー集 『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』89ページの
言葉が引用されていて。

それを読んで。ぐっときました。(書名もカッコいいいい。ノックアウト。シビレる)

ちょっとだけ。ここでもぜひに「引用」の「引用」を、おすそ分けをせねばです。


「僕は決して選ばれた人間でもないし、また特別な天才でもありません。
ごらんのように普通の人間です。

ただある種のドアを開けることができ、その中に入って、暗闇の中に身を置いて、
また帰ってこられるという特殊な技術がたまたま具わっていたということだと思います。

そしてもちろんその技術を、歳月をかけて大事に磨いてきたのです」



自分は、天秤土星エグザルテーション土星と水瓶海王星120度の今この時期を、好機と感じます。

ここ30年の間に経験してきたこと。痛い思いと共に、経験し学んで身につけてきたことを、
今ここで振りかえる必要を感じます。


●1981年:土星&木星合 (天秤9度、8度、4度)☆
●1982年:土星と冥王星合(天秤27度)☆

1980年代:土星と冥王星、天王星、海王星合
1990年代:天王星と海王星合(山羊19度、18度)

●2000年:土星&木星合 (牡牛22度)
○2001年:土星と冥王星180度(双子/射手12度、13度、16度)

2000年代:土星と冥王星、海王星、天王星180度
2010年代:土星と天王星180度→カーディナル・クライマックス


●2020年:土星と冥王星合 (山羊22度)☆
●2020年:土星&木星合(水瓶0度)☆


特に。21世紀に入って、蟹デトリメント土星時期、獅子デトリメント土星時期を経て、さらに
乙女ぺリグリン土星時期を経て。

当ページの表題の「土星と天王星の180度」の期間に経験してきたことが。
今ここで「実となり花となる」時期を迎えるのではないか。そう思えてなりません。


自分の中で気づかぬうちに「形骸化、定型化、マンネリ化」してきたパターンを。
この「土星と天王星の180度」期に、少しでも自覚し、打破する機会が与えられていたのなら。



天秤でエグザルテーションとなる、パワー・アップのチャンスの今この時期に。
いわゆる「カーディナル・クライマックス」序盤戦の勢いが残る今この時期に。

「山羊冥王星との90度」という、さらにダメ押しの経験をガシっと受け止めつつ。

転んでもただでは起きない精神で。「蠍土星と蟹木星120度」の時期に照準を合わせて。
心身ともに備えなくてはと。そうしなくてはせっかくの機会がもったいないと思えるのです。

「蠍土星と蟹木星120度」の第1回目のチャートを見るたび。その思いが強まります。

毎度、前置きが長くてくどくてすみません。まずはチャートをアップします。



★水と地:ふたつのサインのGT



▼2013年:水GT(土星、木星、海王星)                ▼1772年:地GT(天王星、海王星、冥王星) 




まだまだ続きます。




■土星と木星の会合:番外2「水GT2013年と地GT1772年」  
2010.10.12.  




まずは近況から。

昨日、3連休の終わりの日に。湯島天神の近くの 羽黒洞という
ギャラリーへ出かけてきました。


★佐々木誠展 - 祖形 ヒトガタ -
 2010年10月11日(月)〜10月23日(土)



今年の1月に偶然、初めてこの作家さんの作品を拝見する機会を得て。
自分好みのピンポイント直撃で、一気に魅了されました。

今回、ふだんは主に肉筆浮世絵等を展示しているというギャラリーで。
作品を拝見。得がたい時間を過ごすことができました。

和風のしつらえの入り口を入ってすぐ正面に、
「素戔嗚(スサノヲ)柱態 」と名づけられた木彫りの頭像が。

ギャラリーのスタッフの女性に、作家さんがこの作品についての話をされている時に。
「日本で初めて和歌を詠んだのはスサノオなんですよ」と小耳にはさんで。ちょっと驚く。

乱暴者でやんちゃなイメージの強いスサノオが。和歌を詠む?知らなかった。意外で。

さらに作家さんが、創作とは「破壊と創造」であって、
「まず破壊があって、創造があるんです」と話を続ける。

冥王星の「死と再生」「破壊と創造」のキーワードを連想して妙に納得。


「破壊」や「創造」には、過剰で莫大なエネルギーが必要だ。

そういえば。そもそも「エネルギー」って、何なのだろう?と気になって。
帰宅後にネットで検索すると。そうかー。ギリシャ語の原義は「仕事をする能力」なのかー。

で。辞書での「活動の源として体内に保存する力。活気。精力」という説明の他にも、
「今の状態を何か別のものに変化させる可能性を持ったもの」という解説文も発見。

「今の状態を、何か別のものに、変化させる可能性」。。変容だ。

否定的な結果なら「破壊」になり、肯定的な結果を生み出せたら「創造」になるのかな。
花瓶を割れば「破壊」だけど、花を生ければそれは「創造」になるということで。

エネルギーを持て余し。制御不能なうちはただの乱暴者のスサノオだけど。
だからこそスサノオは、「創造者」としても大きな力を持つということか。

天体の「デトリメント」と「ドミサイル」の状態のようで。なるほどと思うと同時に。

冥王星のキーワード「破壊と創造」の大本となる「源泉、起源、原初」の概念を。
スサノオが体現しているのではないか?とそう思えてきて。

言葉にならないものが。星雲状にアタマの中でぐるぐると渦巻きだします。

日本神話で「三貴神」とされる「アマテラス」「ツクヨミ」「スサノオ」を
そのまま占星術の「太陽」「月」「冥王星」に対応させる気は毛頭ないのですが。

それでも。スサノオと冥王星に同一性を感じてしまったが最後で「妄想」が止まらず。


飛躍に次ぐ飛躍。アタマの中であちこちにジャンプしまくりです。

空には太陽があって。月があって。あれやこれやの天体もあって。
この地球上で生活する自分の足元には、カタイ地面がある。

その地表は。ほんとは薄くてほんのちょっとだけで。
その奥というのか。地球の内部はどうなっているのか。

マグマ。マントル対流という、高校の時に地学で習った言葉を思い出して。
ネットで検索して。地球の断面図をマジマジと見たりして。

地学の基礎の復習モードです。地球の中身ってこうなってるんだった。
ふだんものの見事に。キレイさっぱり忘れてた。この大失念を再認識。

堅固で安定して揺るがないハズの地面の地表はたまごの殻より薄くて。
中身はこんなにも熱くて流動的で。そういえば昔「コア」という映画も見たな。

ここで思い浮かぶのがなぜか「鏡像関係」という言葉。
マクロとミクロ、天と地。反転。呼応という言葉も。

もしも。ものすごく遠くにある小さい冥王星が、地球との鏡像関係にあって、
地球の内部の核に対応し、地球を反転させたものが冥王星なのだとみなすと、

一体どういうことになるのだろうとか。

こうなるともう。連想&妄想モード炸裂で止まりません。


カタイ地面の上での日常の生活が奇跡的なことにも思えてくる。
足元の地の奥深くには、爆発的で多大なエネルギーが沈潜している。

内部で渦巻く膨大で強大で莫大なエネルギー。熱。火山の噴火とか溶岩とか、
テレビのニュースで火砕流発生時に目にした画像が次々に思い起こされて。

自分もごく稀に。突発的にエネルギーが大噴出する時があります。

度を越えて打ち込んで集中して、絵を描いたりテキスト書きをする時の。
あの底知れないアツイ猛烈なエネルギーは一体どこから湧いてくるのか。

カタチが完成すると同時に。憑き物が落ちたようにストンと沈静化する。
エネルギーの大噴出と消失。いつも不思議に思うのですが。

「熱とは、エネルギーの移動形態の一つ」という解説文を読んだりすると。
自分のエネルギーがすべて創作物、作品や文章に移動して。

その結果。キレイに熱が冷めるということなのだろうか?

なるほどー。ちょっとだけ謎が解けてきた気もする。
これはもっと考えなくては。忘れないようにしなくては。

という長い前置きをどうしてここに書きとめているのか。
書きながらだんだんその理由がわかってきました。

なぜかこれが。四元素の話につながっていくのでした。


ムリヤリ大雑把に、地球と四元素とを対応させると。

大気圏が風、海が水。地表が地で。地球は内部に火を抱えている。
という見立ても可能なのではないかと思えてきて。

ウィキペディアを読むと、地球の中心温度は太陽の表面温度とほぼ等しくて。
6,000 カロリー(約5700度)だとか。これまたスゴイ。熱い。。。。

で「火」には、「熱と光を出す現象」という説明も。

ああもうアタマがこんがらかってくる。ええと、つまり。どういうことなのか。
ネット検索で仕込んだ「にわか知識」の解説を書き出してみると。。。


★エネルギー :「今の状態を何か別のものに変化させる可能性を持ったもの」
          「仕事をする能力」 「活動の源となる力、活力、精力」

★熱      :「エネルギーの移動形態の一つ」

★火       :「熱と光を出す現象」


ああダメだ。余計わからない。そもそも「力」も「光」もそれが「一体何なのか」わからない。
自分が「何ひとつ、わかっていない」ということだけは、おかげでしっかり再認識できました。。。

ふだん火というと。つい、ガスレンジの火とかライターの火とか電気ストーブとか火事とか、
生活の中ので目に見える現象としての。具体的な「火」ばかりをイメージしてしまうのですが。

もともとの抽象的な概念としての、創造エネルギーとしての「火」はもっと強大で、
地球内部の「マントル」や、噴出するマグマに相当する「圧倒的で破壊的な力」を持つのではないか?
と、そう思えてくるのです。

核爆発の。原爆のキノコ雲が。あの強烈なイメージが眼前に広がってくるのです。

もしかして。冥王星(やスサノオ)が表わす象意には。
「根源的、原初的」な概念としての「火」の機能とその顕現も含まれるのではないか。



でもやっぱり。

そもそも「エネルギー」というものが何なのか。まだよくわかりません。生命力?活力?精力?
それは一体どこから「湧いて」くるのか?源泉はどこなのか?なにもかも不思議です。

人間でいうと、エネルギーの「元」は、食事?睡眠?それとも海馬?。。ああもう謎だ。

よくわからないことだらけ。もっとゆっくり考えよう。
ともかく忘れないように、MEMOだけはしておかねば。


そういえば佐々木さんの造形による「スサノヲ」の頭像は。
荒ぶることなく。静かに目を瞑っていて。その頭の裏側には蛇の模様が。

その模様は、燃えあがる炎のようにも見えました。

今さらながら。この作品が入り口正面に置かれていることの妙を。
深く深く。感じ入ってしまう次第です。


★水と地:ふたつのサインのGT


そういったことを考えて「エネルギー」を消費していると、
このふたつのGTを見る目にも「変化」が生じてきます。

水と地のセットのさらに裏側には、風と火のセットもあると再認識。

いつもの如く。なかなか本題にたどり着けない。前置きばかり長くなる一方ですが。
めげずにまだ粘ります。





■土星と木星の会合:番外3「10天体と12サインの四元素:図版」  
2010.10.15.  




ついに。昨日の午前中に。チリ落盤事故の33人の作業員が全員。
無事に救出されましたね。良かった。ほんと嬉しいよう。ブラボー!万歳三唱。

ルイス・ウルスアさん。どんな風貌の方なのだろうと心待ちにしていたら。
堂々と現れたその姿が。あふれる風格というのか。カッコ良くて惚れました。

ウルスアさんら33人の鉱山作業員と、その救出に関わったすべての人達に。
真のプロフェッショナルジーの「凄み」を感じました。素晴らしい。

各自の専門知識と経験を総動員して。持ち場での役割に徹し、ベストを尽くすという。
プロだ。みんなプロだ。けして表に出ることはない裏方の人達も。

すべてのプロに。心から最大の敬意&賛辞を捧げずにはいられません。敬服。


地上の大熱狂を支えた影の功労者、最初に救出カプセルに乗り込み、最後に出てきた、
救助隊のマニュエル・ゴンザレスさん。

彼が、地下で最後に、たったひとり残った時にかみ締めたという「任務の達成感」。
胸中を想像するだけで自分はぐっときてしまいます。なぜか泣ける。

賛否両論の大統領も相当な人物で。ある意味プロの政治家。こうでなくちゃ!と思った。
最悪の状況から最高の成果を引き出したんだから。凄腕だ。たいしたものだなと感心。


この救出の模様をニュース番組で見ていて。泣いたり笑ったり(愛人との対面の時とか)、
感服し。感激し。感動していたら。

あの。地下と地上を結んで移動するカプセルの映像に、インスパイアされたのか。
ここのとこの妄想モードがさらに一気に加速。

トンデモ系の連想イメージがアタマいっぱいに渦巻きだしてきて。
これはもうカタチにせねば収まるまいと。取り急ぎ図版を作成。


#この図はあくまでアタマで考えたもので。公的な見解ではありません。
#どうかご注意ください。








「スサノオ&冥王星」に触発されて。このようなことばかり考えていました。

古典7天体による「カルディアン・オーダー」という「天体の速度順」の観念的な図版に。
さらにモダンでのトランスサタニアン3天体を追加すると一体どうなるのか?という。

そういう妄想を絵にしてみたものです。

試しに。両脇に各天体が担当する12サインの記号を書き加えてみました。
向かって右側が「Moist」なサイン、左側が「Dry」なサインです。
外側には各サインで「エグザルテーション」となる天体も描き入れました。

この図を見ていると。アタマの中での妄想が、さらに膨張を続けてしまいます。


話を戻して。次回は2013年の水サインGTについて考えたことを書き出そうと思います。





■土星と木星の会合:番外4「蠍サイン金星内合」  
2010.10.29.  




近況から。ほんとは「金星逆行」のページの方が妥当なのではと思いつつも。
ごく個人的な趣味の話かもで。そっと人目を忍びつつ。こちらの方にMEMOを。

ここのところ。昔好きだったのにいつの間にか。気持ちに余裕がなくなってか
まったく聞く機会を持たずに過ごしてきた「かつての愛聴歌」になぜか夢中。

我が家では。個人的な大リバイバル・ブームが巻き起こっています。
今やお仕事タイムのBGMは我が「青春の歌曲」に彩られています。

このマイブームの発端はもちろん忌野清志郎。彼に始まり、
ニーナ・シモン→ビリー・ホリディ→ベッシー・スミスと飛び火して。

YouTubeとAmazonのおかげで。数々の幻の名曲との再会がかなって。
とうとう浅川マキへ。舞い戻りました。

今日は仕事がオフで。半日がかりで浅川マキのアルバム29枚の曲目と演奏者を書き出して、
全アルバムの楽曲リストを作成。完成したリストを眺めて幸せな気分。満足です。

これでBGMで聴きながら、どの曲で誰が演奏してるか、
すぐに確認できて嬉しい。(今もマキを聴きながら書いています)

つくづく思ったのは。好きなものはいくになっても変わらずに「好き」なんだなと。
自転車と同じ。しばらく遠ざかっていても。聴いたとたんカラダが反応してなじみます。

浅川マキも大好きなので。今年初めの急逝はやはりショックでこたえました。

昔はLPレコードを集めて持ってたのに。今はもう皆手放してしまっていて大後悔。
ほとんど廃盤だし。持ってるCDはたった3枚だけ。聴きたい曲が山ほどある。

YouTubeで発見する度に「うおおおお!ありがとう!我が同士よ!」とコウフン。
人の情けのありがたみに感涙。喜びに打ち震える。ホントに嬉しい。

浅川マキの凄いところ、真価は、初期のブルースな歌曲だけではなくて。
中期からのパワフルでアバンギャルドなアルバム製作にも炸裂しています。

名だたる強力なバックミュージッシャンを従えての「男前」な「姉御っぷり」というのか。
この男衆を集められるのはやっぱりマキだけだなという、超豪華メンツ。

自分も文芸坐ル・ピリエやアケタの店に聴きに行ったクチなので。
今も曲を聴くと、ライブでのコウフンが蘇ってきて。もうたまりません。

近藤等則めちゃくちゃカッコイーとか。渋谷毅シブイーとか。長くなるので割愛しますが。
どうしてこんな私的なことを今、ここにこうして書き出したのかというと。

あらま。今って金星が蠍サイン逆行中で。今日は「金星内合」ではと。
先ほど急に思い出したからです。

本日の蠍金星太陽内合の度数は「蠍05度」。

これは、以下のこの2013年の水のGTサインでの蠍土星の度数の辺り。


★水と地:ふたつのサインのGT


あらま。これはなんかすごく大事な気がする。忘れないように書きとめておかねばと。

自分の実感では「蠍金星逆行」で、過去に舞い戻っているのと同時に、
2013年の。水GTの。未来の先取りもしているような。予行演習みたいな気がして。



で、自分が今、再確認していることはというと。

「好きなものは好き」「好きなことを楽しむキモチ」は大事だなと。これを忘れちゃダメで。
自分の過去を封印しちゃっては。非常にもったいない気がして。

この「ずっと好きなものは、やっぱり好きだ」と思えるキモチが、
もしかして「未来を啓いていく」のでは?と思えてくるのです。

ずっと好きで続けてきたこと。それが自分の根っこになっているのではないか。
「エネルギーの源」なのではないか。夢に続く道筋を示す、錨となるのではないかと。


例えば、ずっと興味を惹かれて飽きずに続けてきた「西洋占星術」のように。

ずっと好きで続けてきたこと(あるいは、どうしてかスッカリ忘れていたこと)が、
これからの道標となっていくのではないか。それに気づくことが。

「蠍デトリメント金星逆行」&「蠍金星内合」効果のあらわれのひとつなのではないかと。

チリ落盤事故を思い出しながら。近づく台風の天気予報のニュースや奄美の映像を見ながら。
そんなことを考え続けています。




■土星と木星の会合:番外5「天秤金星&魚木星順行開始」  
2010.11.22.  




先日の金曜、魚木星と天秤金星が順行を開始しました。

2010年11月19日02時28分 木星順行開始(魚23度)
2010年11月19日05時28分 金星順行開始(天秤27度


その日の夜、NHK教育テレビ「芸術劇場」で素晴らしい特番が。

★2010年11月19日(金)午後23:20〜20日01:40

英国ロイヤル・バレエ団『ロメオとジュリエット』全3幕



英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとして長年活躍してきた吉田都。

彼女の最後のロイヤルバレエ団との共演となった、今年6月29日に
東京文化会館で行われた「ロメオとジュリエット」公演。それがなんと!
ノーカットで!全幕放映されました。すごいぞNHK!さすが芸術劇場!

天秤金星と魚木星がダブルで順行開始日にふさわしいイベントでした。
ナイスタイミング。シンクロ度抜群ですごいー。

しっかりと録画したので。もうもう何度も何度も繰り返し繰り返し、
エンドレステープのように飽きずに見惚れています。感動&感涙。

すごいよー。バレエちゃんと全幕通して見たのは初めてで。
まったくの初心者の自分も見事にハマりました。

すごいよー。人間の身体って綺麗で美しい。眼福。タメ息。。
マイケルの時にも思ったのですが。ほんと人間の身体ってここまで見事に、、、

という感想はキリが無いので割愛しますが。

バレエってホントに総合芸術だ。山岸涼子の世界だ。これぞテレプシコーラ。
魅了されました。録画消さないよう要注意です。これは永久保存版だ。


天秤金星に、魚木星。天体の品位が良いってこういうことかと納得。
エッセンシャルなディグニティの高さを心から実感です。

という。コウフンがやっと少し落ち着いて。やはり自分としては
吉田都さんの誕生日を調べずにはいられません。サガですね。


★吉田都 1965年10月28日 東京都国立市


あらまー。ビンゴです。天王星冥王星合世代の人です。
N蟹木星、N魚土星、N蠍太陽&海王星の「水サインGT」生まれだ。

自分の中で話がつながりました。そうかそうか。やっとわかってきました。
そういうことかとひとりで納得&ガッテンです。


1965年10月10日04時55分 冥王星Dと天王星D(乙女17度)合
1966年04月05日07時14分 冥王星Rと天王星R(乙女16度)合
1966年06月30日18時09分 冥王星Dと天王星D(乙女16度)合



上記「乙女サイン天王星冥王星合世代」の人達の中で、


1965年09月21日13時46分 木星D蟹イングレス
1965年11月17日11時59分 木星R双子イングレス

1966年05月05日23時52分 木星D蟹イングレス
1966年09月27日22時16分 木星D獅子イングレス

1967年01月16日12時54分 木星R蟹イングレス
1967年03月04日06時27分 土星D牡羊イングレス



1965年09月21日の木星蟹イングレスから1967年03月04日土星牡羊イングレスまでの。
ネイタル木星蟹サイン在の人達は「木星&土星&海王星」がサイン間で水GTになるという。


1966年03月27日18時19分 海王星R(蠍21度)と土星D(魚21度)120度
1966年08月03日06時12分 海王星D(蠍19度)と木星D(蟹19度)120度
1966年09月10日01時12分 土星R  (魚27度)と木星D(蟹27度)120度
1967年02月07日09時40分 土星D  (魚27度)と木星R(蟹27度)120度



乙女天王星冥王星合世代は同時に、水のサイン間GT世代とも重なっていて、
水の元素「強調」世代でもあるのだと、今さらながらに再認識です。

試しに、吉田都さんに「天王星冥王星合世代」の代表選手になっていただいて、
お昼の時間で作成したチャートを、2013年の水GTチャートと一緒に並べてみますと。



★水サインGT:1965年&2013年


▼2013年:水GT(土星、木星、海王星)                ▼1965年:水GT(土星、木星、海王星) 




そうかー。なるほど。木星の蟹サインは同じですけれど、
土星と海王星の位置が入れ替わっているということで。

これはつまり、1965年の「魚土星と蟹木星の120度」とは、
下記の「山羊土星木星合」を起点とする120度であり、

1961年02月19日08時44分 土星木星合(山羊25度)地C

金融占星術のメリマン氏の「フォーキャスト」の解釈でいうところの、
土星木星合の「前半のサイクル=wax 成長」のサイクルにあたり、

2013年の土星と木星の120度は、2000年5月の「牡牛土星木星合」から、
下記の「水瓶土星木星合」へと向かう「後半のサイクル=wane 衰退」にあたる
120度なのだということですね。

2020年12月22日03時02分 土星木星合(水瓶00度)風F ☆

そして1965年の場合は、品位の良い蟹エグザルト木星が、魚土星をレシーブしていて、
そして2013年の場合は、品位の良い蟹エグザルト木星が、魚海王星をレシーブするという。

蟹エグザルト木星が「レセプション」における重要なレセプターの機能を果たすのですね。
だんだんわかってきました。自分の中での「本題への道筋」が。やっと整ってきました。


まだまだ話は続きます。




■土星と木星の会合:番外6「山羊水星逆行開始」  
2010.12.11.  




昨日から、水星逆行がスタートしました。

寛平ちゃんの「地球一周!アースマラソン」と同期して、
2008年の暮れから始まったこのページも2年。

アースマラソンの公式サイト上ではついに、ゴールの日程&会場も発表されて。
いよいよ寛平ちゃんが。長い旅路を終え、家族の待つ家に帰宅する日が近づいてきました。


2011年01月04日 福岡県 西福岡マリーナ マリノア 到着予定(日本帰国)
2011年01月21日 大阪城公園:大阪野音到着予定 【アースマラソン・ゴール】



長い長いこのページのMEMOも、ラストスパートです。
残すところはあとわずかという「予感」が。

「射手水星内合」の日まで、年末モードで仕事てんこもり。
締め切り終わったら。年末年始は「まとめモード全開」に入ろうと思います。

次に整理をと考えているのが、2013年の水サインGTのこと。

そこをステップボードに、いかにして「2020年水瓶木星土星合」の、
次なる時代の幕開けに向かうか?を自問自答していきたいです。

その際、参考にと思うのが、トランスサタニアン3天体による、
同一元素で発生するグランドトラインの過去の状況です。

同一元素内で一定期間繰り返される「木星と土星の会合周期」の「妙」を、
別の観点からも再考したくなったからです。

西暦後の1世紀から22世紀位の長期スパンで調べて、
全体をざっと見渡してみたいと考えています。(お正月に作業予定)


で。今、気合を入れるために仕事の合い間に読み出したのが、
佐々木中氏の「切りとれ、あの祈る手を」という本です。


文学も。詩も。批評も。哲学も。心理学も。神学も。無知無教養な自分ですが。

縁あって。昨年の暮れから小説の同人誌に参加して(自分はイラスト担当)
文学フリマという同人誌の販売会にも3度参加しました。

若い人達の冴えた小説作品を拝読し「ぐっと」きて刺激を受けまくっていて。
それもあって。ここのとこずっと今さらながらに考えていたのが、


そもそも「文学」って何なのか?小説って何なのか?

お話って。物語って。一体どういうものなのか?

どうして物語には「力」があるのか?なぜ?どうして?

それが不思議で不思議で仕方ない。

それに、どうして「物語」を書ける人間と、

自分のように、まったく書けない人間とがいるのか?

この違いは一体何なのか。「物語」を書くというのは「才能」の問題なのか?

絵を描ける人間、歌を歌える人間、足が速い人間がいるように、

書くというのも、個々の「素質」によるものなのか?



この謎にずっとつきまとわれて往生していたところ、
愛読している平川克美氏の、数日前のTwitterのつぶやきの中に、

佐々木中氏のこの本の名前が紹介されていて。
なんだか気になって、書名を検索して内容を知り、驚きました。

ビンゴだ。この本だ。この本に知りたかったことが書いてあるかもと、
コウフンしつつ。水星逆行に同期して。昨日、駅前の書店で購入。

ちょっとだけ読み始めたら。やはり面白い。

ネットで検索しているうちに以下のページも発見。うううう。面白すぎる。。。


★『夜戦と永遠』佐々木中氏インタビュー


内田樹氏の書籍のおかげで。ちょっとだけ慣れてきた哲学者の名前や概念&予備知識が。
やっと役立つ時がきたのかもと。またぞろアタマの中がぐるぐる沸騰中。

この2年間考え続けてきたことの仕上げを。アタマの中のぐだぐだを整理して。
キレイに空っぽにするためにも。気がすむまで考えながら書き出したいです。

そのためにも今はともかく目の前の仕事をがんばります。




■土星と木星の会合:番外7「冥王星海王星天王星GT」  
2010.12.30.  




本日夕方から、やっと水星が順行に戻りますね。

寛平ちゃんも無事に青島に到着して、まもなく福岡に向けて出航です。
日本に戻るのは年明け1月4日とのことで。もうなんかドキドキです。

さてかねてより懸案の。過去のトランスサタニアン3天体による、
「グランド・トライン」発生状況を確認しました。

StargazerWDの時期表で「西暦0001年〜2703年」の期間の、
冥王星、海王星、天王星のイングレス時期を計算し、

各天体が同一元素内でGTとなる時期を調べたところ、
結果は以下の通りでした。




▼同一元素「グランド・トライン」発生状況: (→元データ抜粋版)


※「P=冥王星、N=海王星、U=天王星」


0215年11月〜0221年06月 水GT (P蟹  :N魚  :U蠍  )
0224年04月〜0229年12月 火GT (P獅子:N牡羊:U射手)
0237年08月〜0237年10月 地GT (P乙女:N牡牛:U山羊)

0724年12月〜0728年06月 火GT (P獅子:N牡羊:U射手)
0732年01月〜0739年11月 地GT (P乙女:N牡牛:U山羊)
0741年08月〜0747年12月 風GT (P天秤:N双子:U水瓶)

1242年02月〜1244年10月 風GT (P天秤:N双子:U水瓶)
1249年04月〜1256年02月 水GT (P蠍  :N蟹  :U魚  )
1259年10月〜1265年04月 火GT (P射手:N獅子:U牡羊)

1759年05月〜1762年11月 火GT (P射手:N獅子:U牡羊)
1767年05月〜1775年04月 地GT (P山羊:N乙女:U牡牛)
1778年12月〜1782年04月 風GT (P水瓶:N天秤:U双子)

2065年07月〜2065年10月 水GT (P魚  :N蟹  :U蠍  )

2269年06月〜2270年09月 地GT (P山羊:N乙女:U牡牛)
2276年07月〜2283年08月 風GT (P水瓶:N天秤:U双子)
2288年04月〜2291年06月 水GT (P魚  :N蠍  :U蟹  )

2569年09月〜2574年12月 火GT (P牡羊:N獅子:U射手)




補足も。上記は120度サイン間での「グランド・トライン」が生じる時期であり、
正確な120度アスペクトを作る時期ではありません。

また、上記の間中ずっと「グランド・トライン」が生じ続けるのではなくて、
GTの最初の発生時から、最後の発生時までの期間を書き出したものです。
(詳細は、元データ抜粋版を参照)


調べてみるものです。自分にとって意外な事実が判明。

なるほどー。だいたい500年位の間隔で、立て続けに、
3つの元素でGTが生じるのですね。

これは知らなかった。確認して良かった。そうかー。
個人的に「大」のつく発見でした。

このデータを以下のページにも反映させました。


★データ6:土星と木星の会合   -0045年〜2596年


少し見づらいので変更か修正をするかもですが、取りあえず。

このデータを眺めつつ。あれやこれやと考え続けています。

冥王星の公転周期は。247.74年だなとか。
牡牛サイン滞在期間は、平均より長く30年くらいで、
蠍サイン滞在期間は、平均より短く12年くらいだなとか。

そんなことも含めて、いろいろ考えていると。

土星木星会合の「地から風サインへの移行期」にあたる「今」この時が。
違う視点から、異なる様相に見えてきて。なんとも興味深いです。

長期間の天体状況を見渡すのは面白いです。

「正確な天体間のアスペクト」の時期というのは、
時代の「節目」に過ぎないのではないかと。またそう思えてきました。

例えば土星木星合もそうですが、「その年、その日、その時間」に、
何か「大イベント」が勃発する訳ではけしてないということです。

そうではなくて。土星木星合であれば、その発生日時が「境」となり、
時代の節目、区切り、目安となっていくのかもと。

前にも書きましたが、やはり「正確なアスペクト」の時刻とは、
学校で例えるなら入学式だったり、学期の始業日にあたるのかもで。


入学式や始業日は、大事な節目であるからこその式日なのですけれど。

学生生活で肝心なのはむしろ、当該の学年、学期という「期間」をどう過ごすか。

何を学び、体験するか。中身の「時間」こそが重要なのだと思えます。



今回確認した「トランスサタニアン3天体によるGT」の時期も。
時代の様相や変化の始まりを示す「区切り、節目」とみなせるなら。

前回18世紀に発生したGTから、次回の23世紀に発生するGTまでの510年間も、
学校でいう「学年」や「学期」のような「期間」であると仮定するなら。

この510年間は、どんな時期にあたり、どんな時代となるのだろうと考えていて。
この510年間のちょうど真ん中にあたるのが、2014年であることに気づきました。

アタマに浮かぶのは「折り返し地点」という言葉です。

「土星天王星180度」&「カーディナルクライマックス」を経て、
2011年03月には「土星木星180度」の3回目を控える今。

現在が「土星木星会合周期」の「地のサインから風のサインへ」の移行期であるのと同時に、
18世紀GTと23世紀GTの510年間の「中間地点」でもあるなら。

今のこの時代って。さまざまな「折り返し」が重なり合う稀有な時期なのかもと。
またもやそう思えてきた次第です。





■寛平ちゃん「アースマラソン:祝!日本帰還!」  
2011.01.04.  




ついに。寛平ちゃんが日本に帰還しました。ブラボー!

2011年01月04日07時45分(日本時間) 福岡県西福岡マリーナマリノア到着&日本上陸

なんかもう。日本に戻ったというそれだけで。勝ったも同然&終わったも同然な気が。
あと大阪までの17日間の帰路は。エピローグで、ウィニング・ランみたいなものというか。

良かった。本当に嬉しい。感慨無量で。ああもう言葉にならない。
心よりのお祝いに、ここに、記念のホロスコープの顕彰をいたしたく。




そうです。寛平ちゃんは蟹太陽生まれ。

今回の「カーディナル・クライマックス」では欠番にあたるサインの。
空白の蟹サインにあたる寛平ちゃんの太陽。それを、

3回目の木星天王星合の、魚ドミサイル木星が、蟹太陽をレシーブしていて。
魚ドミサイル木星と天王星を、蠍デトリメント金星がレシーブしています。

これは、以下の3天体による120度の「水サインGT」の配置になっています。

★「蟹太陽N:魚木星天王星合T:蠍金星T」

また、広義でのサイン間の「グランド・トライン」とみるなら、
以下のGTもアリ、と考えることも可能かもです。

★地GT「牡牛月N:乙女土星N:山羊木星N&冥王星&日蝕&火星T」

★風GT「双子火星N:天秤海王星N&土星T:水瓶海王星T」


こうしてみると。GTはやはり「パワフル」な相乗効果があるような気がしてきます。
同一元素内に存在する天体間の機能や象徴を「良くも悪くも」拡大する効果です。

なんにせよ。寛平ちゃんの日本上陸日は、山羊日蝕といい、魚木星天王星合といい。
ホンマにいい感じでシンクロしていて。ナイスタイミングだなと。自分は感心しきりです。

で。このあとの1月21日の最終ゴールまでのRUNはというと。
映画の宣伝やイベントに出席しながらの道中ということで。

それはそれでたいへんかとも思うのですが。寛平ちゃんとファンとが
一緒に喜びをわかち合うための道のりですからね。嬉しいRUNになるハズ。

それになんたって日本ですから。あとはもう風邪ひこうがお腹痛くなろうが。
何があっても日本にいるのだから。もう全〜然、大丈夫。安心です。

良かった。ほんとに良かった。しみじみと嬉しいです。。

とはいえ。実際にスタートした日本でのRUNは、沿道がえらいことに。
ハイタッチロードになってる模様で。これはこれでたいへんだ。

でも。凱旋RUNというかファンへのお礼、顔見世RUNのようなもので。
ファンが殺到するのも仕方ないし。嬉しい悲鳴なのでしょうね。
事故がないよう、安全な節度ある応援を心より祈る次第です。

という話はきりがないので心を鬼にして切り上げて。
本題の整理に戻ろうと思います。




■土星と木星の会合:まとめ1「40年間の移行期」  
2011.01.05.  




長い長いこのページの考察は、そもそもはというと、
以下の3つのイベントがきっかけでスタートしたものでした。

★「冥王星山羊イングレス」
★「土星と天王星180度」
★「寛平ちゃんの世界一周、アースマラソン」


自分の興味、関心の赴くままに、気になった天体データやホロスコープを
眺めていく中で、「冥王星山羊イングレス」だけに注目したり、
「土星と天王星180度」を読むだけでは。

木を見て森を見ずという感じがしてきて。それだけだと何か違うかもと。
さすがの自分も気づいてしまい。

そこで。キリスト教の暦、いわゆる「西暦」を基準にして、
「土星と木星の合」のサイクルを順に確認しようと思いたちました。

すると「土星と木星の合」が生じる元素は、時がくだるにつれて、
「火→地→風→水」のサイクルの順の移動が整ってきて、

だんだんハッキリと、元素の変わり目の移行期に、いったん150度サイン間で
元素が前後に変化し転換するようになってくることがわかりました。

で。現在は、上記の長期的なサイクルのハザマの中での、
「地のサインから風のサインへの移行期」にあたることもわかってきました。

※このことは海外では一般的に理解されていることであるとSG学習会で教わりました。

以下の赤茶色部分が。直近の「土星木星会合サイン移行期」にあたる40年間です。




▼地のサインから風のサインへの移行:

<地のサインでの会合サイクルの終わり>

1940年08月08日09時56分 土星木星合(牡牛14度)地F
1940年10月20日14時08分 土星木星合(牡牛12度)地F
1941年02月15日15時11分 土星木星合(牡牛09度)地F

    ↓  120度

1961年02月19日08時44分 土星木星合(山羊25度)地C ☆★

    ↓   90度

1981年01月01日05時56分 土星木星合(天秤09度)風C ☆
1981年03月05日04時37分 土星木星合(天秤08度)風C ☆
1981年07月24日12時53分 土星木星合(天秤04度)風C ☆

    ↓  150度

2000年05月29日00時44分 土星木星合(牡牛22度)地F


    ↓   90度

2020年12月22日03時02分 土星木星合(水瓶00度)風F ☆

<風のサインでの会合サイクルの始まり>



現在の2010年から2020年にかけてを仮に、移行期の全体の40年間のうちの、
起承転結でいう「結」の部分のラスト10年間だとみなすと。以下のようになります。


☆起:1981年〜天秤土星木星合
☆承:1990年前後〜土星木星180度
☆転:2000年〜牡牛土星木星合
☆結:2010年〜土星木星180度


で。この「転」から「結」にむかう年代の、2008年から2010年にかけて、
当ページの本題「土星天王星180度」が生じたのですね。

ついでに言うと「結」にあたる期間に、金融占星術の専門家メリマン氏いわくの
「カーディナル・クライマックス」が発生するのですね。

長々とこのページで書き出してきたことは、今にして思うと、
「この機会に長期的な天体配置をちゃんと見渡してみたい」という
自分なりの動機があってのことでしたが。

今ここに至って考えていることは。

せっかくこの稀有な「会合サイクルの移行期」に生まれ合わせたのだから。
2020年の風サインまでの、残りの10年間を有意義に過ごしていくためにも、

天体配置から何がしかの指針なり、心構えなり、ヒントを得たいものだなと。
最後のまとめとして、ここのとこ考えていることを書き出してみたいなと。

大風呂敷きを広げるだけ広げてしまいましたが。分相応のサイズに、
地味にちんまりと風呂敷をたたみ直そうと思います。




■土星と木星の会合:まとめ2「移行期MAP」  
2011.01.05.  




自分は「ドリームスペル」という時間ゲームの愛好者で。心密かに、
「ドリームスペラー&類比者&コードブレーカー」を目指していて。

「ドリームスペル」のゲームにおける、260キンの全体時間を構成する1キンとしての、
全体のネットワークの結節点としての「個」という考え方、時間の流れにおける
個々のキンの「調和的なパス、バトンタッチ」の「行程」という考え方に影響を受けていて。

ホロスコープチャートを見る場合にも「全体=個」のホロニックな関係とか。
「全体時間を構成する、部分としての自分」とか。「天体周期のフラクタル」な関係とか。
ついつい。そういう邪道な観点から、チャートや天体配置を眺めてしまう習性があり。

「過去から現在、そして未来へと一直線に進む時間」という一般的な通念よりも、
「時間は現在を中心にし、過去にも未来にも放射状に拡大&縮小し、同期をとる」という、
ドリスペ風の概念の方になじんでいます。

これを占星術にどう置き換えて、どのように考えているかというと。

例えば、地球を中心とする天動説の「黄道12サイン」の360度の円環が。
自分には「時間の波紋」のようなカタチに見えてしまうということです。

なもので。現代的な占星術での「太陽サイン」も。個人的な性格を表わすという心理的な解釈よりも、
どちらかというと「12サイン全体」の中で個々人が担い、管理し、担当する「サイン」とその「役割」と
いうような観点で見てしまいがちです。

そのせいもあって。例えば「カーディナル・クライマックス」という用語であれば。

このTスクエアの配置に対して、どのサインが何を、どのように担当し、どう責任を負うのか?
というような発想が即座に湧いてきてしまうということです。

生まれ日の太陽サインによって。それぞれが「全体の中の個」という立ち位置で、
Tスクエアの配置に対しても、個々が担当する役割、意味、象徴、責任があるハズだという
「物語」を連想せずにいられなくなるのです。

そんなことから。以前にも書いたように、

例えば忌野清志郎とジョン・レノンの「牡羊サイン=天秤サイン」という
生まれ日の太陽の180度サインの関係性も、二人の性格がどうとか。
音楽的特性の違いがどうかということよりも。

仮に「カーディナル・クライマックス」というTスクエアの配置を対象とするなら。

「牡羊:天王星T」と「天秤:土星T」のトランジット天体の180度が示す意味に
二人の生まれ日の「太陽」が光を与え、意味を与え、示唆を与えてくれるのではないか?とか。

または二人の生まれ日の「太陽」が90度から「山羊:冥王星T」の解釈にも光を与え、
意味を与え、示唆を与えてくれるのでは?と考えてしまうのです。

一般人はともかくとして。

そのもてる才能をフルに発揮する「有名人」や「時の人」の太陽サインは
時代の象徴としての機能を有しているのではないか?とか。

太陽サインからも何らかの意味を読み取ることができるのではないか?
時代との関連性を見い出すことができるのではないか?とそう思えていて。

例えば間寛平の太陽サインが「蟹」であるということも。自分にとって今はもう。
「カーディナル・クライマックス」のTスクエアを背負う、4つめの重要な空きの
「カーディナル・サインの蟹」にしか見えなくなっているということです。



話が逸れました。

で本題に戻って。今自分が注目中の。今後の10年間の行程のキーとなるかも?と
考えているのが、カーディナル・サイン天秤太陽生まれの内田樹氏のチャートです。

今の自分にとって。内田樹氏は、我がキーパーソンズのうちの一人なのです。が、しかし。
今ここで、内田樹氏のホロスコープの占星術的な解釈にトライしようという意図はありません。

そうではなくて。ここで氏のチャートを取り上げる理由は、
氏のチャートを基となる「地図」に見立てて、参考にすることで、
自分にとっての今後の10年間の行程、道筋が見えてくる気がしているのです。




▼1981年から2020年へ:「移行期MAP」




1961年02月19日09時04分 土星D☆と木星D★(山羊25度)合 ●☆

1969年12月30日13時45分 土星R(牡牛02度)と木星D  (蠍  02度)180度 ○
1970年03月08日23時23分 土星D(牡牛05度)と木星R  (蠍  05度)180度 ○
1970年11月19日04時18分 土星R(牡牛18度)と木星D  (蠍  18度)180度 ○
1971年06月12日10時13分 土星D(牡牛29度)と木星R  (蠍  29度)180度 ○
1971年10月17日11時53分 土星R(双子05度)と木星D☆(射手05度)180度 ○


1981年01月01日06時32分 土星D☆と木星D(天秤09度)合 ●☆
1981年03月05日03時59分 土星R☆と木星R(天秤08度)合 ●☆
1981年07月24日13時14分 土星D☆と木星D(天秤04度)合 ●☆

1989年09月11日01時20分 土星R☆(山羊07度)と木星D☆(蟹  07度)180度 ○
1989年11月14日15時26分 土星D☆(山羊10度)と木星R☆(蟹  10度)180度 ○
1990年07月13日21時53分 土星R☆(山羊22度)と木星D☆(蟹  22度)180度 ○
1991年03月16日10時37分 土星D☆(水瓶03度)と木星R  (獅子03度)180度 ○
1991年05月17日10時17分 土星R☆(水瓶06度)と木星D  (獅子06度)180度 ○


2000年05月29日01時02分 土星Dと木星D(牡牛22度)合 ●

2010年05月23日14時40分 土星R  (乙女27度)と木星D☆(魚  27度)180度 ○
2010年08月17日05時48分 土星D☆(天秤02度)と木星R  (牡羊02度)180度 ○
2011年03月29日06時53分 土星R☆(天秤14度)と木星D  (牡羊14度)180度 ○


2013年07月18日02時35分 土星D(蠍  04度)と木星D☆(蟹  04度)120度
2013年12月13日09時04分 土星D(蠍  18度)と木星R☆(蟹  18度)120度
2014年05月25日02時46分 土星R(蠍  18度)と木星D☆(蟹  18度)120度

2020年12月22日03時21分 土星D☆と木星D(水瓶00度)合 ●☆





ということで。蟹天王星世代の代表者として、氏のチャートを手がかりにあれこれと考えたことを、
次回、あらためて書き出そうと思っています。




■土星と木星の会合:まとめ3「移行期参考データ」  
2011.01.08.  




では続きを。自分が「ああだこうだと考えている」ことを全部書き出していると。
このペースではまだあと1年位かかりそうなので。ここはもうバッサリ端折って。
まとめモードを進行させます。


以下の「土星と木星の会合」データで、自分が個人的に注目しているのは、
だんだんと会合する元素の順が整い、「元素の移行がハッキリ区別できる」ようになる時期です。

それは下記の「赤茶色」で色分けした時期です。


●データ6:土星と木星の会合   -0045年〜2596年


ちなみに「紺色」で色分けした部分は 「移行期がくずれていく」と名づけた時期です。

ちょっと長いですが、過去の移行期のデータの中で、
「元素の移行」がハッキリ区別できるようになる「赤茶色」の時期は以下の通りです。

※せっかくなので、前後に発生したトランスサタニアンのGTの時期も
一緒に並べてみました。



▼11世紀から13世紀 (火→地→風)


0724年12月〜0728年06月 ☆火GT☆ (P獅子:N牡羊:U射手)
0732年01月〜0739年11月 ☆地GT☆ (P乙女:N牡牛:U山羊)
0741年08月〜0747年12月 ☆風GT☆ (P天秤:N双子:U水瓶)


0988年01月22日01時57分 土星木星合(射手29度)火M☆

1007年11月14日10時15分 土星木星合(乙女13度)地M★
1008年03月13日10時20分 土星木星合(乙女10度)地M★
1008年06月08日03時34分 土星木星合(乙女08度)地M★
1027年04月26日16時13分 土星木星合(牡羊25度)火C ★


1047年11月25日06時28分 土星木星合(山羊05度)地C ☆★
1067年09月25日23時42分 土星木星合(乙女21度)地M★
1087年03月04日16時58分 土星木星合(牡牛03度)地F
1107年02月17日06時37分 土星木星合(山羊16度)地C ☆★
1127年08月14日16時27分 土星木星合(乙女29度)地M★
1146年06月11日13時16分 土星木星合(牡牛17度)地F
1166年12月19日05時18分 土星木星合(山羊21度)地C ☆★

1186年11月15日17時38分 土星木星合(天秤12度)風C ☆
1206年04月24日03時54分 土星木星合(牡牛25度)地F


1226年03月12日13時07分 土星木星合(水瓶02度)風F ☆


▼19世紀から21世紀 (火→地→風)


1759年05月〜1762年11月 ☆火GT☆ (P射手:N獅子:U牡羊)
1767年05月〜1775年04月 ☆地GT☆ (P山羊:N乙女:U牡牛)
1778年12月〜1782年04月 ☆風GT☆ (P水瓶:N天秤:U双子)


1782年11月05日18時07分 土星木星合(射手28度)火M☆

1802年07月18日07時34分 土星木星合(乙女05度)地M★
1821年06月20日01時52分 土星木星合(牡羊24度)火C ★


1842年01月26日14時54分 土星木星合(山羊08度)地C ☆★
1861年10月21日21時09分 土星木星合(乙女18度)地M★
1881年04月18日22時19分 土星木星合(牡牛01度)地F
1901年11月29日01時10分 土星木星合(山羊14度)地C ☆★
1921年09月10日13時00分 土星木星合(乙女26度)地M★
1940年08月08日09時56分 土星木星合(牡牛14度)地F
1940年10月20日14時08分 土星木星合(牡牛12度)地F
1941年02月15日15時11分 土星木星合(牡牛09度)地F
1961年02月19日08時44分 土星木星合(山羊25度)地C ☆★

1981年01月01日05時56分 土星木星合(天秤09度)風C ☆
1981年03月05日04時37分 土星木星合(天秤08度)風C ☆
1981年07月24日12時53分 土星木星合(天秤04度)風C ☆
2000年05月29日00時44分 土星木星合(牡牛22度)地F


2020年12月22日03時02分 土星木星合(水瓶00度)風F ☆



上記のデータから、当該の赤茶色の移行期データだけ取り出したのが以下のものです。


1007年11月14日10時15分 土星木星合(乙女13度)地M★
1008年03月13日10時20分 土星木星合(乙女10度)地M★
1008年06月08日03時34分 土星木星合(乙女08度)地M★
1027年04月26日16時13分 土星木星合(牡羊25度)火C ★

1186年11月15日17時38分 土星木星合(天秤12度)風C ☆
1206年04月24日03時54分 土星木星合(牡牛25度)地F

1802年07月18日07時34分 土星木星合(乙女05度)地M★
1821年06月20日01時52分 土星木星合(牡羊24度)火C ★

1981年01月01日05時56分 土星木星合(天秤09度)風C ☆
1981年03月05日04時37分 土星木星合(天秤08度)風C ☆
1981年07月24日12時53分 土星木星合(天秤04度)風C ☆
2000年05月29日00時44分 土星木星合(牡牛22度)地F



これは「乙女→牡羊」と「天秤→牡牛」という、2つの150度サインのパターンです。

150度(&30度)のサインは、古典的には「Signs not beholding one another」とか「unconnected」
「aversion」と称されて「アスペクト」の生じないサイン関係とされています。

古来の解釈としては「嫌悪」「顔を背ける」「無視」というような、接点が無い関係とみなして。
180度や90度サインはトラブル込みでも「関わりが生じる」だけまだ良いのだということで。

だからこそ移行期特有の「次の元素のお試し期間」と「前の元素のやり直し期間」の
2つのサインのハザマで。40年がかりでの「移行期的混乱」を通じて時代間のギャップの
「調整」を強いられるという解釈も可能になるのですが。

ここで。ギリシア占星術の「アバージョン」のキャンセルという考え方を参考にすると。

本来「アスペクト不能」な150度(&30度)のサイン間の「不和」を「緩和」するいくつかの例外ケースの
うちの、以下の2つにあてはまることに気づきます。


「乙女サインと牡羊サイン」の場合は「同等の光の所有」(アンチッションと似た考え方)によって、
同等の力を分かち合う。お互いが顔見知りの仲とみなされる。

「天秤サインと牡牛サイン」の場合は、金星という「同一のドミサイル・ルーラーの共有」によって
サイン間に親密性が生まれる。


●参考図版→「アバージョンのキャンセル」

『Classical Astrology for Modern Living』(1996) by Lee Lehman Whitford Press:刊 187p参照
『A Practical Guide to Traditional Astrology』(1997) by Joseph Crane ARAHAT:刊 42p参照
『Late Classical Astrology: Paulus Alexandrinus & Olympiodorus』(2001)ARAHAT:刊 19p参照



詳細説明は端折りますが。このギリシャ後期の概念を自分はたいへん気に入っていて。
移行期解釈上の大きなヒントになるのでは?と思えています。これをあてはめて考えると、

赤茶色の「移行期」の150度のサイン同士は、150度サインの組み合わせの中でも
けして悪くない「組み合わせ」なのでは?と思えてくるからです。

この点を掘り下げて考えることで。現在の「移行後半の混乱」を乗り切るヒントが
見えてきそうな気がして、ここのとこずっと考えが止まらなくなっているのは、

現在の「天秤サイン→牡牛サイン」の「同一のドミサイル・ルーラーである金星」と。
同様に「同一のデトリメント・ルーラーである火星」の象徴についてです。




■土星と木星の会合:まとめ4「移行期の4段階」  
2011.01.09.  




現在の。「天秤→牡牛」の移行期を考えていく上で、内田氏のチャートを参照させて
いただこうと思う占星術的な理由には、以下の3点がありました。

☆1「蟹サイン天王星世代」生まれ
☆2「天秤サイン太陽」生まれ
☆3「牡牛サイン月」生まれ


☆1と2は、カーディナルクライマックスがらみのサインで、
☆2と3は、現在注目の「移行期」の主役のふたつのサインです。

で。上記とは別に。他にも個人的な理由があって。

ここのとこずっと氏の書籍やブログ日記を愛読している自分は。
これまでボケボケのアタマのままでわからないことだらけで生きてきて。

物事の筋目の通し方。考え方を知り。カスミのかかったアタマにも光が射してきて。
なるほど〜!と次々にピントが合い始めるという快感を味わうことができて。
そりゃもう嬉しく楽しい日々を送ることができていたところ。

今年のお正月、2011年01月01日の内田氏のブログの「年頭のことば」を読んで。

春に大学を退職し、自前の道場を秋に開く予定の氏の。
具現化しつつある、具体的な「夢」の話を読んだ時。

「なるほど!」と、さらに腑に落ちたことがあって。

天秤サインは次回の「水瓶サイン:土星木星合」を120度でアスペクト可能なんだと。
次の風サイン時代の新たな展開に光をあて。着実に歩みを進めているんだと。
そう思えてきたのです。


で。以下は余談というか。脱線も。


移行期の全体の40年間のうち、現在の2010年から2020年にかけてを
仮に、起承転結でいう「結」の部分のラスト10年間だとみなした場合。
どんな感じになるのだろうとあれこれ考えていて。

☆起:1981年〜天秤土星木星合
☆承:1990年前後〜土星木星180度
☆転:2000年〜牡牛土星木星合
☆結:2010年〜土星木星180度


試しに、氏のブログ内の研究史とwikiで読んだ経歴をざっとあてはめてみると。


1980年代「起」は、内田氏の生涯の師レヴィナスの研究&翻訳に没頭。
1987年秋レヴィナスとの対面を果たす。1989年離婚、子育て&主夫業開始。

1990年代「承」は、1990年春、神戸の大学に赴任。大学で合気道サークルを開設。
合気道の他に杖道、居合、仕舞や謡にも精進。神戸で被災。90年代末にブログ開設。

2000年代「転」は、ブログのテキストが次々書籍化。物書き業を開始。超多忙モード突入。
2007年「小林秀雄賞」受賞、2009年再婚、2010年「新書大賞」受賞。

2010年代「結」は、2011年の春に大学を退職。秋に「自宅&道場&稽古場」竣工。
着々と新たなステージを整えて、武道家&物書き業としての「仕上げ段階」へ。



うーん。なるほど。シンクロ度抜群かも。納得です。

この4段階、ドリスぺ風に調波配列の「創始」「洗練」「変容」「熟成」の言葉をあてはめると。
そうか。ラスト10年の「結」は「熟成」だ。ひっくり返すと「成熟」。良い言葉です。

自分の場合はどうか?思わず振りかえってみたくなりました。
テーマを西洋占星術に限って、書き出してみます。

1980年代「起」は、縁あって西洋占星術の勉強を開始。手書きでのチャート作成に没頭。
1990年代「承」は、パソコン通信でStargazerとの衝撃の出会い。Stargazerでチャート作成に没頭。
2000年代「転」は、古典占星術の洋書学習&占星暦の発行開始。某所や自サイトでのMEMO書きに没頭。


で。肝心なのはこれからの「結」のラスト10年をどう過ごすか?ですよね。
いうまでもなく占星暦発行の継続という「夢」はこのまま保ちつつ。

個人的な熱望はチープな英語力の向上です。初心に戻って手元の洋書を読み返したい。
洋書を読み込んで勉強し直したいです。(曖昧でわからないことだらけで悔しいので)

いつの日か。古典的に価値ある良書の「翻訳」の大役までは無理にしても。
せめて「下訳」担当可能な位の英語力は身につけたい。それが当面の「夢&目標」です。




■土星と木星の会合:まとめ5「移行期:時代のバトンタッチ」  
2011.01.13.  




お正月にテレビで見た駅伝の「タスキリレー」の瞬間の映像がアタマから離れず。

「地のサイン:土星木星会合」から「風のサイン:土星木星合」へと時代が移行する40年間て。
走者の手から手へとタスキが渡されていく駅伝のあの中継地点に似ているように思えてきて。

バトンリレーやタスキリレーは、受け渡しの中継地点で、二人の走者が「交替」する訳ですが。
なんだか。これが今の時代の有り様を示しているように思えてきて。

アタマの中でウズウズする「移行期のイメージ」を、図版にして整理してみました。



▼1981年から2020年へ:「移行期」図版




この図版からまっさきに連想したのが。

季節の変わり目を担う、ふたつの季節が重なり合う「二重サイン」(ミュータブルサイン)の
イメージです。

もしかして今って。ふたつの元素が重なり合っている時代のようなものなのかも。

裁縫で例えていうと、ふたつの布を重ね合わせて「返し縫い」して、一枚の布のように結びつけて
いるみたいな感じで。そういえば「合わせ目」は2枚の布が重なっているので「厚み」があります。

そうか。時代の変わり目って。言い換えると、ふたつの時代の「つなぎ目」なのですね。

そう思うと「天秤土星木星合」サイクルの20年のウラ地には「地のサイン」が隠れていて。
現在の「牡牛土星木星合」サイクルの20年のウラ地にも同様に「風のサイン」が隠れている気がしてきて。

例えていうと。昔風の羽織のウラ地に絵が描いてあるような。表から見えなくても羽織のウラを返すと、
洒落た模様や絵が描かれていたりする、あの感じの、リバーシブルなイメージです。

現在の「Cold&Dry」な地サイン元素の羽織を返すと。
「Hot&Moist」な風サイン元素のウラ地が現れるのだとしたら。

もしかして。元素の交替期間である、現在の移行期のミソって。
ふたつの時代の「二重性」、重なり合いにあるのかも?と思えてきました。

「天秤:風元素さきがけ時代」のウラ側には「地の元素時代」のやり残しの課題が埋もれていて。
そのツケというか。やり直しというか。落とし前というか。総仕上げに直面しなくちゃならないのが
現在の「牡牛土星木星合」時代のタスクなのだとしても。

すべてが風元素会合サイクルの本格スタートに向けてのラストスパートなのだとしたら。
地元素サイクル総仕上げの最終RUNなのだとしたら。がんばる甲斐があるように思えてきます。

ベタですが。「牡牛サイン土星木星合区間」の走者としては。
次世代を担う「水瓶サイン土星木星合区間」の走者にちゃんとタスキを渡せるように。

時代の「パッサーとしての責任」をまっとうせねばと思えてきました。
がんばって。自分の担当区間を最後まで走りきらなくちゃ!です。




■寛平ちゃん「アースマラソン:祝!ゴール!」
2011.01.21.  




走りきった。寛平ちゃん。すごおおおおい!!完走万歳!


2011年01月21日19時44分 大阪城音楽堂 → 20時41分 なんばグランド花月【アースマラソン・ゴール】


録画した特番を何度も何度も何度も見て泣き笑いです。
これが大阪で吉本流なのね。あーもう。笑った笑った!満足!(^0^)

BGMには、もちろん忌野清志郎の歌声が。ああ嬉しいよう。
もうもう感涙。言葉はいらないって感じです。

すごいなと感心したのが、ふたつのゴール設定です。

最初が、大阪城音楽堂の野外で3千人を超えるファンと一緒に祝う、アスリート寛平版のゴールで。
そして、なんばグランド花月で吉本の芸人仲間や家族と一緒に祝う、芸人間寛平版の最終ゴール。

誰が考えたのか。誰のアイディアなのか。感服。

ごくごく私的な個人の夢がみんなに共有されて、公的な仕事にも還元されていくという。
「夢」の高揚と効用を、実際に目の当たりにできて「凄いもの観ちゃった」感でいっぱいです。

司会役の明石家さんまも良かった。真顔、うっすらにじむ涙とか。
「いいもの見せていただきました」感でいっぱいです。眼福です。

日本テレビの特番の生放送時にはとうとう顔を出さなかったけど。
比企やんにも心より感謝&リスペクトです。

寛平ちゃんに負けないよう、自分もがんばろう。
こちらのページも、春先のゴールを目指して。
後もう少しだけ、ラストスパートを続けます。




■土星と木星の会合:番外8「2011年エジプト騒乱」  
2011.02.03.  




新燃岳の噴火やその他の気になるニュースの中で。
特に、ここ1週間のエジプト情勢に釘付けです。

テレビ番組や新聞のネット記事だけからではよくわからなかったのですが。
愛読してるお気に入りTwitterのツィートからリンクをたどってて、

Morley Robertsonさんの日英混合のツィートに行き着いて、過去ログを1週間さかのぼって。
さらにAl Jazeera EnglishのFacebook内のライブニュース、BBC NEWSなどのネットニュースを見て。
概要を知って、愕然。

ネット遮断だの携帯電話データ通信サービス停止だの。なんたる時代錯誤か。
ムバラク支持派が突然?ラクダで乱入?事実はホントに小説よりも「奇妙キテレツ」。驚いた。

濁流のようにものすごい勢いで流れるネット記事やTwitterを読んでいると。
思惑や推測、揶揄、ガセネタやデマ、玉石混合な記事と記事の合い間に。

エジプトの人達の真摯な生の声とその姿を目にするとなぜか胸がいっぱいになる。
博物館を守る盾になるために並ぶ人達の写真を見るだけで。なぜかツーっと涙が出る。

これが20年前なら。パソコンもインターネットもTwitterもStargazerも無い時代だったなら。
自分はきっと何も知らないまま、のん気に過ごしていたハズ。

エジプトのことを何も知らない。エジプトのみならず世界情勢について何も知らない。
ということだけはよくわかってきて。くやしいけど仕方ない。

もっとちゃんと英語を勉強しておけばよかった。英語だとやっぱり意味がよくわからない。

そんな中、邦訳の手間をかけてくださる有志の人達のサポートをたいへんありがたく感じます。

例えばこのようなテキストです。
★エジプトの若者からのメッセージ★

それからこんなページもあると知りました。
★東京外国語大学 日本語で読む中東メディア★

エジプト人タレントのフィフィさんのブログも初めて読みました。
★エジプトの夜明けー国民の想い★


今、こうしている間にも。世界各地で多くのアストロロジャー達がパソコンの前でチャートを見つめて。
時代がどのように進んでいくのか?冷徹に考え続けているのでしょうか。

思えば今回のエジプトの騒乱は、お正月の日蝕、木星牡羊イングレスの後のことで。
天王星が牡羊にイングレスするのが3月中旬。3月末には天秤土星と牡羊木星180度が。

同時代人として自分も今後の推移に目を凝らして、時代を「目撃」し続ける人達と一緒に、
リアルタイムで、エジプトの人達の戦いの行方を注視し続けて。エールを送り続けようと思う。


ちなみに今も。 Al Jazeera EnglishのFacebookでの配信をBGMで流しています。


エジプトの人達と、各国のジャーナリストの人達に心より敬意を捧げます。
移行期の混乱は痛みを伴う長い戦いになるハズ。最前線に居続ける人達を讃えたいです。

自分も自分の場所で。土星木星180度のアスペクトの完成を目指して。めげずに前進します。




■土星と木星の会合:番外9「ムバラク大統領会見」  
2011.02.11.  




自分の性格では。ムバラクの「辞任声明」を聞かずには寝られない。
そう覚悟を決めて。ずっとその時に備えて待機。

デスクトップのモニタに、アルジャジーラLIVE放送とBBCのLIVE放送をチビ画面でタテに並べて。
そのヨコにグーグルの検索の「エジプト」をリアルタイムで最新に表示したままで。

ノートパソコンでは、StargazerWDの経過円を「経過日時を現在に」で更新を続けて。
さらに愛読するwitterの複数のツィートを渡り歩いて「その瞬間」を待ちました。


2011年2月11日05時46分(日本時間)カイロ ムバラク大統領会見


アングルMCが、カーディナル蟹からフィクスド獅子に変わった直後に会見が開始。
そうかー。ASCは天秤28度でルーラー金星か。

ムバラクは辞任を拒否。スレイマンに一部権限を委譲と声明。
一筋縄ではいかぬ。喰えないヤツとはこのことか。「現実は映画よりも奇なり」と実感。

民衆を失望させ、激怒させることのできる「小暴君」だ。
あきらめたり怒ったら負けだな。クールで忍耐強くないと戦えない。

だからこその「管理、訓練、忍耐」と「タイミング」なのですね。
自分も妙に冷静になってきた。お腹に力が入りました。

エジプトの人達の戦いを今後も注視し続けます。




■土星と木星の会合:番外10「エジプト革命:ムバラク辞任」  
2011.02.12.  




ええええええ?!

深夜に帰宅して。珈琲いれてパソコンのスィッチ入れてアルジャジーラ放送を表示したら。
「MUBARAK STEPS DOWN」??って。なななにがどどどうなったの??

急転直下?アタマがついていかずにしばし呆然。。

タハリール広場の映像はもうもうすごいことに。歓喜の渦だ。鳥肌が。
あああ。花火までー!うわー。ちゃんと用意してたんだ。。。うんうんそうか。

エジプトの皆さんの勝利。忍耐と底力と粘りに。心からのリスペクトを捧げます。


2011年2月12日01時02分(日本時間)カイロ ムバラク大統領辞任


今夜はASCが獅子でMCが牡牛。ルーラーが逆転してる。。。

ムバラク辞任。国民の要求はホントに満たされた。まずは第一歩を踏み出した。
新しい時代の革命はこうして成されていくのですね。感動。

一体ウラガワで何があって水面下で軍がどう動いてこうなったのか?とか。
込み入った舞台裏の事情は取りあえず今はどうでもいい。イヤでも後からわかるし。

ここから先がたいへんだなんてことさら言うまでもない。
誰よりも何よりもエジプトの国民の皆さん達が痛感してるハズ。
移行期の混乱が今後も長期に渡り続いていくことは変わりないのだから。

だからこそ今くらい。心おきなく喜びに浸ったってイイですよね?

エジプト民主化という「大きな夢」への第一歩、ここに至る怒涛の過程を見届けることができて。
証人の一人に加わることができて良かった。本望です。

1981年以来、30年間に渡る独裁政権でムバラクが蓄えた一族郎党の資産は一説には5兆円。
しかし。即座に資産凍結するスイス政府。カッコいいなあ。これが天網恢恢〜ということか。

最後に悪あがきをして。国民の「怒りと憤りに石油」を注いだムバラクだけど。辞任によって、
国民にかつてないほどの大きな喜びをもたらすという、最高最大の貢献を果たした。

個人的には、リアルタイムでチャートの天体配置の表示の現実化の流れを照合できたことが。
得がたい体験でした。

肝心の「数少ない決定的な歴史的瞬間」をリアルタイムで見逃したのは残念だけど。
これを機に、アルジャジーラやBBCを通じて、今後も中東情勢を追いかける習慣をつけよう。
(ここ数日で。飛躍的にヒヤリング能力&ボキャブラリがアップしたような気が)

で、愛読Twitterのキャッチアップ中に、中東情勢に関するわかりやすい解説のリンクも発見。
時間がとれたら、ちゃんと読もう。★中東の窓

それとこの話も。現地の人のツィートの和訳や広場の画像を見ていて驚かされたことが。
それはエジプトの人達のユーモア&ジョークのセンスです。脱帽。あーもう笑った笑った。

やりきれない、悲痛な現場だからこそ。張り詰めた緊張をほぐすにはユーモアが必要なんだな。
笑いは万国共通のストレス発散の特効薬だと実感。寛平ちゃんパワーと同じだー。

こんなに「大きな夢」を共有し、叶えつつあるエジプトの人達の心意気を見習わなくちゃです。
自分もがんばろう。(心の中のBGMはもちろん大音量での!清志郎&ジョン&マイケル!)


まずは今夜は祝杯だ。エジプトの皆さんに心よりお祝いを。ブラボー!!!


最後に。今回の一連のNewsの中で知った「オトコマエ」な人達を讃えたいです。

古代博物館を守るために盾となって並んでいた人達。
他宗教者の礼拝を守るために盾となって並んでいた人達。
寝る時間を削って最新Newsを和訳しツィートし続けてくれた人達。
危険と隣り合わせの現場でリポートし続けた各国のジャーナリストの人達。
12日間拘束されたワエル・ゴニム氏。CNNの熱血なアンダーソン・クーパー氏。

負傷された人達。拘束された人達。そして少なくとも300人以上の、亡くなった人達。
そして名前を知りたくても知りようのない「誇り高き」多くのエジプト国民の人達。


皆さんのことを忘れません。




■土星と木星の会合:番外11「2010年-2011年アラブ世界騒乱」  
2011.02.17.  




展開が速くて。アタマが沸騰して。ぐるぐるし続けています。

当ページのまとめの追い込みをと考えていたことの段取りがすべて飛んで。
エジプトの市民革命についてさえ、チャートの考察や総括もできない感じです。

とはいいながら。ここ数週間を振りかえって現時点でアタマに浮かんでいることなどを。
少しでも。順不同でも。後で思い出せるよう、忘れないよう、ここにMEMOしておかないと。


●そもそもの始まり:

チュニジアに端を発した今回の一連の騒乱。当初は何も知らずにのん気に過ごしていました。

もともと中東情勢には暗く無知で。世間並みの一般常識も欠如していて。
知識ゼロ。無関心な状態でした。

天体のディグニティで例えるなら「デトリメント、フォール、ぺリグリン」か。
セクトで例えるなら「アウト・オブ・コンディション」で完全な門外漢。

良く言えば先入観ゼロとも言えるかもですが「恥ずかしい」くらい何も知らなかったので。
1月末のテレビのニュース報道を見ていても。意味がよくわかりませんでした。

きっかけは愛読している平川克美さんのツィートの一文でした。
「何かが今、起こっているらしい」とさすがに気づいて。

あちこちのツィートのログ、ブログ記事、ニュース解説を渉猟して。最終的にはネットNewsの
アルジャジーラとBBCの英語放送の「臨時ニュース」画像に釘付けとなりました。


●天体配置の連想:


最初に思い浮かべたのは、1989年6月の天安門事件と11月のベルリンの壁崩壊のことでした。


1988年02月13日09時32分 土星D と天王星D(射手29度) 合 ●
1988年06月27日02時47分 土星R と天王星R(射手28度) 合 ●
1988年10月18日21時56分 土星D と天王星D(射手27度) 合 ●

1989年03月03日19時10分 土星D☆と海王星D(山羊11度) 合 ●☆
1989年06月24日12時50分 土星R☆と海王星R(山羊11度) 合 ●☆
1989年11月13日20時10分 土星D☆と海王星D(山羊10度) 合 ●☆


1989年05月02日14時00分 土星R☆(山羊13度)と冥王星R(蠍  13度) 60度
1989年05月19日07時51分 土星R☆(山羊13度)と冥王星R(蠍  13度) 60度
1990年01月17日00時46分 土星D☆(山羊17度)と冥王星D(蠍  17度) 60度

1989年09月11日01時20分 土星R☆(山羊07度)と木星D☆(蟹  07度)180度 ○
1989年11月14日15時26分 土星D☆(山羊10度)と木星R☆(蟹  10度)180度 ○
1990年07月13日21時53分 土星R☆(山羊22度)と木星D☆(蟹  22度)180度 ○
1991年03月16日10時37分 土星D☆(水瓶03度)と木星R  (獅子03度)180度 ○
1991年05月17日10時17分 土星R☆(水瓶06度)と木星D  (獅子06度)180度 ○



次に、思い浮かんだのが、2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件のことで。


2000年05月29日01時02分 土星Dと木星D(牡牛22度)合 ●

2001年06月25日12時47分 土星D (双子08度)と海王星R(水瓶08度) 120度 ☆
2002年01月23日11時28分 土星R (双子08度)と海王星D(水瓶08度) 120度 ☆
2002年04月02日10時56分 土星D (双子10度)と海王星D(水瓶10度) 120度 ☆

2001年08月06日02時03分 土星D (双子12度)と冥王星R(射手12度) 180度 ○
2001年11月02日15時05分 土星R (双子13度)と冥王星D(射手13度) 180度 ○
2002年05月26日11時35分 土星D (双子16度)と冥王星R(射手16度) 180度 ○



そして現在進行中のさまざまな天体配置を鑑みて。そうか。確かに今は
「カーディナル・クライマックス」と呼ぶに相応しいのだと実感が湧いてきました。


●エジプト情勢のNewsを通して考えたこと:


過去の自分の中での世界的な大事件はというと。

「天安門事件、ベルリンの壁崩壊、アメリカ同時多発テロ」が三大ニュースでした。
しかしどれもテレビや新聞記事のNewsで知った範囲のものに過ぎません。

自発的に能動的に、時間をかけて国内の大量のネット上の記事を渡り歩いて。
自分の英語力でわかる範囲の外国のNews記事を、リンクを頼りに調べまわったのって。
もしかして「西洋占星術関連記事」以外では。これが初めてのことかもしれません。

実際にそうしてみて、感じたことは。

情報、ニュース、政治情勢とは刻々と「変化」し「急変」し「錯綜」し「混乱」するもので。
「デマ、ガセネタ、ブラフ」アリアリで。感情的で思い込みの強いもの、攻撃的なものもあれば、
揶揄、中傷、恣意的、シニカルで幼稚なものもあるという。まさに玉石混合だということで。

「政治的情報操作」というものが。実際にホントにあるんだ!と驚いたり。

読むに際しては、ニュースソースの「背景」「立ち位置」「偏向」「事情」を考慮し、割引いて、
さらに「書き手」の興味や関心、バイアス、方向性などさまざまな要素を鑑みる必要があるし。

クールで客観的、洞察と示唆に富む記事は。本当に稀であり数少ないということです。

そういった「なるほど!」と納得する記事や書き手を見つけ出すには、
砂の中から砂金を探すように、地味に地道に、手間もヒマも時間もかけて。
自分からどんどんあたっていかないとダメなのですね。よくわかりました。

そしてどんなにもっともらしい記事より。アルジャジーラやBBCやCNNのような。
現地の映像、現場の特派員やエジプトの人達の生の声とその表情には遠く及ばないと感じました。

そんなの当たり前だとアタマではわかってるつもりでいたのですが。今回、改めて痛感しています。
普通のエジプトの人達の言葉に。姿に。ぐっときて。胸打たれてしまうのです。

自分は日本人で。英語が不得手なまま過ごしてきたことを悔しく思いました。
何度も書いてますけど。もっと英語を勉強しておけば良かった。

日本で「ムバラク辞任」の大ニュースが飛び込んできたのは3連休の初日で。
時差の関係で、深夜に事態が推移したため、テレビでの報道もほとんどありませんでした。

個人的には「9.11」以来の大事件だと思っているのですが。
周囲の人とこの重大ニュースを共有できなかったことが残念です。

そして。チュニジア情勢はリアルタイムでは無関心のまま通りすぎてしまい。
エジプト情勢は遅れを取りつつも。なんとかここまで経過を追ってきたのですが。

現在の同時多発的な中東情勢でのデモの行方は。さすがに追いかけられません。
これってもしかして。とんでもないことなのではないかと。いまだに信じられません。

アタマに浮かぶのは「パンドラの箱」が開いたという言葉です。

アルジャジーラの英語放送を見ても、キャプションが出るまで、
一体どこの国のどの場所でのデモ映像なのか?すぐに判別できません。

残念ながら。能力不足。完全なるキャパシティオーバー。お手上げです。

せめて。エジプト情勢だけでも。追いかけ続けようと思います。
エジプトの今後の展開は他のモデルとなって与える影響も大きいハズだから。

追い続けていかなくてはと、強く心に誓う次第です。


●冥王星、海王星、天王星の象徴:


今、考えていることは。

母子手帳時間の出生図のように、ASCやMCが確定できるチャートはともかくとして。

時々刻々と移り行く世界情勢を見る場合は、天体の配置、トランジットのアスペクトを
もう、そのまま見るのが手っ取り早いのではないか。

特定国家の情勢を見る場合、国家成立日の時間が不明なら、首都の位置だけを指定し、
特定時刻の「イベント図」(例:牡羊木星イングレスetc.)として読めば十分なのではないか。

今は「非常事態」。国家の成立日時が不明だからといって、過去の当該国家の「イベント」を
ピックアップして検証し、レクティファイする手間ヒマをかけてる場合ではないからです。

また、天体を、特定チャートのハウス・ルーラーとしてではなく、ナチュラル・ルーラーとして
そのまま天体の象徴により情勢を読む際は、天体の象徴やキーワードは深読み不要。
シンプル&ストレートな解釈で十分なのではないか。

例えば、現代占星術のトランスサタニアン冥王星のキーワード「死と再生」や「破壊と創造」。

徹底的な破壊、カオス、混乱ありきで始まり、その後に新しいものが生み出される過程においては。
海王星のキーワード「理想、夢、vision」が不可欠な要素となるのではないか。

それがないと。冥王星のパワーもただの「騒乱、破壊、カオス」のままで終わってしまうのではないか。

そう思えてならないのは、今回のエジプトの人達の生の声の中に、
ぐっとくる、いくつもの言葉があったからです。


「子どもたちのために、この国を変えたい」

「顔を高くあげろ!エジプト人としての誇りを持て!」「自由を!自由を!」etc.


恨みつらみだけでは苦しすぎる。悲壮な覚悟だけで、ここまでの行動が起こせるかどうか。
行動を起こしても。切実な未来への夢や希望がなければただの一過性の暴動で終わってしまう。

私が見たアルジャジーラの映像やYouTubeにアップされた投稿動画や報道写真、
そこに映し出されているエジプトの人達は、老若男女、さまざまな年齢層でした。

けして若者だけではありませんでした。若者よりおじさんが目についた気がします。
若い女性だけではなく、おばさんもおばあさんも一緒に声を張り上げて怒っていました。

警察との衝突や投石の現場、夜間の騒動をのぞけば、タハリール広場だけでなく路上でも
デモの参加者にはさまざまな年齢の人達がいて。家族連れもいて小さい子どもだっていたし。

トランスサタニアンの天体が、パーソナルでドメスティックな「個」や年代、階層、
民族、地域、国家という「枠」を超えた「共通の衝動」を示すのだとするなら。

「突発的」で「予測不能な」「改革」の具現化を担うのが天王星。

ここのとこの一連の動き「序破急」はセットで急激な展開をしているように見えるけど。
エジプトのムバラク独裁体制だけをとってみても30年。十分に長いです。土星回帰1回分です。

積もり積もって鬱積し続けてきた不満が。ここにきて一気に爆発し燃え上がるその様子は、
新燃岳の高くあがる噴煙を見ているようで。けして遠い「対岸の火事」とは思えません。

盛り上がった溶岩ドームのフタを押しのけて。ある日突然、噴煙が吹き上がるまでには。
そこまでに高まった内圧が状況を一変させるには。それ相応の根本的な原因も理由もある。

現実的な社会体制が土星と木星の管轄とするなら。改革を実際的で有用なカタチに落とし込み、
公的に整備していくにはそれ相応の時間がかかるハズで。あと半年ではムリでも仕方ない。

しかし幸いに土星は今は天秤サインで。山羊と水瓶サインに対するドミサイル・ルーラーとして
有利な状態で責任をとることが可能なハズ、今ならまだ水瓶海王星ともギリギリで120度サイン。

土星が蠍サインにイングレスしても。その時には魚海王星と120度サインになるし。
蟹サイン木星とで水GTの配置ができあがる。この機を逃すわけにはいかないのです。

天王星と冥王星の90度はまだこれからが本番。体制の移行完了には時間がかかると思うけど。
次回の土星木星水瓶合を区切りとして目指すなら、2020年までにはまだ10年あるのですから。

もちろん言うまでもなく。2020年になったら何もかも一変する訳ではありません。
天体配置のおかげで。ユートピアがある日。忽然と地上に出現するハズはありません。


そんなことはありえません、そういうことではなくて。今ドキドキしながら考えていることは。

2020年に向けて世界情勢がどう動き、どう展開していくのか。
世界の各国の人達の意志が、どこへどう向かっていくのか?ということです。

「予測不能」な今後の行方を。注視し続けようと思っています。


●自由とは何か:


今回の一連のニュースが自分にもたらした影響はあらゆる瑣末な範囲にまで及んで。
自分としては。かなりの衝撃でした。

そのすべてを書き出したいですが。しかしさすがにそれはムリなのでこらえて。少しだけ。
ここは西洋占星術のページなので。西洋占星術に「なぞらえて」書いてみようと思います。

そもそも自分は。物事を考えていく上での「参照ツール」として西洋占星術を活用したいと願う者です。

このMEMOのページのテキストも。自分自身の興味や関心の赴くまま、日々これ思い浮かんだことを、
占星術上の一般的な解釈から外れた、個人的な趣味と偏向性の強い内容のMEMOを、
ひたすら思いつくままに書きとめています。

それもこれも。日本における「西洋占星術」の近年の、状況の「成熟」への信頼あってこそ
可能なことなのだと。それを今、猛烈に再認識させられています。

古典&現代、古今東西様様な流派や流儀、「西洋占星術」のスタンダードな解釈体系から
逸脱した「自己流解釈」でさえ。「安心」して、こうしてここに好きに書くことができる。

これってもしかして。のん気で平和で。幸せでありがたいことなのではないか。

例えば独裁者によって。あるひとつの占星術の流儀や技法、解釈しか許されず。
ただひとつの占星術以外はまったく認められない世界なんて。考えるだけでぞっとします。


独裁体制。情報統制。自由に発言できず。ネット記事も検閲され当局にマークされ、拘束される。
ネットも携帯メールも遮断される。それが本当に「現実」に起きていることだと身震いしつつ、再認識。


なぜ抑圧や弾圧や排除や対立が起こるのか。個々の視点や見解の違いが問題を引き起こすのか。
自由とは。多様性とは。共生とは。自立とは。成熟とは一体どういうことか。

ふだんは考えてもみないことを。ここのとこずっと考え続けています。





■土星と木星の会合:番外12「ノースノードと木星」  
2011.02.19.  




MEMOの続きです。今、アタマの中でぐるぐるしていることを書き出します。

気になる今後の中東情勢の行方。残念ながら、予測に必要な知識も腕も持ち合わせず。
なのでせめて。直近の流れを振りかえって整理をしておこうと思います。

個人的に注目しているのが以下の「ノースノードと木星」のふたつの動きです。


▼ノースノードと各天体の合


2007年03月31日18時01分 ノースノードと天王星合(魚 16度)
2007年10月23日18時45分 ※参考:サウスノードと土星合(乙女05度)

2008年05月05日03時40分 ノースノードと海王星合(水瓶24度)
2009年02月14日02時13分 ノースノードと木星  合(水瓶09度)

2010年11月10日06時53分 ノースノードと冥王星合(山羊03度)
2010年12月04日07時05分 ノースノードと水星  合(山羊02度)
2010年12月12日01時35分 ノースノードと火星  合(山羊02度)☆

2010年12月14日12時48分 水星Rと冥王星合(山羊04度)
2010年12月14日13時00分 水星Rと火星  合(山羊04度)☆
2010年12月14日13時13分 火星 と冥王星合(山羊04度)☆


2010年12月16日16時22分 ノースノードと水星R合(山羊02度)
2010年12月17日時間不明 チュニジアで青年が焼身自殺

2010年12月20日10時17分 水星R内合(射手28度)

2011年01月16日00時21分 ノースノードと水星 合(山羊02度)
2011年01月17日時間不明 チュニジア暫定政権発足
2011年01月18日14時48分 水星と冥王星合(山羊05度)


昨年秋に。「トランジット雑感」ページにて恒例の「水星逆行」のデータ出しをしていて。
「何だろう、これ?」と気になってたのが「ノースノード」と各天体との合でした。

「ノード」の解釈方法は人によりさまざまですが。

自分の場合、まず大前提として。ノードは天体ではなく「仮想感受点」なので、
自発的なアスペクトは不能とみなして、天体との「合と衝」のみを参照します。

解釈上では「ノード=人との縁」というオーソドックスな見方と、
古典のホラリー等で用いられる以下の概念を参照します。


☆ ノースノード側(月の昇交点):合となる天体のパワーを増大させる
★サウスノード側(月の下降点):合となる天体のパワーを減退させる



この場合。ノースノードは天体のパワーを「良くも悪くも」増大させ、
サウスノードは天体のパワーを「良くも悪くも」減退させるという見方を
自分は採用しています。

これを木星と土星に例えて言うなら「ノースノード側=木星拡大効果」
「サウスノード側=土星減少効果」という感じでしょうか。

どういうことかというと。

例えばベネフィック天体の木星なら「ノースノード合でその良い作用が増大し、
サウスノード合ではその良い作用が減退する」ということで、

マレフィック天体の土星なら「ノースノード合でその悪い作用が増大し、
サウスノード合ではその悪い作用が減退する」ということです。

で。ここのとこの天体配置の妙によって。ノースノードは2007年3月から黄道サインを
魚から山羊サインまで、逆周りに進行していました。

たまたま。ここ数年のトランスサタニアン3天体は、魚から山羊サインに滞在中なので。
ノースノードは「天王星→海王星→冥王星」の順番に合となりました。

このページでは、トランスサタニアン3天体の作用を「予測不能」で「制御不能」で、
「想定の範囲外」の出来事をあらわすとみなしています。

日食&月食の要因となるノード。仮にここで実体としての「月」を「民意」の象徴とみなすとどうなるか。


ノース ノード:「月の昇交点」を境に、月の通り道(白道)が太陽の通り道(黄道)を上回り始める。
サウスノード:「月の下降点」を境に、月の通り道(白道)が太陽の通り道(黄道)を下回り始める。



ノースノード:「民意の高揚」の始まり(下克上?)とサウスノード:「民意の減退」の始まり(抑圧?)と
解釈することができるかどうか。こうなるともう連想が止まらなくなります。

試しに今回のケースで考えてみると。
ノースノードとの合によって冥王星パワーが「増大」し始めたその一か月後に、

逆行水星と山羊エグザルテーション火星もノースノードと合となり、その直後の
12月14日には「冥王星、水星、火星」の3天体も。互いに相次いで合になりました。

遠くて遅い天体のメッセージを運ぶのは動きの速い天体。ここでの主役は水星。
水星は逆行中であることから、ノースノードとの合も「3回」発生。


レセプションの観点では。山羊エグザルテーション火星が、同一サイン内の合という
最大の影響力を発揮しうる状態で「山羊水星R」をレシーブ。

情報とコミュニケーションを象徴する水星機能は「ノースノード、冥王星、火星」によって、
「フツウではない状態」にエンパワーされ、増大され始めていたのではないか。

火星はまた、昨年の暮れから今年の春にかけて。日々最速で駆け抜け続けています。速いです。

細かく読解を書き出すのは野暮なので自制しますが。昨年末の水星逆行や
ノースノードと各天体の合は、今回の流れの「前兆」を示していたのではないか。

もしかすると。昨年12月の中旬は、見逃してはいけない「臨界点」だったのではないか。

天体のキーワードをそのまま「シンプル&ストレート」で読んだ方が手っ取り早いのでは
と思ったのも、こういった反省からのことでした。


▼木星と各天体の合


2007年12月12日04時25分 木星と冥王星合(射手28度)☆

2009年02月14日02時13分 木星とNノード合(水瓶09度)

2009年05月28日05時21分 木星と海王星合(水瓶26度)
2009年07月10日18時05分 木星と海王星合(水瓶26度)
2009年12月21日17時52分 木星と海王星合(水瓶24度)

2010年06月08日20時29分 木星と天王星合(牡羊00度)
2010年09月19日10時11分 木星と天王星合(魚  28度)☆
2011年01月04日21時49分 木星と天王星合(魚  27度)☆

2011年01月23日02時12分 木星牡羊イングレス
2011年01月25日時間不明 エジプト抗議行動開始
2011年01月26日14時35分 土星逆行開始(天秤17度)
2011年02月12日01時02分 ムバラク大統領辞任(日本時間)

2011年06月04日22時58分 木星牡牛イングレス
2011年06月13日13時27分 土星順行開始(天秤10度)


2007年3月以来、ノースノードが黄道12サインを度数の逆順で進行して、
「天王星→海王星→冥王星」と次々に合になっていたのとは対照的に。

2007年12月以来、木星は黄道12サインの度数順に進行して、
「冥王星→海王星→天王星」と次々に合となりました。

どちらも。たまたま、トランスサタニアン3天体が、黄道サインの3〜4つのサインの範囲に
並んで滞在していたからこそ生じたことなのですが。

同時期にたまたま「ノースノード」と「木星」が交差するように、黄道サインの両方向から、
トランスサタニアン3天体と順番に合になるというのは、自分にとって興味深い「偶然」です。

木星が、遅くて遠い天体のパワーを3年がかりでタスキリレーのように運んできたと考えるなら。

今回は確かに木星が「冥王星→海王星→天王星」の順にメッセージの具現化を担う
大役を果たしたのではと思います。

本来ですと。山羊冥王星と水瓶海王星はアバージョンのサイン位置であり、アスペクト不能です。
同様に、水瓶海王星と魚天王星もアバージョンで隣同士のサインにあり、アスペクト不能です。
(注:現代占星術ではミューチュアル・レセプションとみなす)

冥王星と天王星に挟まれて。見えずにいた海王星の「声」を。木星が天王星へと届けたのではないか。
これらトランスサタニアン天体と順に合となることで。木星機能にも「異変」が生じていたのではないか。

木星は魚サインではドミサイル。品位の良い状態で同一サイン内の天王星をレシーブ可能です。
そう考えると年頭の1月4日「魚サイン木星天王星合(=国内での革命拡大)」も。
今回の重要な「臨界点」のひとつになっていたのではと思えてきて。

さまざまな連想がアタマの中でぐるぐると駆け巡り続けています。


そしてもうひとつの個人的な注目事項は、昨年から今年にかけての木星のイレギュラーな動きです。
通常なら1年がかりでひとつのサインを移動する木星が、何度もイングレスを繰り返します。


2010年01月18日11時10分 木星  魚  イングレス ☆
2010年06月06日15時30分 木星  牡羊イングレス
2010年09月09日13時51分 木星R 魚  イングレス ☆
2011年01月23日02時12分 木星  牡羊イングレス
2011年06月04日22時58分 木星  牡牛イングレス



魚  サイン滞在中はドミサイルで、 山羊冥王星とは 60度。
牡羊サイン滞在中はぺリグリンで、山羊冥王星とは 90度。天秤土星とは180度。
牡牛サイン滞在中はぺリグリンで、山羊冥王星とは120度。魚海王星とは 60度。

ただしここで注意が必要なのは。木星が山羊サインでは「フォール」になることです。

レセプションの観点では、土星は常に山羊サイン滞在天体を責任を持ってレシーブ可能ですが、
木星は山羊サイン滞在天体に対して分が悪く、レシーブ不能な立場とみなされます。

上記を言葉を変えて言うと。土星は常に山羊サイン滞在天体に対しては、山羊ドミサイル天体として
責任を果たさなくてならない。無視できない。ベストを尽くして対処せねばならない。

一方木星は、山羊サイン滞在天体に与えうる影響力は弱く。アスペクトの度数の種類に関わらず、
冥王星への対応にはかなりの労苦が伴い、苦闘をせねばならないということでしょうか。

こういったことを踏まえつつ。

この春に生じる3月12日の天王星牡羊イングレス、3月29日の木星土星180度、
そして4月4日の海王星魚イングレスに注目せねばと思っているところです。


★参考:1981年〜2020年ノードと天体の合&衝(→漢字変換のみの元データ)

★データ14:ノードと天体の合&衝 1983年〜2020年(→加工済データ)

★参考:ノードのサインイングレス 1941年〜2029年(→漢字変換)




■土星と木星の会合:番外13「リビア:カダフィ演説」  
2011.02.24.  




アルジャジーラで放映されたリビアのカダフィの演説をリアルタイムで見ました。


2011年02月23日00時53分(日本時間) カダフィ演説開始(トリポリの大佐の旧邸宅前?)


演説する姿、顔を見ているだけで気分が悪くなって。途中から画面のウィンドウを閉じて。
音声のみに切り替えたのですが。その音声さえ。聞いているのが苦痛。

がなる内容がわからなくても、語調だけで気分が悪くなる。
意地でも最後まで聞き続けたけど。

終了後に見つけた有志の人の抄訳ツィートのログを読んで。
演説の内容の支離滅裂さに暴言妄言に滅入りました。

なんたる独善。誇大妄想。もしかして今まで40年間、
この状態で国家を指導してきたのですか??一族郎党&取り巻きの罪は重い。

歴史上のジェノサイドや独裁者の姿は映画やニュース映像でしか知らず。
現在進行形のナマの「狂気」に触れ、打ちのめされました。

せめてもの救いはこの映像が世界に配信されて白日の元にさらされたことです。
世界が目撃している前で墓穴を掘ったのだから。語るに落ちたのだから。

演説の状況や様子(チープな演出)の気持ち悪さが後を引いて。まだ今も胸苦しい。
この嫌な気持ちを忘れないよう、ここに刻印しておこう。

そして内田樹氏の過去のツィートからコピペしておいたお気に入りの言葉を。
ここに引用しておきます。

2010.12.18.Twitterのログから:

統治者に必要なのは「反対者を含む国民全体を代表しうる公共性」です。

それは冷徹なリアリズムと夢想的なヴィジョンという矛盾するものに引き裂かれていることが

常態であるような政治家しか達することのできないポジションです。



リビアの人達に一刻も早く平安が訪れますように。切に切に祈ります。



★追記:中東情勢の記事フォーサイトより)  2011.02.26


中東―危機の震源を読む(72)
中東諸国に走る社会的亀裂――リビア、バーレーンの大規模デモで何が起きるか



カダフィの陳腐な演出や悪あがきにムカムカして。ずるずるひきずっていたキモチ悪さが。
上記の池内恵さんという人が書いた記事を読んで。やっと少し落ち着きました。

「クールな分析、正論」が「暴論ボディブロー後遺症」の特効薬になりました。

他にも、多くの人の異なる視点からのテキストを読んで。「中東」といってもひと括りには出来ず、
それぞれ国情が大きく違うということも。アタマではわかってきつつあります。

でもやはり。自分の正味の感覚で何よりぐっと心動かされてしまうのは。

リビアのシャルガム国連大使が25日の国連安全保障理事会の会合で、感情を抑えつつ
カダフィへの非難を訴える姿や演説の終了後、他国大使と抱き合う姿です。

職務や保身を越えて。自国の状況を憂う気持ちがヒシヒシと伝わってくるからです。
(特に。次席大使が涙をタオルで抑える姿に胸がつまる)

うまく言葉になりません。祈るのみです。





■土星と木星の会合:番外14「2011年東北地方太平洋沖地震」  
2011.03.12.  




牡羊天王星イングレス前日に起こった、M9の大地震。

2011年03月11日14時46分 太平洋三陸沖
(北緯38度0分0秒 東経142度9分0秒)

最大震度7:宮城県栗原市

地震発生時、関東在住の我が家も。グラグラ大揺れに揺れました。
その後もずっと大小の余震が続いています。

デスク左脇の窓際につるしたアジア工芸品の竹細工の風鈴が。
ほぼ常に、そして今もなお、小刻みにゆらゆらと揺れ続けています。

地震に続く各地の津波等の被害の大きさに衝撃を受け。
CMの無いテレビの報道特番に長時間釘づけです。

さらに一夜明けた今日。災禍の惨状の映像に言葉がありません。
安否不明の家族を気遣う人の姿に。ツーっと涙が。

被災地の皆さん。どうかお身体にお気をつけて。
くれぐれも安全第一でお過ごしください。

救助活動に従事される消防隊や消防団の皆さん。警察官、自衛隊の皆さん、
インフラの復旧にあたる皆さん、外国からの救助隊の皆さん。

現場の皆さんのお力が頼りです。ひとりでも多くの方に安心を。
どうぞよろしくお願いいたします。




■土星と木星の会合:番外15「レベル7〜THIS IS IT」  
2011.04.13.  




昨日04月12日午前、福島第一原発事故は「レベル7」に格上げされました。
ついに、来るべきものがキタのでしょうか?うーむ。お腹に力が入る。

#以下。原発とは直接関係のない内容です。まぎらわしいタイトルですみません。


日々相次ぐ余震の中、落ち着かない日々。このひと月はアタマ焦げそうな位に、
いろんなことを考えました。しかし事が重大すぎて手に余り。完全にオーバーフローです。

年初からの中東民主化ドミノの政変加速の中で覚えたネット記事(YouTube、UST、Twitter等)の
追っかけ早読みという新しいワザと習慣が。

3月11日以降、日本国内の震災関連のニュースの追いかけに役に立つことになろうとは。。。

あんまりにいろんなことが日々是ありすぎて。震災後、しばらくの間の記憶がありません。
公私共にドタバタと動揺して過ごしました。それなりにへこたれました。

例年、春先の3月から4月にかけては多忙モード最盛期。それがさらにエグザルト。
一体何が何やら状態で目の前のことに集中している間にだんだん気分が落ち着いてきました。

この間、思い浮かんだことのうち、当ページに関連する事項を、忘れないようMEMOしておきます。


思えば。昨年の2010年3月5日に発売された忌野清志郎の1989年製作のリメイクCD
「Baby#1」のラストの曲の。タイトルは「メルトダウン」でした。

以前にも書きましが、1988年の土星天王星合の前後の忌野清志郎の活動は要注目です。
RCサクセションの問題作「カバーズ」は、1988年8月15日発表でした。
(覆面バンドタイマーズの活動開始は1989年8月6日の広島平和コンサート)

土星天王星合時期に「サマータイム・ブルース」や「ラブミー・テンダー」が発表されていて。
土星天王星180度の時期に、長年お蔵入りされていた「メルトダウン」が発表されたという。

こういうシンクロは。ファンにとっては意味深で不思議な気分にさせられるものです。


そういえば、昨年4月、ふと思いだしたドラマがあって。柳葉敏郎主演の「世にも奇妙な物語」で。
正確なタイトルはわからなかったのですが。試しにネットで検索したら。

なんと!ちゃんと動画がUPされていました。

1991年春の特別編の「夢を買う男」というタイトルでした。
20年前に初めて見た時。妙に強烈なインパクトを受けたドラマです。

★「夢を買う男」★


こういった「ふと思い出す」→「検索して探す」→「発見」できてしまうというのは。
ネット時代ならではの恩恵です。

この「夢を買う男」のドラマの再見もまた。自分にとって清志郎の「Baby#1」同様の、
タイムカプセルのような過去からの贈り物でありました。

あと。今にして思うと。マイブームの間寛平も内田樹も。阪神淡路大震災の被災者でした。

そして。東日本大震災勃発前後にNHKで放映された岡本太郎の「TAROの塔」の連続ドラマにも。
自分はなんとも言えないンクロを感じます。(自分は岡本太郎の彫刻が大好きです)

★「TAROの塔」★


詳細は省きますが。岡本太郎の大壁画「明日への神話」が紆余曲折の末、渋谷駅の通路に設置され、
一般公開したのは2008年11月17日。土星天王星180度1回目直後&冥王星山羊再イングレス直前の
時期のことでした。

30年間もの長きにわたり行方不明だった幻の作品が、2003年にメキシコシティの資材置き場で発見された。
「明日の神話」の壁画もタイムカプセルのようで。太郎さんからの贈り物かもと思えてくる。

★明日の神話プロジェクト★


こういうさまざまな過去からの贈り物に気づいた時。何を思うかというと。

すでに、未来へと向かう「矢印」マークが、身のまわりのそこかしこに配備されているのなら。
それに、気づくことができるかできないかは自分次第なのではないか?と。

今、この、現在の生活の中に。進むべき未来への道筋がすでに準備され、埋め込まれ、
用意されているのであるなら。同時にそれはまた、

今、ここの、この瞬間の。現在の生活の中で。何がしかの。未来への贈り物を、
今、ここに、用意していくことも可能なのではないか?ということです。



「符丁」や「予兆」というものが、現在の生活の中のそこかしこに埋め込まれているものなら。
(フィリップ・K・ディックの「ユービック」のように)

「予兆」を逃さずキャッチし、せっかくの「贈り物」を受けとめなくちゃもったいないです。


例えば、忌野清志郎の名曲「JUMP」(2005年)。熱烈なファンの立場からするとこの曲は。
まるで今この時のために作られ、用意されていたようにも思えてくるからです。

そして前述のドラマ「夢を買う男」のラストシーンは、南こうせつの歌の言葉で終わります。
「おまえが大きくなった時に」というその歌詞に今の自分はぐっときてしまいます。

★「夢を買う男」★ (「世にも奇妙な物語」データベースより)

この歌詞が。今、ここで必要な、切なる祈りの言葉であるように思えてくるからです。

昨年の夏から秋にかけて。自分が夢中になって追いかけていた「チリ落盤事故」からも。
今、学ぶことがたくさんあると思えてなりません。これもきっと贈り物のひとつなのだと思う。

たまたま読んだ糸井重里の「ほぼ日コラム」の言葉に。自分はぐっときて胸打たれました。

★ヒントは希望のなかにある(3月18日)★

その通りだと思ったからです。だからこそ自分は「チリ落盤事故」の経緯に
ずっと釘付けになってたんだと。謎が解けた気分です。


「夢」と「希望」ですよ。こういう時だからこそ。先の見えない長丁場の戦いの時だからこそ。
「夢」と「希望」がないと。目の前の現実に心も折れるし。ダウンしそうになるし。へこたれる。



占星術のハウスの解釈でいう、9ハウス「夢」と11ハウス「希望」がなくちゃね。
10ハウス管轄のアクションだって動きようがない。立ち上がれません。やってられません。

行きたい場所がわかんなくちゃ、家から一歩も歩き出せない。
ゴールがわからなくちゃ、いつまで経ってもどこにも走り出せない。

進むべき道は。一体どっちなのでしょう。

単なる現実逃避ではなくて。自分の心を鼓舞するためにも。くじけそうな心を支えるためにも。
「夢」と「希望」がやっぱり必要だ。カンフル剤だ。指針になるハズだ。

「夢」と「希望」を。大小いっぱい各種取り揃えて。ストックしておかなくちゃです。
デイドリームビリーバーに、夢助にならねば!です。


今がその時ですね。まさに「THIS IS IT」だ。

マイケルのささやき声が聞こえるし。「God bless you!」


「大地震→大津波→原発事故レベル7」は。間違いなく「大暴君」だけど。
いつだって日本人はしぶとくしのいできた。今回だけ、負けるハズがないと思う。


USTの東電会見を見ながら。京大原子炉実験所の小出裕章先生のインタビュー動画見ながら。
テレビの震災報道を、原発事故報道を、ネット記事を、Twitterを。数多のニュース記事を読みながら。
力の入ったNHKの報道特集を見ながら。解説記事を読みながら。都知事選の結果を見ながら。


深刻で重たい現実の中でも「夢」と「希望」を忘れずに。清志郎の歌をBGMに。
「いつも心に太陽の塔を!」の心意気で。日々、一歩ずつ。前進していく所存です。




■土星と木星の会合:番外16「東電 福島第一原発事故関連データ」  
2011.05.13.  




第37回のSG学習会がまもなく開催されます。

それに備えて、予習用にStargazerWD用の時期表を作成しました。
まずは覚え書き程度から、今後も増える予定ですが。取り急ぎ。

※以下のデータはStargazerWD時期表仕様です。

★「東京電力 福島第一原子力発電所事故」関連データ:MEMO  更新: 2011.09.09.


これについて考えたことをあらためて書き出したいと思います。


▼参考:各種データ

■皆既日食&衆院解散総選挙

●大日本帝国憲法発布式 1889年2月11日10時40分 宮中正殿
●日本国憲法公布記念式典 1946年11月03日11時00分 貴族院本会議議場

★自民党成立図 1955年11月15日13時20分 東京・神田、中央大講堂
★民主党成立図 1998年04月27日16時00分 東京・赤坂プリンスホテル

1942年05月24日12時00分 小沢一郎 東京府東京市
1945年03月07日12時00分 谷垣禎一 京都府福知山市
1946年10月10日12時00分 管 直人 山口県宇部市
1947年02月11日12時00分 鳩山由紀夫 東京都文京区

1964年05月31日12時00分 枝野幸男 栃木県宇都宮市
1971年08月21日12時00分 細野豪志 滋賀県近江八幡市




■土星と木星の会合:まとめ6「福島第一原発事故から考えたこと」その1 
2011.05.29.  



▼当ページのまとめ&整理にあたって:


先日行われた第37回SG学習会はいつもながら、収穫の多い集まりでした。
自分はTOPバッターで、1時間ほど発表の機会をいただきました。

他の皆様の発表、たいへん興味深い内容だったのですが、当日収録された学習会の記録は
通信トラブルで欠落部分が多く、今回は非公開とのことで。ちょっと残念。

発表した内容は、当ページで数年がかりで考えてきたことで、
今回の原発事故を通して明確になってきたことのダイジェスト版でした。

人前で話すのは得意ではなく。コウフンすると声はうわずり。詰まり、噛みまくる。
土星天王星合と土星木星合とを何度も言い間違えて。用語も度忘れという恥ずかしい始末。

それでもふだん考えていることを人前で話すという貴重な機会の中で必死にしゃべっていると、
話をしながら「なるほど〜」と妙に自分でも納得したり。新しい気づきが生まれたりもします。
それが得がたくて面白い体験となりました。

時間内に収めるためはしょった話も多く、言葉が足らずに誤解を招きそうな表現も多々ありました。
肝心のことを言い忘れていたりという。それはよくあることで気にはならないのですが。

限られた時間と限られた自分の能力の範囲内とはいえ、せっかくの得がたい機会と体験を
そのままこれで終えてしまっては勿体ないように思えてきました。

なので、先日お話をした内容の要約を、こちらに書き出して整理しようと思いたちました。
それが、長い長い当ページでの考察の最後のまとめになるように感じたからです。

そもそもが「冥王星山羊サインイングレス」と「土星と天王星180度」に触発されてスタートし、
数年がかりで手探りでえんえんと書き続けてきた当ページですが。

今、トンネルの先に見えてきたものは「土星木星の会合周期」でした。

「地のサインから風のサインへの土星木星の会合周期の移行」という、
現代という「時代の様相」の特殊性を確認できたこと。

それがなによりの大きな収穫でした。

以上をふまえて。SG学習会でお話した内容の再整理に挑戦をと思っています。
(あんまり長くならないよう。なるべく短くスカッと書けるようにがんばります)


▼自分の立場というか、スタンスもこの機会に:


そうだそうだ、これも書いておきます。

SG学習会の発表の際も、最初にお話させていただいたのですが。
自分の占星術に対するスタンスもここに書きとめておきます。

例えば、今回の東日本大震災や福島第一原子力発電所事故というような事象について、
自分なりに考えていく上の参照ツールとして「西洋占星術」のチャートを使用します。

新聞記事やテレビのニュース番組や書籍、ネットのブログ記事やTwitterのツィートにおける
専門家、知識人のみならず一般の人という、有名無名問わず多くの人達の考えを参考にするのと同様に、

自分の場合は占星術の天文暦やチャートを通じて「天体の動きの配置の妙」を参考にしながら、
ああでもないこうでもないと物事を考える習慣を長年継続してきています。

つまり物事を考えていく上での参考として「占星術のチャート」を活用しています。

そのため自分は「占う」とか「予測」とか「分析」という言葉で示されるところの
西洋占星術の使い手のタイプではないように思っています。

もともと無学&無教養。そもそも「理性的に合理的に思考する」タイプでなく。
かといって「直感&霊感」で占いができるタイプでもない。ふだんしていることは、

自分にとって役に立つ、新しい知見を見出したい、なんらかの意義を見出したいという意図で、
ひたすらチャートを眺め続けて、アタマに浮かぶ連想をつなぎ合わせ続けているだけです。

西洋占星術とのこのような関わり方は、邪道で少数派なのではないかと常々思っていて。
大きな声では言いにくいことなので。身を縮めて過ごしていたのですが。

先日、高橋源一郎さんが5月26日から連載を開始した朝日新聞の朝刊の「論壇時評」に、
「非正規の思考 原発もテロも 広く遠く」というタイトルの文章を発表されたことを知りました。

残念ながら、当該の記事を読むことはできなかったのですが。ネット検索したところ、
あちこちのブログ記事等でもすでに取り上げられていて、内容の概要を知ることができました。
(うううう。ちゃんと原文も読みたいです)

見つけたブログ記事には、おおもとの文芸評論家の加藤典洋氏の言葉が引用されていました。

 「すべて自分の頭で考える。 アマチュアの、下手の横好きに似たやり方だが、

  いわゆる正規の思想、専門家のやり方をチェックするには、

  こうしたアマチュアの関心、 非正規の思考態度以外にはない」



この言葉に勇気づけられました。

そう。占星術の研究家でもなく、プロの鑑定家でもない。アマチュアの一個人の自分であっても。
長年にわたって「西洋占星術」を愛用し続けている者であることに変わりはないのだから。

たとえ本流からハズれていて、邪道で。未熟であっても。自己流解釈に過ぎなくても。
これが正味の自分の実力なのだから。恥ずかしがっていても仕方ない。


「非正規の思考」を展開する時、問われるのは「態度」の方なのかもと思う。


天体のディグニティで例えるなら「デトリメント」や「フォール」に、
過度に「エグザルテーション」な態度に陥らないよう気をつけて。

調子にのらず。誠実に、身のほどをわきまつつ、礼儀正しく。
適切で「ドミサイル」な態度の維持を心がけるのを忘れなければ。

正味「ぺリグリン」な自分にも、考えを語る自由はあるハズ。
そう開き直ったら。吹っ切れました。

で。やはりここであらためて整理して、最後のまとめをしよう!と思った次第です。
(高橋源一郎さんに感謝です!)




■土星と木星の会合:まとめ7「福島第一原発事故から考えたこと」その2 
2011.05.29.  



▼東日本大震災と大津波と福島第一原発事故とトランスサタニアン3天体:


今回、春に大震災が起った時。

「地震(天王星)→大津波(海王星)→原発事故(冥王星)」という三役そろい踏みのような状況に。
あらためて、トランスサタニアン3天体の象徴する事象の。ことの重大性に衝撃を受けました。

そして、当ページの初期に作成した下記の懐かしい図版をマジマジと見返しました。

■土星の機能  2008.12.24    更新: 2008.12.26.(本文追加)

上の図にあるように、当ページでは、トランスサタニアンを
「想定の範囲外の事象」を象徴する天体とみなしています。

土星以内の天体が「日常性」を管轄するなら、トランスサタニアンは「非日常」を管轄し、
土星以内の天体が「想定の範囲内」を示すなら、トランスサタニアンは「想定の範囲外」を示す、
という見立てです。

で。今回の春に自分が強く再確認させられたのは、以下のことです。


 ☆想定できないから「想定外の事象」なのだ。

 ☆想定できるのなら「想定外の事象」ではない。



これを「トートロジー」というのでしょうか。(でもこれ、言い訳に使った時点でアウトですよね)

ここから連想して思い出したのが、故事の「矛盾」の原義です。
「どんな盾もやぶる最強の矛」と「どんな矛にも破れない最強の盾」の話です。

人知で天災を予測もコントロールもできないように、人間には「出来ること」と「出来ないこと」がある。

原子力発電所を「絶対安全」に「不注意」な人間が管理し続けるのは、そもそも「ムリ」な話ではないか。
せめて「絶対不可能」なハズの核廃棄物の「絶対安全」な処理方法を確立してから建設してほしかった。

というようなことを。ついついあれこれと考えさせられてしまうのですが。話を戻して。

自分が現代占星術で最も評価しているのは、解釈大系の中にトランスサタニアンを取り込んだことです。
この発明というか。工夫こそ、自分が一番興味深くて面白いと思う部分です。


始めは現代占星術の学習からスタートし、現在は古典占星術の各種技法を独学で試行錯誤中です。

目指すところは「現代占星術と古典占星術の折衷派」で。音楽の世界で例えるならば、
「忌野清志郎」のような流儀を身につけたいと願う者です。(道は果てしなく遠いですが)

なぜ、古典占星術の文献を読むようになったのかというと。
占星術の成り立ちや各種技法の歴史的変遷とその起源を知りたいと思ったからです。

例えば、個人的に評価の高い、現代占星術におけるトランスサタニアン3天体の導入について。

これについても謎だらけで。一体、いつから、どういう経緯で、トランスサタニアンが
占星術の体系の中に取り入れられ、世界の占星術コミュニティに受け入れられていったのか?

それを知りたいのです。それがわからないと気になって落ち着かないからです。

1990年代の後半頃から漠然とそれを考えていて。あれこれ調べても全然わからず。最近、やっとここ数年、
ボーダーレスなネット記事の充実とその恩恵に伴い、折に触れ、何度か検索にチャレンジし続けた結果。

やっとわかってきたことは。1781年の天王星の発見後、アラン・レオ(1860-1914)が主導し、
「水瓶時代の幕開け」と「新しい占星術の運動」とを一体化させていくプロモートの中で、

「水瓶サイン」の新しい支配星として、鳴り物入りで天王星を割り当てたということのようです。
(自分の乏しい英語力では、詳細の経過はよく分からず)

もし本当に上記のような経緯であるなら。私にも十分理解が可能です。
魚サインから水瓶サインへという、春分点の移動に「アクエリアス・エイジ!の幕開けだ!」という
物語を重ねて、当時の占星術関係の人達がわき立ったであろうことは想像に難くないからです。

SG学習会の発表の際、この話をいきなり冒頭でえんえんしゃべり続けました。
「福島原発の事故」に関する話のハズなのに、なぜそんな話を?したのかというと。

自分が話したい論点にたどり着くために、参加者の皆さんと「話の前提」を共有したかったからです。
それがないと。ただでさえわかりにくい話が、よけい伝わりにくくなると思ったからです。

次に、その時の話を順番に整理してまとめていこうと思います。




■土星と木星の会合:まとめ8「福島第一原発事故から考えたこと」その3 
2011.05.29.  



▼歴史的背景:


で。 第37回のSG学習会です。テーマは自由ということでしたが。

この春の3月11日以降の自分のアタマの中は震災と原発事故のことでイッパイで。
アタマがショートしそうな位にぐるぐると考え続けていました。

特に「福島第一原子力発電所の事故」に関しては、原子力関連にはまったく無知な自分が。
粘って調べに調べているうちに、ようやく少しだけ仕組みがわかるようになってきました。

ですから、SG学習会で自分が取り上げるテーマといえばもうこれしかないと。
まず。資料として、Stargazer時期表作成に着手しました。

その際に切り口として。歴史的背景をなるべく長いスパンで見渡してみたいと思いました。

そういう意図で、過去のイベントを調べて書き込んで出来上がったのが、以下のデータページです。


★「東京電力 福島第一原子力発電所事故」関連データ:MEMO  更新: 2011.06.11.


実をいうと。このStargazer時期表用のデータを完成した時点で。自分の考えていたことはすべて
ここにちゃんと示されているように思えました。作り終えた時点で、これで「終わった〜!」と思いました。

時期表データのイベントを細かく解説する気は失せました。これを言語化して解説するというのは、
屋根の上の屋上にさらに屋根を重ねるようなもので。それって野暮では?と思えたからです。

それに、端的に論旨明快に、上手に解説できるほどの言語能力が残念ながらありません。

とはいえ。ここで話をせず終わってしまっては。時期表を人数分プリントして用意されていた主催の方の
労力に対して申し訳ないことこの上ない。なので当日、拙くてもがんばって話そうと解説に挑戦しました。

そこでまず。ホワイトボードに「古典的な天体のサイン割り当て図」を描きだしました。


※参考までに、以下は当ページで2010年09月02日付けでUPした図版です。


▼12サインと古典7天体の配置図(オリジナル)   

上図を下敷きにして、実際にホワイトボードに描いたのは、以下の左側の図のような絵です。


▼天王星、海王星、冥王星のルーラーへの追加   

12サインの天体の割り当てはもともとは、上の左側の図のように
「獅子サインと蟹サイン」を境に左右対称の配置でした。

それが19世紀末から20世紀初頭にかけて、天王星を水瓶サインの支配星にしよう!ということになり。
天王星があらたに12サインの支配星の一員に組み込まれました。

その後、誰がどういう経緯で、いつ、海王星を魚サインの支配星にしよう!と働きかけたのか。

現時点で、詳細は不明ながら。人情として十分に推測可能です。魚サインだし。海王星だし。
安易ですが、それが案外と妥当なところではないか?と想像できるからです。

でも。どうして。なぜ。冥王星は蠍サインの支配星と定められたのでしょうか?
牡羊サインならわかるのです。順番として。それなら理解できるし、私にも納得がいくのです。

なぜ、一体どうして、冥王星だけが、いきなり蠍なの?という、それが私を長年悩ませてきた謎でした。

そしたら。主催者のYamanakaさんから「蠍が、放射能に強いからでしょ?」というひと声が。
ソース不明で、確証はないとのことですが、ご本人はそれが理由だとずっと思っていたとのことでした。


帰宅後にネットでさっそく検索したところ、確かに蠍には放射線に耐性があるという記述が。
なるほどー。放射線に強い蠍に、冥王星を割り当てたという。これもまたありそうな話です。

本当に占星術上で冥王星を蠍サインの主星にした理由なのか?は未確認で、今後の要確認事項ですが。
それでも、なんというのでしょうか。これはこれで意味深なシンクロではと思えます。


▼天王星、海王星、冥王星の発見:   


天王星を1781年に発見したのは、イギリス人天文学者のハーシェル。
天王星の語源が、ギリシア神話のウラヌスからとられたということは自分も知っていました。

しかし、1789年に元素のウランが発見された際、天王星(Uranus)を語源としてウランという名前が
付けられたということは、今回初めて認識しました。(そうかー。8年後だったのですね)

そしてその後、19世紀末から20世紀初頭にかけて、現代占星術の解釈体系にも天王星が組み込まれたという
経緯をたどるのですね。「天文学→物理学→占星学」の順番での事象の同期。これは要注目ポイントです。

同様に海王星がネプツニウムに、冥王星がプルトニウムに関連付けられていったという経緯は、
自分にとっては大きな発見でした。今回ほど、教科書に書かれたキーワードをこれほどまでにリアルに
実感したことはありません。個人的には衝撃の事実でした。

仮に原子炉を「天王星、海王星、冥王星」の入れ物と見立てるなら。確かにこの中味は今はホントに
適度に「Cold&Moist」な状態でなくては困る。「Hot&Dry」であっては困る。過剰にHotになったら困る。

天王星がHot&Moistな水瓶で、海王星がCold&Moistな魚で、冥王星がCold&Moistな蠍でという。
マレフィックなトランスサタニアンを、それぞれMoistなサインに対応させたことは、それはそれで、
的を得ていたのかもしれないと思えてきました。土星はいかにも格納容器で。壊れたら困る。


余談も。自分の場合、トランスサタニアンを解釈上、サインの示す事象との関連付けの観点からは
おおいに参照をしますが、単体で12サインの「ルーラー」としては用いてはいません。

その理由はふたつあって。

そもそも古典ギリシャ期の「サインのルーラー」とは「管理人、責任者、オペレーター」という
サインに対して天体が担う役割と責任を表し、「サインの支配者」というニュアンスはなかったとのことで。

管理人のような「日常的な業務」の遂行は、古典7天体にこそふさわしい仕事だと思うのですが、
当ページでのように、トランスサタニアンを、マレフィックで「非日常的」な天体とみなす場合、

「管理人、責任者、オペレーター」という。地道で実際的な役割は。
非日常天体のトランスサタニアンには不向きかもで。勤まりそうにないように思えるのです。

それと自分は、古典占星術での天体の「エッセンシャル・ディグニティ」という概念があるからこそ、
「サインのルーラーシップ」が機能し、そして「レセプション」も機能すると思えていて。

なので。自分の現在の流儀では、天王星を「水瓶サインのドミサイル・ルーラー」とするなら。
天王星を「獅子サインでデトリメント」の品位になるとみなさねば。片手落ちとなるのですが。

海王星が「乙女サインでデトリメント」、冥王星を「牡牛サインでデトリメント」と
みなすことには違和感を拭い去れずにいて。それもあって今のところ、

トランスサタニアンを「サイン・ルーラー」としては扱わないでいる次第です。

脱線でした。話を進めます。




■土星と木星の会合:まとめ9「福島第一原発事故から考えたこと」その4 
2011.05.29.  



▼カーディナルクライマックス   


で。次に、第37回のSG学習会で話したことは、以下の現状についてでした。




金融占星術のメリマン氏による「カーディナル・クライマックス」の意味を、
この春からずっと考えさせられ続けています。

思えば1930年に冥王星が発見されたのが、蟹サイン17度で。その後、この図でみると、

左回りに半周して、冥王星は現在、山羊サインにイングレスしています。長い行程の道半ばです。

冥王星はその一歩手前の射手サインにいる時に、その大きさにより、天文学上で太陽系内の
惑星としての地位から降格させられて、準惑星という位置付けになりました。

冥王星はディスカウントされ、過小評価されました。(これもある意味偶然ではないのかも)

その山羊冥王星に対して、今、牡羊天王星が90度です。90度の原義は「火星」です。

カーディナルサインで生じるトランスサタニアン間での90度のその一角に、
天秤土星が加わり、いわゆるTスクエアの配置が形成されています。

この天体配置からだけでも、さまざまな解釈が可能かと思います。

例えば、天王星(分裂、裂け目、地震、ハプニング、ウラン)と冥王星(破壊的な事象、プルトニウム)の90度が
水素爆発を引き起こして、土星(建屋、格納容器)を破壊した、とか。

土星や天王星とアスペクトを作らない魚海王星は、じわじわと見えないところから大量の汚染水として
流出し続けて。手が打てないとか。目に見えない放射線が、とか。(ルーラー牡羊木星は30度でアバージョン)

天王星と冥王星の90度を、海王星の暴走を、今、必死になって天秤土星はエグザルテーションの品位で
なんとか耐えしのごうと苦闘していますが、作業は時間がかかって賽の河原の石積み状態だとか。

そういった解釈とか状況描写は、西洋占星術の得意とするところかと思います。
しかし自分の興味と関心の対象は、そのような解釈そのものにではなく。そうではなくて、

「今、目の前で生じている事態」から、自分はどういう「意味」を見出すことができるか?
ここから自分は何を学ぶことができるか?自分と周囲の者に何をどう生かすことができるか?

そして今後、どうしていけばよいのか?という、役に立つ「意義」を見出したいのです。


▼太陽サインの活かしどころ:


そして、この左側の図版を眺め続けながら、妄想を膨らませて連想し続け、アタマに思い浮かんだのが、
右側の図版に書き込んだような事柄でした。

SG学習会でも熱弁したのですけども。時代に関わる上での「太陽サイン」のハマり所というのか、
いわゆる活かしどころです。水を得た魚になるための「立ち位置」です。

たとえば仮に、生まれたときの「太陽サイン」を、個々人の持つ「エネルギーの源、パワーソース」とか、
全体に対する個の立ち位置、貢献できる分野、才能とみなした場合にどうなるか。(ドリスペ風の解釈です)

#現状の過酷な状況を前に。誰が、どのようにして、全体に寄与し、貢献することができるのか。

例えば。管首相は天秤サイン太陽。今、管おろしで集中砲火を浴びていますが。

今、天秤太陽は土星通過中。このカーディナルクライマックスの一角を担うに
なんともふさわしい役まわりではないのか。シンクロしているのではないか。

確かに実力不足で。判断ミスも多いだろうし。けして上手く事態を担えているとは思えない。
それでも今は管さんは与えられた職務と責任を全うするしかないのだし。そういう時代にハマったのだから。

今の首相が管さんで。時代のアタリ役としてマッチしているのなら。ラジカルなのだから。
管さんの足りないところは周囲が補って。総力戦で一丸となって事に当たればいいのにと思うけど。

そうはいかないのがリアルな政治の大人の世界なのかと。それもわからないでもないのですが。


確かに双子サイン太陽からは、山羊サイン冥王星が150度でよく見えていないのかもしれない。
同様に水瓶サイン太陽からも、山羊サイン冥王星が 30度でよく見えていないのかもしれない。

だけど双子サイン太陽からは、牡羊サイン天王星は、60度でちゃんと見えているハズ。
同様に水瓶サイン太陽からも、牡羊サイン天王星は、60度でちゃんと見えているハズ。


ならば。天秤土星と牡羊天王星180度の難儀に手を貸して調停することだってできるハズなのに。
単なる管さんおろしの絶好の機会!とだけ思っているのなら困る。それでは国民が困る。


今は非常時で国難の時、日本の存亡の危機だというのに。足の引っ張り合いをしている場合ではない。
風サイン同士でさえ協力し合えないなら。何のための風GTか。日本に未来はあるのかと情けなく思う。


という話も、SG学習会でしゃべりました。


▼参議院行政監視委員会 2011.05.23.:


それに比べて。小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)です。

自分のやるべきことを真摯に誠実にやり続けてきた、個人的に今大注目の人物です。

小出先生は乙女サイン太陽。120度の位置から、山羊サイン冥王星の「過酷で破壊的な事象」の実情を、
クールに客観的に分析し、テレビ以外のメディアで、ラジオや動画のインタビューで。
明解な論旨で解説をし続けてくれています。3月以降、フル回転です。

ついに。5月23日に。参議院行政監視委員会にも参考人として出席し、4人の参考人の中で
トップバッターとして口火を切りました。

それがどれほどシビアで重い内容であっても。わかりやすい言葉でビシビシと解説されると、
さすがの自分も現状を直視せねば、アスペクトし続けなくてはという覚悟が生まれます。

余談。自分が小出先生をリスペクトする理由は。お話の内容はもちろんですが、常に忘れず、
過酷な現場の最前線で、放射線被曝を受けながら働く作業員の方達への配慮と敬意を語ることです。

そして、福島県の。故郷を追われるように避難せざるをえなかった人達への配慮も忘れずに。
その無念な思いを必ず語ることです。これはできそうでなかなかできることではない。

自分にわからないことはハッキリわからないと言う小出先生。カッコイイ。大人の男です。

同じく参考人として出席した孫正義氏。彼は獅子サイン太陽。牡羊天王星と天秤土星の180度ラインを
獅子サインの立場から照らしだし、それぞれのサインに対して120度と60度の位置からの調停を試み、
次の世代のエネルギー政策、将来へのvision、具体的な変革案をいくつも提示しています。


その他、後藤政志参考人(芝浦工業大学非常勤講師)、石橋克彦参考人(神戸大学名誉教授)の話と姿勢を
目にしていると。成熟した大人の日本人はいるのだと。日本はまだ大丈夫かもと思えてきて静かに感動。


もしかして全力で生きるというのはこういうことなのではないか。自分の役割、本分に徹することが、

結果的に「社会全体」に貢献することになるのではないか。それが今、必要で重要なことなのではないか。

自分の太陽サインは、全体の12分の1の、どの立場から、どんな貢献ができるのだろうか。



そんなことを考えさせられているうち、ハッと思ったのが、牡牛サインの位置でした。
直近の土星木星会合が2000年5月に生じた、牡牛サイン22度の度数です。(→個人的な要注目事項)

現状の山羊サイン冥王星が示すものを、牡牛サインもまた120度で照らしだしているように思えるのです。

逆にいうと、山羊冥王星と天秤土星と乙女サインが、牡牛サイン土星木星合が「意味する事象」を、
地GTの配置からスポットライトのように照らしだして、浮かびあがらせているように思えてきています。




■土星と木星の会合:「非正規の思考」&「アマチュア思想家宣言」 
2011.06.10.  




以下、脱線モードで。長い寄り道を。


▼自分のスタイルの確立:(天秤土星モード)


ここまで当ページの長考にお付き合いしてくださった方にはすでにおわかりのように。
古くはパソコン通信時代、最近ではMixi のコミュ、そして現在はここでというように。

自分はアタマに思い浮かぶ事柄が突如増大してパンパンにはちきれそうになる時がたまにあって。
そういう時、必死になってひたすらそれらを書き出します。で、書き出しながらさらに考え続けます。

手間ヒマかかる面倒くさい「考え方」ですが。こうやって考え続ける方法しか知りません。
こういう方法が性に合うので。今のところこのやり方を続けています。(大学は行ってません)

試行錯誤して。もがいて。時間をかけ続ける中で。書きながらひたすら考えているうちに、
「なるほど」という発見があり、自分の中でだんだんと「考え」のカタチが定まってきて。

いつしか着地点が遠くに見え始めてくる、という感覚です。

そういえば友人の影響で、2002年頃に、和服にハマった時もこんな感じでした。

着付け教室へ通うという発想は自分にはなく。当時流行したキモノの古着店を渡り歩いて
ともかく手当たり次第、古着の和服一式を買いそろえました。(驚くほど安いので)

運よく、自分の住いの近辺は、大昔は漁師町で花街も多かったせいなのか、
安い呉服屋さん、履物屋、老舗の悉皆屋さんが充実。環境抜群でした。

その時も。和装のいろはを母親に聞き、友人に教わり、着付け関係の本をひたすら読み。
ネットのブログ記事や着付けの方法の記事を検索してひたすら独学で自習。
試行錯誤の連続。帯の結び方ひとつにも四苦八苦をし続けました。

そうこうして試すうちに。キモノの柄とか色とかも自分の好みがわかってきて。
自分に似合う(と思われる)キモノの雰囲気も少しずつわかるようになりました。

ゴテゴテした柄は苦手。絹のお高いキモノは興味なく。着づらい紬もどうもイマひとつ。
シンプルであっさりした柄で、なによりも着やすくてカラダになじむ着物が好きです。

今も外出時はキモノで通しています。古着なら雨の日も気にしなくていいし。
汚してもジャブジャブ洗えるポリエステルのキモノも重宝しています。

で。9年ほどキモノ道楽を続けてきて痛感したことは。キモノを着ていると楽しくて嬉しい!
ということでした。重大な発見は、キモノを着ていると。カラダが喜ぶということでした。

カラダの使い方が洋服と全然違うのが驚き。で、和服の方がずっとラクに感じました。

意外だったことに。足袋も草履も。靴よりラクだということ。冬でも足元が暖かいし。
キモノを着る以前には考えられなかったことだらけ。体験して初めてわかる不思議な世界。

ものすごく手間ヒマかかって。時間もたっぷりとかかったけど。自分で考えて試してきた結果、
今や和装はお気に入りのスタイルです。達成感も納得感もあります。早い話が大好き♪です。

といったキモノ道楽と同様に。時間も手間ヒマもかかっても。自学自習でともかく
試行錯誤しまくるというのが、自分の学習の「スタイル」なのだと思えています。

ここでこうして。天体配置についてをえんえんと書きながら考え続けていることも。
なんというか。これも同じく自分の考え方の「スタイル」だと再認識をしています。


▼「アマチュア思想家宣言」(木星&水星、乙女&双子&射手サイン)


なんでこんな話を。脱線モードでここに書いているのかというと。


★ETV特集「暗黒のかなたの光明〜文明学者 梅棹忠夫がみた未来〜」


上記番組中で紹介された梅棹忠夫氏の言葉「アマチュア思想家宣言」にシビレたからです。


 思想はつかうべきものである 

 思想は西洋かぶれのプロ思想家の独占物ではないのであって

 アマチュアたる土民の だれかれの自由な使用にゆだねるべきである

 プロにまかせておけない アマチュア思想道を確立するべきである

 1954年「アマチュア思想家宣言」より



これが。先日の論壇時評の高橋源一郎氏の「非正規の思考」というタイトルと。
自分の中ではガチン!と一体化してしまいました。なるほど、と思った。

確かにこれは今という時代の特殊性にシンクロする言葉だと。自分もそう思ったからです。

天秤土星木星会合の幕開けの時代に。パソコン通信がスタートし、
さらにインターネットが拡大して、ブログが一般市民や個人の「言論」の場となり。

今やTwitterでは日々24時間、膨大な量の個人のつぶやきが放出され続けています。
これは言論&情報統制をされているお国を別とすれば。かつてなかった状況で。

一般市民が公に向かって声をあげるには。大昔なら瓦版?や街頭演説、ビラ配りとか、
新聞や雑誌の読者投稿欄とか。デモとか。ごくごく限られた手段しかありませんでした。

ここで。こうしてひっそりとであっても。自分も、アマチュア西洋占星術愛好家として。
自分なりの「非正規の思考」のスタイル確立を目指して「アマチュア思想家」道を進みたい。
そう思えてきました。気合が入ってきました。

「思想」は、西洋占星術でいうと射手サインや木星の管轄でしょうか。
「言論」なら天体は水星の管轄で。「メディア、情報」関連なら双子サインで。
「分析や解説」なら乙女サインの独壇場かな?とそんな連想も浮かびました。
(これらはどれもミュータブルサインがらみですね)


そして。ひさびさに思い出したのが、オリビア・バークレー女史の言葉でした。


 私たち自身の社会には、深い思索を行う時間がありません。

 私たちは浮世のビジネスの心配をしています。

 私は主張します。ゆとりのある心で熟考することで、創造的な思考が出現するのだと。

 音楽であれ、彫刻であれ、あるいは占星術であってもです。

 私たちが現在の状況を忘れられたら、 自分自身から時間のストレスやしめつけを外して、

 自分自身の心を、私たちの存在の奇跡的なリアリティと、天と地の上にとしっかりと据え付けて、

 洗濯や買い物や庭仕事を忘れられたら。その時、その時間の中で、

 私たちはより偉大な理解に接することでしょう。

 「Horary Astrology Rediscoverd」by OLIVIA BARCLAY 前書き部分:拙訳にて引用 



このオリビア・バークレー女史の言葉は「非正規の思想」&「アマチュア思想家」を目指す上で。
専門家やプロにだけではなく。アマチュアにも等しく大切な心得になる気がする。

この心構えを忘れず「自分のアタマで考える」。それが今いちばん大事ではないかと思います。


▼人間性は「顔」に出る  (テレビは怖い)


さらにさらに余談。

最近、つくづく。テレビは怖いなあと思う。人間の顔がどれほど饒舌かに気づいたからです。

大昔、お正月に実家の茶の間で見た田辺聖子へのインタビュー番組の中で。
田辺聖子が「ひと目見たら。どんな人間かなんてすぐわかる」と話すのを聞いた時は。
まだ若かったせいか、今ひとつ??ピンときませんでした。

自分には「人を見る眼がない」のかな?と。見ただけではわからないと思ってたんですが。
年をとるごとに。ちょっとずつ、わかるようになってまいりました。

傲慢な人は確かに傲慢な顔つきで。一目瞭然。いかにもな言動と振る舞いをしますからね。

今年の春以来、ずっとテレビに釘付けの状態で。テレビの報道番組や特番を見続けていたら。
眼力がついた訳でなくて。おそらく国難の大非常時の今。感性が尖ってきているせいか。

顔つきが物語る「人間性」や「品性」に、超ビンカンになってしまいました。

たとえば。管総理だとテレビ画面を見ていられて。話を聞くのもさほど苦ではないのですが。
現自民党総裁や原子力安全委員会委員長や東電会見だと。テレビを消したくなる。苦行苦痛。
(カダフィ大佐の演説放映もそりゃもう大苦痛&大ガマン大会で)

NHKのニュース番組のアナウンサーの話なら、ぜんぜん大丈夫なのですが。
民放の情報番組の語り口やナレーションは苦痛。テレビ消したくなります。

小出裕章先生や、福島第一原発の吉田所長のインタビューだと、モニタに釘付け。
食い入るように、一心に、見入ってしまいます。目が離せないというか。


そういえば、前述のオリビアのホラリー本の中でも確か、バーナード・ショーの言葉として
「顔を見てその人間がわからないなんてバカだ」という話があったような記憶が。

どのページか失念したので。ネットでバーナード・ショー語録を検索していたら、こんな格言を発見。


  人の心は顔に現われる。だからABCの読めない人でも、顔をみれば性格が読みとれるのだ。

  ―― トーマス・ブラウン ――
 



うー。そのものズバリですね。直球だ。


逆に言うと。だからこそ、どんな職業であれ。真にプロフェッショナルな人物は。
(もしくは大悪人であれば)「ポーカーフェイス」なのだなと納得。顔に出ないもの。


なぜゆえこんな話を書いているのかというと。顔を見れば「人間性」がわかるのと同様に。
文章だって読めばわかる。語り口を聞けばやはりすぐわかる。凡人ならなおのこと。

であれば。自分の「程度」なんてハタから見れば一目瞭然のハズで。気取っても仕方ないなと。
この未熟な現在のまま、堂々と語ればいいんだと、そう思えたということで。

早い話が。開き直った次第です。




■土星と木星の会合:まとめ10「福島第一原発事故から考えたこと」その5 
2011.06.11.  



本題に戻ります。


▼長期的な視点の必要性: 土星木星会合周期


SG学習会で、自分がいわんとしていたことを整理すると。
今回の事故のような過酷で決定的な大事故を考察する際は、

ピンポイントで当該事象の「年月日時」のイベントチャートを見たり。
直前の四季図や月相、東電の設立図との照合をするだけではなくて。

なるべく長いスパンでの歴史的な背景も参照する必要があるのではないか。

まるでホラ話のように大風呂敷を広げて。広げた風呂敷を少しずつ折りたたんでいくように、
だんだん「今とここ」に焦点を絞っていくことで、


#目の前の「今とここ」で起きている事象が示す意味を、

#より良く読み解くことが可能になるのではないか。



そして「ここから先」の展望を、今後向かうべき将来のより良い道筋を
選択していくことが可能となるのではないか。

土星木星の会合周期は、「長期的な視点」から展望を見い出す手段として、
有効な参照基準のひとつになるのではないか。


今回の原発事故が発生した「現在」という時期は、
「地のサインから風のサインへの土星木星会合周期」の移行期にあたる。



これを前提に考えることで、何が見えてくるか。

「地のサイン土星木星会合周期」のスタート時期に何が起きていたかというと。

★天文学:「天王星、海王星、冥王星」天体の発見。
          ↓
★物理学:「ウラニウム、ネプツニウム、プルトニウム」放射性物質の発見。
          ↓
★現代占星術:「天王星、海王星、冥王星」サイン支配星への導入。


上記の事柄が、今回の事象を読み解く「カギ」になるのではないか。

それを自分はずっと考え続けています。


▼天王星と冥王星の90度のアスペクト:


トランスサタニアンの3天体のうち、最後に1930年に発見されたのが冥王星で。

時期表データを参照すると、冥王星の発見の直後、土星との180度を経て、
天王星と冥王星の90度アスペクトが生じました。

世界恐慌の時期で。日本では「満州事変〜満州国建国」の動乱期でしたが。

#ここでは、冥王星が蟹サイン、天王星が現在と同じ牡羊サインであることに注目。

アタマの中で渦巻く連想を整理して図版にしてみると。

現在、天王星は黄道をひとまわりして、牡羊サインに回帰していて。
その間に冥王星は黄道を半分進んで、発見当時と反対の山羊サインに到達。

「カーディナル・クライマックス」の一翼を担う「天王星と冥王星」は、
80年前と現在ではまるで「鏡像」のような位置関係になります。

天王星の公転周期はおよそ84年。その半分の40年前に、
福島第一原発1号機は運転開始していました。
そしてなぜか。自分のアタマの中では。

上記の「天王星と冥王星の90度」の図版のウラガワに「地のサインのGT」が
3D画面のように浮き出して見えてくるのです。

「地のサイン土星木星会合周期」スタートの後の、日本の2枚の建国図を見比べると。

#帝国憲法図は牡牛サインASC、終戦後の日本国憲法図は山羊サインASC。
#日本が「地のサイン土星木星会合周期」の申し子のように見えてきてしまうのです。



当ページでは「地のサイン土星木星会合周期」の特徴を、


★以下の牡羊と乙女の「火のサインから地のサインへの移行期」を経て、

1802年07月18日07時34分 土星Dと木星D(乙女05度)合
            ↓
1821年06月20日01時52分 土星Dと木星D(牡羊24度)合



★以下の「山羊サイン土星木星合」から始まって「山羊サイン土星木星合」で終わる
 ひと続きのサイクルとみなしています。

1842年01月26日14時54分 土星Dと木星D(山羊08度)合
            ↓
1961年02月19日08時44分 土星Dと木星D(山羊25度)合


★そして現在を約40年間にわたる「地のサインから風のサインへの移行期」だとみなすなら。

1981年01月01日05時56分 土星木星合(天秤09度)
1981年03月05日04時37分 土星木星合(天秤08度)
1981年07月24日12時53分 土星木星合(天秤04度)
            ↓
2000年05月29日00時44分 土星木星合(牡牛22度)
            ↓
2020年12月22日03時02分 土星木星合(水瓶00度)



自分には、先に掲載した図版が、

「地のサイン土星木星会合周期」の「反省&清算」を、「総仕上げ」を、
ひとつの周期の「完了」を催促する「督促状」のように見えてくるのです。




■土星と木星の会合:村上春樹氏「バルセロナ・スピーチ」 
2011.06.11.  




天王星と冥王星。トランスサタニアンが象徴する「想定外の事象」が、
「日常性の枠を越えた世界」から、何を語りかけてくるのか。

今、ここで「日常の生活」の中で。その声をどう受け止め、
これから先、どんな心構えで、どう生きていけばよいのか。


ここでやはり。2011年06月09日の、村上春樹氏のスペイン、バルセロナで行われた
カタルーニャ国際賞授賞式でのスピーチの言葉を引用しておかねば。

何度でも読み返せるよう、この言葉を。ここにMEMOしておかねばです。


 「非現実的な夢想家として」


  我々は夢を見ることを恐れてはなりません。

  我々は新しい倫理や規範と、新しい言葉とを連結させなくてはなりません。

  そして生き生きとした新しい物語を、そこに芽生えさせ、立ち上げてなくてはなりません。

  それは我々が共有できる物語であるはずです。



村上春樹氏の上記スピーチ。動画を見ていると。やはりグッときてしまう。
氏の言葉には力がある。胸にせまりくるモノがある。真摯な思いが伝わってくる。


今こそ。新しい物語を創造するべき時か。そうだ。確かにそうでなくっては、
今という時代にめぐり合わせて、生きている意味がないのです。


▼牡牛サイン土星木星合: 2度の核による災禍


わが国での2度にわたる「核」による災禍。
1度目が原子爆弾であり、2度目が今回の原発事故。

どちらも「牡牛サイン土星木星会合」のサイクルに発生をしています。


1781年03月13日00時00分 天王星発見(双子24度)

1802年07月18日07時34分 土星木星合(乙女05度)
1821年06月20日01時52分 土星木星合(牡羊24度)

1842年01月26日14時54分 土星木星合(山羊08度)
1846年09月23日00時00分 海王星発見(水瓶25度)
1861年10月21日21時09分 土星木星合(乙女18度)
1868年01月25日00時00分 ★明治元年(旧暦)★
1881年04月18日22時19分 土星木星合(牡牛01度)
1889年02月11日10時40分 ★大日本帝国憲法発布★
1901年11月29日01時10分 土星木星合(山羊14度)
1921年09月10日13時00分 土星木星合(乙女26度)
1930年02月18日00時00分 冥王星発見(蟹  17度)
1940年08月08日09時56分 土星木星合(牡牛14度)
1940年10月20日14時08分 土星木星合(牡牛12度)
1941年02月15日15時11分 土星木星合(牡牛09度)

1946年11月03日11時00分 ★日本国憲法公布記念式典★
1961年02月19日08時44分 土星木星合(山羊25度)

1981年01月01日05時56分 土星木星合(天秤09度)
1981年03月05日04時37分 土星木星合(天秤08度)
1981年07月24日12時53分 土星木星合(天秤04度)

2000年05月29日00時44分 土星木星合(牡牛22度)
2006年08月24日22時30分 冥王星惑星降格(射手24度)

2020年12月22日03時02分 土星木星合(水瓶00度)


どのような物語を。ここから新しく生み出すことができるか。
時間をかけて熟考して。拙くても、自分なりの言葉にしていきたいです。




■土星と木星の会合:まとめ11「福島第一原発事故から考えたこと」その6 
2011.06.16.  



▼皆既月食: 民意は果たして届くのか


本日朝は皆既月食でした。グーグルの検索窓の上のアイコンが面白かったです。
こういう小さな工夫っていいですね。和みました。

6月と7月の新月&満月図を見ていると、胸が高まります。
6月の新月&満月図はASCが蟹で同じ度数。

今日の皆既月食図では、ASC蟹ドミサイル・ルーラー月は射手ノースノードと合。
ASC蟹エグザルト・ルーラー木星は牡牛、60度でASC蟹をレセプションで受け止めてる。

牡牛木星と射手月は、品位混合のミューチュアル・レセプション。
本来アスペクト不能な150度サイン間で交流している。

来月の新月図でも、ASC射手のドミサイル・ルーラー木星は牡牛で、
蟹月と60度で品位混合のミューチュアル・レセプション。

射手ASCから見て、蟹も牡牛も150度で。本来ならアスペクト不能なサイン位置で。
ミューチュアル・レセプションが。民意の助けになるかと祈るような気持ちです。

高まりつつある民意を、政治家はちゃんと受け止めることができるのだろうか。
今はホント。チャンスなのかも知れない。がんばる甲斐があるのではないだろうか。

★6.11脱原発100万人アクション 飯田哲也氏のコメント :


これを見ちゃうと。手に汗握る。踏ん張れ管総理。辞めさせられる前に粘るだけ粘れ。
思う存分に気がすむまでやりきってほしいです。(再生エネルギー促進法案の成立を!)

新月&満月図につい真剣に見入ってしまう。図版をUPしてあれこれ書きたいのですが。
長くなりそうで。ぐぐっとガマンです。


▼「原発のウソ」: 書店の店頭に復帰


昨夜、やっと小出裕章氏の「原発のウソ」(扶桑社新書)を読了。

出遅れた自分は、ご近所の書店も出先の書店でも品切れで読みそびれていて。
昨日やっとご近所の書店でGET。奥付みたら「6月1日初版第一刷、6月20日第三刷」。

ほんとに売れてるんだと実感。小出先生ファンとしては嬉しい限り。

わかりすい内容でした。これなら、中学生や高校生でも十分理解できるハズ。
こういう本があることで。どれだけの人の助けになるかと思うと。感無量。

考えてみると今は本当に良い時代だ。ネット記事やブログやTwitterや動画配信という
ネット経由のニュースソースが無かったら?と考えると滝のような冷汗が。

小出裕章氏や飯田哲也氏の存在を知ることもできたし。原発の成り立ちも仕組みも、
これまでの経過ももんじゅの事故のことも。パソコンの無い時代の自分であれば、
間違いなく。何にも知らないままでのん気に過ごしていたハズ。

ネット情報は玉石大混合。誹謗中傷もデマもバンバン飛びかうけれど。
必要な情報を探すのに今は手間ヒマを惜しんでいられません。
こちらのリテラシーをUPさせて取捨選択していくしかありません。

今さらながら。インターネット&動画配信の時代の恩恵。ありがたみを再確認する日々。
私的な時間を割き、質の高い情報の提供を続けている多くの人達のご努力に心より感謝です。

と。前置きばかりが長くなり。毎度のことながら申し訳ないです。


▼2013年7月26日: ドリームスペルのゴール


で。次にどの話を書こうかと悩んだのですが。少し先にスキップして。2年後の夏の話から。


★2012年冬至は、マヤ暦通に名高い日付で、5125年周期の長期暦の区切りです。

★2013年は、「ドリームスペル」のゲームのゴールの年です。



自分の場合。前者のマヤ文明やマヤ暦への興味はなく、主な関心と興味は、
後者の「ドリームスペル」のゲームの方にあります。

ボードゲームという形式で「時間の周期」とか「時間の構造や仕組み」を表現しようという
「ドリームスペル」の大胆な発想と試みを知った時。

正直、世の中にこんな面白いものがあったのかと驚きました。ハマりました。

民族的なマヤ暦に、長短さまざまなスパンのカレンダー周期があるのと同様に、
「ドリームスペル」のカレンダーにも「4日周期」から「2万6千年」周期まで、
長短さまざまな周期があります。

長さの異なる各種の周期が歯車のように組み合わさってダイナミックに日々の時を刻んでいくという、
ドリスペカレンダーの持つ構造の複雑怪奇な面白さ&妙に、自分はノックアウト。夢中になりました。

「ドリームスペル」のボードゲームは設定されたゴール「2013時間船地球の出航」を目指して、
プレイヤーであるドリームスペラーが協力し、日々「四次元の時間」の暗号解読に奮闘するという。

なんとも変てこなゲームです。このゲームのミソは、ゴールの日付だけが決まっていて。
遊び方には決まったルールが無く。プレイヤー自身が遊び方を考えるという点でしょうか。

★参照:13の月の暦&ドリームスペル関連用語集:改訂版


ドリームスペラーを目指すべく。日々の日常でカレンダーとして使いたいと考えて
1996年頃だったか、「ドリームスペル」を基とする「13の月の暦」を製作しました。

カレンダーを販売していた7年の間、何百回も繰り返し受け続けた質問があります。
それは「2013年にマヤの暦が終わったらどうなるんですか?」という質問でした。

同様の質問を受けるたび、何度も繰り返し、同じ言葉を答え続けました。
「また新しい次の5125年の周期が始まります」。


カレンダー・ラウンドというものは、そういうものですからね。

例えば「還暦」を迎えたら、次の新たな60年周期が始まるということで。

ひとつの周期の終了が「人類の滅亡」とか「アース・アセンション」という物語に
すり替わってしまうというのが、自分には理解できず。困惑しました。

どうして。新しい周期がスタートしてはいけないのか?何がマズイのか?
どうして。「人類の滅亡」と結び付けねばならないのか?理解に苦しみます。

時間のサイクル自体には「人類を滅亡」させる力も「予言」の力もないです。
天体のアスペクトに「害を及ぼす力がある」と曲解するようなものです。

事故や天災が生じた際、周期のせいや天体配置のせいにすることはできません。

周期や天体配置から読み取ることができるのは、ほんの少しの「ヒント」だけ。
それを基にどう行動するか。どの周期にどのように同期して行動するか?が大事な訳で。

この辺りのことは説明しづらく。人によって認識の違いが千差万別。微妙で計りがたく。
前記の質問への応対や説明に難儀しました。

思うところがあって。Stargazer占星暦の制作開始と前後する時期に、
「13の月の暦」のカレンダー制作&販売は終了をしましたが。

ドリスペ熱は醒めません。今も手作りの「13の月の暦」を愛用しています。


前置きが長くなりました。仕切り直しをして本題の続きをと思います。




■土星と木星の会合:まとめ12「福島第一原発事故から考えたこと」その7 
2011.06.17.  



▼2013年7月: 水のグランド・トライン再考 その1


「山羊サイン冥王星イングレス」や「土星天王星の180度」をきっかけとなった長考は、
いつしか「土星木星会合周期」の「地のサインから風サイン」への移行期の特異性に行き着いて。

複数の天体周期の重なりが示す現在という時期の重要性に目が向いた矢先の春。
東日本大震災と原発事故が。

事のあまりの大きさにしばらくの間。呆然としていた自分も。少しずつ落ち着いてきて。
再考モードに戻ることができました。

そして、「カーディナル・クライマックス」の天体配置の活動サインTスクエアの空きスペースが、
冥王星が発見された当時の蟹サインであることに、あらためて気づきました。

そしてまた「カーディナル・クライマックス」の本番ど真ん中の時期である、
2013年7月に、水サインでのグランド・トラインの配置となることにも気がついて。


「ドリームスペル」のゴールの日付がここに重なり合うというシンクロ度の妙に、
腕組みして。唸らずにはいられません。


上記図版では「(冷温停止の目処となるか?)」と記入してありますが。これは、

図版を作成した時はまだ、福島第一原発の1号〜3号機の格納容器は無事で。
冷却装置も場合によっては機能するのでは?と楽観的に考えていたからです。

しかし小出裕章氏の「原発のウソ」の本や 昨日のテレビ番組のインタビュー動画を見ると。

「メルトダウン」どころか「メルトスルー」も進行度合いが激しく。
すでに水棺も冷温停止も望めないキビシイ現状であるとわかって。

福島の避難した人達が。故郷に戻れる日が一体何十年後になるのか。
それまでにどれだけの労力がかかるのか。それを思うと涙が出てくる。

そういう現状を知った後、あらためてこの図を見直すと。
目の前の現実の過酷さに胸が切なく痛くなる。

でもひるみません。粘って考え続けます。


▼西洋占星術と「ドリームスペル」


#本来。西洋占星術と「ドリームスペル」は別物。混ぜ込むのはNGだと承知はしているのですが。

#「ドリームスペル」は共有可能な前提情報が世間に出まわっておらず。それが悩ましいのですが。



それも承知の上で。ドリームスペラーとしての自分はこの観点にも立たねばいられず。
ここから、どんな意味をくみ出すことができるのか。考えずにはいられず。

ここは自分のMEMOページなので。邪道モード全開。開き直ってこのまま進めます。

「ドリームスペル」の背景のSFチックな物語において「土星と木星」は悪役を割り振られています。

「記憶ウィルス」に感染し「12:60」の計時周波数に囚われてしまった天体という設定で、
「時間の盗賊」「搾取者」として描かれています。(エンデ「モモ」の灰色の男たちの役まわり)

例えていうと、現況の政界や電事連等に象徴されるネガティブな面を誇張して体現したような
そんなイメージです。詳細を大幅に割愛し、さらに話を進めると。

#「ドリームスペル」は「記憶ウィルス」のワクチンとして開発されたゲーム。

#自分の解釈ではウィルス解毒の特効薬とは、すなわち「自分のアタマで考えること」。



付け加えていうなら。「ドリームスペル」の物語の舞台は太陽系内の天体の軌道。
「天王星」はその中でも特に重要な天体軌道として扱われています。

いわく、乗っ取られた「土星木星連合」軌道と、すでに破壊された「(マルデク)&火星」軌道を迂回し、
地球との間を「トンネル」で直結する天体として描かれていたのを。今、思い出しました。

「ドリームスペル」の物語での天王星は。カギとなる天体でした。


そういったことを思い出しつつ。この図版を眺めていると。アタマが沸騰し始めます。


ここで仮に。ドリスペの大団円となるべき目指すゴール「2013年時間船地球出航」の日付を
「13の月の暦」の「黄色い銀河の種の年」元年(西暦2013年07月26日)とみなすと。

この図版が示す節目&区切り、そこにはやはり何かがあると思えてきます。


▼2013年から2020年への道のり


西洋占星術の各種の天体配置や周期を参考にする利点は、物事の進行や行程の遂行状況を
事前にある程度予測可能で、物事の進行の区切りや目処をつけやすくなることです。

「地のサインから風のサインへ」の「土星木星会合周期の移行」とは、もしかしてドリスペの物語での
悪役「土星木星連合」の「記憶ウィルス」のワクチン接種の最後のチャンスなのでは?と思えてきて。

メリマン氏の示したタイムスケジュールも、文字通りの「クライマックス」の時期なのではないか。

ドリスペでの「記憶ウィルス」のワクチン接種完了!というゲームのゴールへの山場を、
現実の福島原発事故収束に至る行程と同期させることはできないだろうか。

ドリスペ風に言葉を変えていうと。乗っ取られた「土星木星連合」の治癒、再生。
「12:60」という用語の比喩で語られる「時は金なり」式金権主義のエゴイズムの解体。

今が「土星木星連合」をあるべき本来の姿に戻す絶好の機会なのではないか。

西洋占星術で言うと。来るべき「風サイン土星木星会合」の新しい周期のスタートに向けて。
「地のサイン土星木星会合」時代の清算をして、社会システムの抜本的な「再建」の機会と
みなすこともできるのではないか。

というか。時、今ここに至って。そういう道筋以外の選択肢はないのではないか。

「原発事故の収束」だけでなく。事故のウラガワに潜む根本的な要因。旧来の「原発推進」という
一部の政治家や経済人の過去の妄執から抜け出るタイムリミットをこの時期と定めるなら。

あと2年。時間はあるようでいて。そんなに余裕はないと思えてきます。


ここで。妄想モードが許されるなら。自分の目に映るものは何かというと。


乙女サインの上でマイケル・ジャクソンが「THIS IS IT!」とささやく姿であり。

天秤サインの上でジョン・レノンが「イマジン」を歌う姿であり。

牡羊サインの上で忌野清志郎が「サマータイムブルース」を歌う姿です。



2011年から2013年を経て。2020年へと進む道筋を、彼らが沿道で応援してくれているという。
そんなマンガチックな幻像です。

たとえ。福島第一原発の事故の収束には長い時間がかかるとしても。
この時期を逃してはならない気がする。建設的な「転換点」にしなくては。

それこそ「非現実的な夢想」ですが。この図版を見ていると。そういう想いがこみ上げてきます。

そうでなくては、事故発生後。全電源喪失の衝撃の中で。固定電話も携帯電話も不通の中で。
照明も空調も機能せず寒くて暗い中で。高線量被曝という最悪で過酷な状況下で
懐中電灯片手に必死に働いた福島第一原発の現場の人達に対してあまりに申し訳がたたない。

故郷から突然追い立てられるように避難をせねばならなかった福島の人達に対して。
あまりに申し訳がなさすぎる。無念さに報いることができない。

そして福島第一原発事故さえなければ。もっと早く復興が進行したであろうに。
いまだに遅々として進まず。忍耐を強いられている被災者の人達に対して。
被災した各自治体の人達の。日夜の懸命な復興努力に対して申し訳なさすぎる。


この2013年の、この時期を目処に。今までの間違いを反省して清算をして。
責任をとって。区切りをつけて。新しい方向へ舵を取って進み出さねばで。


2013年を区切りに。それまでにマインドセットを一新させて。

2015年までの「峠」を越えて、残り5年をかけて「地のサイン時代」を「完了」させて。

2020年以降の「風サイン土星木星会合サイクル」の始まりに同期しなくては。



その後、長い時間をかけて。福島の地を再び蘇らせ、復興させていくのだから。
今から10年がかりで。エネルギーシフトの具体的な準備を始めなくては間に合わない。

この期に及んでの今さらの「原発推進」という時代遅れの世迷い言はいい加減に撤回して欲しい。
後ろ向きな政治家さん達にこそ。自分が「裸の王様」であることを自覚して欲しい。
国民をみくびるのは、ほんっとにもう、ここでスッパリやめていただきたい。


図版を見ながら。そんなことばかりをぐるぐると考え続けています。
日本の未来。世界の未来。地球の未来。ここまで真剣に考えるのは初めてです。

考えることなら。今ここでだってできる。いつでもできる。自分にもできる。
ずっとずっと考え続けていたいです。




■土星と木星の会合:まとめ13「福島第一原発事故から考えたこと」その8 
2011.06.21.  



今一番夢中で食いついて視聴しているドラマが「仁」です。手に汗にぎる展開。

そのストーリーもさることながら。役者さんの演技がみんな凄くて。感動。
役者さんひとりひとりの気合の入り方がハンパでなくて。鳥肌で。毎回号泣です。。

来週ついに最終回。どうなるー?と、今からもうドキドキです。。。

で。話変わって。明日は夏至。早いです。あっという間です。

で。さきほど今年の春分図と夏至図をと見直したら、どちらもASC牡牛で24度。
ちょっと驚きました。

すぐに昨年の四季図も確認。秋分図をのぞく3枚ともがASC山羊で。
そのうち春分図のASC山羊が22度だったとは。うかつでした。気づいていませんでした。

忘れないよう、ここにMEMOです。


▼2013年7月: 水のグランド・トライン再考 その2


前回は脱線モード全開で止まらなくなり。肝心のチャートの話を書き出しそびれました。
個人的な注目ポイントだけでも。書きとめておこうと思います。

通常、チャート解読の基本は「時と場所」の確定が必要ですが。ここでは邪道モードで。
「ハウス」を無視して、天体配置のみで考えます。


この図を見ていると。牡羊天王星と山羊冥王星の90度という「想定外の非日常的な事態」に対して。
まず天秤土星(と牡羊木星)が。次に蟹木星という順でTスクエアの一角に関わることがわかります。



現在から2013年に向けて。自分が特に注目しているのは、
現在とそして2013年夏以降の土星と木星の「天体の品位」と「レセプション」です。

現在の天秤土星の品位は「エグザルテーション」。土星のパワーが急激UPしていると
みなすことができます。

解釈はさまざま可能で。それを考え出すと止まらなくなります。

土星が山羊サインのドミサイル・ルーラーであり。現在の山羊冥王星と90度で
レセプションのアスペクトの配置になっていることを思い合わせると。

土星の象意を「制限、節制、我慢、忍耐、諦観」の言葉に置き換えて考えるなら。
「知足、節度」を重んじることで。優先することで。(エグザルトすることで)

経済成長という共同幻想を「諦める」ことができるかどうか。

もしくは土星を「減退、減少、凍結、停止、断念」の言葉に置き換えて考えて。
現在の喫緊の問題「原発の休止、停止、減少、廃炉」を選択できるかどうか。

国民の同意を得て、一気呵成に徹底的に「原発推進路線」の夢想を断念できるかどうか。

天秤土星の象意が、山羊冥王星の過酷事故を収束に向かわせるための「カギ」になるのではないか。
こういった解釈も可能なのではないか?もし可能であるなら。急ぐ必要があるのです。

自分の解釈では「エグザルテーション」は一過性の状態でしかなく。
高く放り上げられたものがいずれ「フォール」して落ちるのと同様に。

盛り上がった「コウフン」は永久には続かず。いつしか醒めるものだからです。
鉄をアツいうちに打たねばならないのは、ノド元過ぎればアツさを忘れるからです。

ドイツやイタリアのように。一気呵成に。とことん。全面的に停止を。順次廃炉を。
そういう選択を。今、日本でも実行可能なのかどうか。この問いが。現在の状況での、
「天秤土星の山羊冥王星90度レセプション」の最適解への道筋なのではないか。


しかし土星には「遅延」の意味もあるので。それが悩ましいです。

現在の管総理の「退陣時期の遅延」という側面で象意の同期をさせてしまっては。
もったいないからです。(これが。深遠なマヌーバであることをひたすら祈るのみ)

同様に。2013年夏以降。蟹サイン木星も品位は「エグザルテーション」。
木星のパワーも、1年間だけ増大する時期。これもチャンス。

同じく。さまざまな文脈において、さまざまな解釈が可能かと思うのですが。

仮に。木星を「安全、保護、安心」の象徴だとすると。魚海王星を120度でレセプションで。
目に見えない「放射線」の脅威を蟹木星が受け止めて一気呵成に好転させる機会になるかどうか。

蟹木星が責任を持って対処が可能なのは「魚海王星」に対してだけ。
蟹木星は山羊冥王星との180度には太刀打ちできません。(山羊サインで木星はデトリメント)
山羊冥王星に対しては、蠍土星が60度レセプションで担当をせねばなりません。

しかし60度アスペクトの効力は弱く。土星と木星と海王星の水GTもほんの1年限りのこと。
あっという間。実行には今から準備も計画も必要で。寄り道している時間はない。急がねばです。


例えば、原発の停止や廃炉なら。天秤土星の時期に一気呵成にどこまで推し進められるか。
例えば、福島第一での事故なら。石棺。地下のメルトスルーの封じ込め。地下ダム建設。
使用済み核燃料棒プールの冷温停止。

2013年7月を一定の目処や区切りとするならば。一刻も早く具体的に計画を進行させねば。
経験豊富な作業員から順に次々と被曝線量を超えて、深刻な人員不足が発生してしまう。

じれったい。でも焦ったらダメだ。ゆっくり慎重に急いで〜!と祈らずにいられません。

以下のこの10年間の時期表の、タイムスケジュールを眺めていると。

現在という時間を有効に使うには。やはりオールジャパンで。有能な人材総動員で。
震災復興と同じかそれ以上の比重で。なりふりかまわず事にあたる必要があるハズなのに。

政府は。政治家は。官僚は。どうして必死に問題から目をそらし続けようとしているのか。
そのアバージョンな態度が奇異に思えて。不思議でたまらず。その謎を解きたくて。

自分は今、ずっとそのことをもんもんと考え続けています。


2010年05月23日14時40分 土星R(乙女27度)と木星D(魚  27度)180度 ○
2010年08月17日05時48分 土星D(天秤02度)と木星R(牡羊02度)180度 ○
2011年03月29日06時53分 土星R(天秤14度)と木星D(牡羊14度)180度 ○

2012年06月24日17時16分 冥王星R(山羊08度)と天王星D(牡羊08度)90度 □
2012年09月19日15時57分 冥王星D(山羊06度)と天王星R(牡羊06度)90度 □

2013年05月21日07時21分 冥王星R(山羊11度)と天王星D(牡羊11度)90度 □
2013年11月01日20時16分 冥王星D(山羊09度)と天王星R(牡羊09度)90度 □
2014年04月22日03時33分 冥王星R(山羊13度)と天王星D(牡羊13度)90度 □
2014年12月15日15時21分 冥王星D(山羊12度)と天王星R(牡羊12度)90度 □
2015年03月17日10時39分 冥王星D(山羊15度)と天王星D(牡羊15度)90度 □


2020年01月13日01時24分 土星D☆と冥王星D(山羊22度) 合 ●☆
2020年04月05日11時14分 木星D★と冥王星D(山羊24度) 合 ●
2020年06月30日15時29分 木星R★と冥王星R(山羊24度) 合 ●
2020年11月13日06時13分 木星D★と冥王星D(山羊22度) 合 ●

2020年12月22日03時21分 土星D☆と木星D  (水瓶00度) 合 ●☆


もう少し続きます。




■土星と木星の会合:まとめ14「福島第一原発事故から考えたこと」その9 
2011.06.23.  



もんじゅの引き抜き作業。いよいよ開始でしょうか。今日かな。ドキドキです。


図版を作成しトランジット天体の配置や動きを見ていると。象徴解釈の妙を再認識させられます。
同じチャートを眺めながらも。さまざまな解釈が、次々に思い浮かんでくるからです。

本来なら。たったひとつの「解釈、答え」だけが良しとされるのでしょうね。

時を場所を確定すれば。天体は「ハウスルーラー」としての限定した役割が与えられます。
問いをたてれば。それにそったチャート解釈の作業がスタートします。

ホラリーに限らず「時と場所」の確定と「明確な質問」が、チャート解釈のカナメとなります。

時と場所が正確であればあるほど、当該チャートの信頼性がUPしますし、
質問が明確であればあるほど、チャートからの「答え」も明快となることでしょう。

しかしここでは、時と場所を限定せず、おおざっぱな天体配置の流れのみを追いかけています。

テーマとして「福島第一原発事故」を対象としてはいますが
「原因究明」や「収束時期」という具体的な答えを求めている訳ではありません。

天体を特定のハウスルーラーとして用いず、具体的な問いもたてず。
天体の象意のみでさまざまな解釈をあれこれ試みている意図は、

この「事故」から、なんらかの有効な意義を見出したいと願っているからです。

たったひとつの限定した解釈や答えではなく。さまざまな可能性を考慮して、
数ある選択肢の中から、自分にとって役に立つ意義を見出したいのです。

まだ粘って。もう少し、思い浮かんだことを書きとめていきます。


▼2013年7月: 水のグランド・トライン再考 その3


土星と木星の会合。過去の会合周期を見直してみると。
土星と木星180度を境にして、時代の様相が転換し始めるのがわかります。

メリマン氏の指摘にならって、土星木星合から土星木星180度までの前半を「拡大、発展」の時期に、
土星木星180度から次の土星木星合までの後半を「縮小、衰退」の時期とみなすなら。

現在は「地のサインから風のサイン」へという「土星木星会合周期」の移行期の最終段階であると同時に、
「天秤土星と牡羊木星180度」から次の「水瓶土星木星合」へ向かう「縮小、衰退」の時期でもあります。

これを。アタマの片隅においておかねばだなと思っています。



しぶとく。天秤土星エグザルテーションの解釈から話を続けます。
ディグニティ解釈の妙は、「文脈」により、さまざまな具体的な意味づけができることです。

そもそもの天秤土星エグザルテーションの原義は、秋分の日を境にして「太陽」の日照時間が
減少するということから発しているのだそうです。

秋分を境に「だんだん暗い時間が増加していく=土星(暗さの象徴)が高揚する」という意味づけで、
土星が天秤でエグザルテーションとされたとのこと。(逆に春分では「だんだん明るい時間が増加する」
ので太陽がエグザルテーションとなる)


で。それはそれとして。例えばここで「エグザルテーション」の意味を
「過大評価、過信、思いあがり」と拡大解釈すると、どうなるか


土星を「制限、コントロール」の意味で考えると。「土星(コントロール)冥王星(原子力)90度」は、
「原子力発電をコントロールできる」という「過信、思いあがり」の崩壊とも読めてくるのです。

牡羊天王星(突然の想定外の事故)によって、天秤土星が180度で直面させられているのは。
「原子力発電をコントロールできる」という「過信」そのものなのではないか。

同時に、牡羊天王星と牡羊木星との合、牡羊木星と山羊冥王星90度は「安全神話」の突然の崩壊を
示しているのではないか。

しかし。木星が6月4日から牡牛に移動して山羊冥王星と120度サインにイングレスすると同時期に、
根拠もなく「原発の安全は確認されました」「再稼動のご理解を」というキャンペーンが開始。

120度アスペクトを「拡大」の意味と解釈すると。木星にとって山羊は「フォール」となるサインなので。
数ある120度アスペクトの組み合わせの中でもあまり良い効果は望めない状況です。

「フォール」を「過小評価」と解釈するなら、牡牛木星は山羊サインに対しては分の悪い位置です。
ディグニティが「フォール」となるサインに入っている天体を「レシーブ」できないからです。

現状の牡牛木星と山羊冥王星は。「木星=安全」が「冥王星=過酷事故」から
「フォール=過小評価」されて「120度=拡大」しつつある状況なのではないか。

これって「原発は安全です」キャンペーンの「再稼動」に同期してはいないか。

次の双子木星では、木星の品位はデトリメント。山羊冥王星とは150度。この時期にはもうさすがに
「原発は安全です」などという戯言には誰も耳を貸さないという。そういう状況になっていてほしいです。

2012年10月、土星は蠍にイングレス。天秤土星エグザルテーションの時期は終わります。
山羊冥王星とは60度。そして2013年夏。蟹木星エグザルテーション。山羊冥王星とは180度。
いよいよ水GTの始動。ここが分かれ目だとやはりそう思う。



蟹木星エグザルテーションをここでも「過大評価、過信、思いあがり」と解釈するなら。
山羊冥王星と180度で直面する蟹木星。根拠のない「安全神話」を徹底的に打ち壊して建て直す。
その正念場の目処と考えたいのです。そしてなおかつその後に、

エグザルテーション蟹木星の天体の「善き側面を急激UPさせて、真の「安全、安心」のために、
木星機能を全面的に「再生」し「刷新」する目処にせねばと思えるのです。



現在の政治は相変わらずで。テレビのニュースを見ていると、やはり時間はそれなりにかかる気がする。

この3か月、自分自身は膨大なネット記事を読み、動画配信を山ほど見て、関連本を読んで。
やっと少しだけ「原発推進の歴史、仕組みや内情」も理解できるようになってきたのですが。

世の中というか世間で、日常的にネットやTwitterや動画配信の情報にアクセスしている人間が。
一体どれほどいるのでしょうか。

その中で「原発関連」の情報を、労を厭わずに読み込んでいる人達は、どれほどいるのでしょうか。
思う以上に、数は少ないのではないかと感じています。

大多数の国民は、テレビや新聞、雑誌の情報しか触れていないハズ。特に年配の人達だと
パソコンや携帯を常用しない人達の方が圧倒的に多いハズ。まして、テレビや新聞の記事さえも
まったく見ず、読まない人達も多いハズ。原発には無関心で興味のない人達も多いハズ。

今、日本国民で。どれだけの人が、程度の差はあれ「原発問題」に関心を寄せているのかなと思う。

パソコンを常用していて情報収集能力があっても。多忙な人は時間をそうはさけないハズ。
人によって得ている情報の量。質。その格差はたいへんに大きいのではないか。

それを思うと。たいへん残念ですが。現実はキビシイのかもで。

まだまだ。原発がなくなったら電気が足りなくなると思いこんでいる人が多いハズ。
原発をすべて停止したら。当面の夏場さえ乗り切れないと思いこんでいる人が多いハズ。

電気使用量のピーク時間だけ。火力発電を増量すればよいとか。夜に節電する必要はないとか。
一般家庭で過剰な節電をする必要はないと。なぜマスコミで報道をしないのかが不思議。

だからこそというか。今「原発推進」のための「原発は安全です」キャンペーンが必死に再稼動して
いるのもわかる気がする。国民がまだあんまり良くわかっていない今が。最後のチャンスだから。


でも。国民をなめてほしくない。見くびらないでほしい。遅かれ早かれ、情報は行き渡るのだから。
隠していたことも。どんどん日を追うごとに露わになってきているし。いつまでも隠し通せません。

何も知らない無知無教養な自分でさえ、現に、この3か月でだいぶ詳しくなっちゃったのですから。
テレビやニュース報道現場の人達がネット記事の猛威に屈し、スポンサーへの配慮をやめたら。

お茶の間にもすべての「不都合な真実」が流れ出して。隠していた事実が次々明るみに出てきたら。
年配の人達だって。原発に興味も関心もなかった人達だって。さすがに気づいてしまうハズ。

おかしい。変だ!と誰でも気づく。本当の「安心、安全」は「原発からの脱却」にしかないと
知ってしまうハズ。その分岐点となるのが、2013年の夏なのではないか。今はそう思えてきています。



だけども2013年の夏は、あくまでひとつの区切りで。原発廃絶までの現実的な道のりは遠く果てしない。
使用済み核燃料の廃棄処理問題は、子々孫々まで続く重い負債。カンタンに解決はできない。
それを考えると。ほんとうにもう。気が遠くなってきてしまいます。


長くなる一方でちっとも書き終わりません。まだまだ続きます。




■土星と木星の会合:「レセプション」と「ディスポジション」その1 
2011.06.23.  



今朝読んだ新聞で。一番、感動したのが。「浜岡原発周辺の生産・開発拠点、移転を検討 スズキ」
という朝日の記事です。スズキの会長、やっぱりカッコイイ。惚れずにいられません。さすがだ。


ここでちょっと寄り道を。

自分の解釈を書き出していく上で。整理しておきたいことがあります。
それは「レセプション」と似ていて非なるもの、「ディスポジション」に関してです。

数年前に、Mixi の某コミュでえんえんと「レセプション」について考え続けているうちに、
逆に明確になった概念、それが「ディスポジション」でした。


▼「レセプション」とは何か


自分が「レセプション」という概念に触れた書籍は、以下の4冊からでした。


「On Reception」 by Masha'allah ARHAT Publications(1998)
「The Real Astrology Applied」 by John Frawley Apprentice Books (2002)
「The Horary Textbook」 by John Frawley Apprentice Books (2005)
「Astrologia Gallia Book 18 The Strength of the Planets」by Morin AFA(2004)



最初に読んだのは Masha'allahの本。英語まだ苦手で。何がなんだかわからず、四苦八苦。
次に読んだJohn Frawley氏の説く「レセプション解釈」が分かりやすくて。面白いと思いました。

最終的に読んだMorinの本がトドメとなって。レセプションに完全にハマリました。


▼John Frawley氏による「レセプション」の解釈


以下、John Frawley氏のチャート解釈の3つの要点を、
書籍からの英文抜書き&拙訳での意訳で引用します。


★要点1: Dignity shows their power to act. 

エッセンシャル・ディグニティ(サインによる品位)は、天体の行動力(パワー)を示し、
アクシデンタル・ディグニティ(ハウス位置etc.による品位)は、天体の力とその力が及ぶ範囲を示す。

★要点2: Reception shows their inclination to act.

天体自身と、他の天体が入っているディグニティとの、さまざまな組み合わせによるレセプションは、
天体の力を、どの対象にどのように「傾ける」選択をするかという「傾向、優先順位」の可能性を示す。

★要点3: Aspect shows the occasion to act.

さまざまな天体間のアスペクトは、もたらされる出来事を、何がどのように起こるかを示す。



で。この上記3点のうち、要点2にあたる部分が、氏独自の「レセプション」解釈であることを、
星谷健介さんの指摘により、後に知ることになりました。

※詳細は、星谷健介さんのサイト内の「レセプション」関連記事、
およびDeborah Houlding さんの Skyscript サイト内の掲示板をご参照ください。


▼本来の「レセプション」の解釈(広義)


古典占星術の本来の「レセプション」の説明で、自分が一番わかりやすいなと思うのは、
「サインのルーラーがホスト役」で「サインにトランジットした天体がゲスト役」になるという例えです。

「ホスト役の天体」が「合、60度、90度、120度、180度」のサイン位置からアスペクトする時に、
「ゲスト役の天体」を「受けとめる、歓待し、責任を持ち、管理し、対応し、処理し、ヘルプする」


例えば、現在の山羊サインであれば「天秤土星がホスト役」であり「山羊冥王星がゲスト役」です。

現在の例では「ホスト役の天秤土星が、ゲスト役の山羊冥王星を90度でレシープしている」。
この場合ですと、レシーブする側が土星で。レシーブされる側が冥王星です。

他の例では、「ホスト役の双子金星が、ゲスト役の天秤土星を120度でレシーブしている」。
この場合には、レシーブする側が金星で、レシーブされる側が土星です。


これが本来の「レセプション」の広義の意味での定義とみなされるようです。

時代により。所により。微妙に用語も定義も異なるので。(Morinの本の解釈も参考にすると
さらに面白いです)整理だけでもたいへん長くなるので、以下バッサリ割愛&省略。


▼「ディスポジション」とは何か:英単語の意味


では、話を戻して。

John Frawley氏の示した★要点2は、マチガイか?というと。あながちそうともいえなくて。

以前に「ディスポジション Disposition」 の英単語の意味をジーニアス英和大辞典で調べたら。


1:(行為、人との関係に現れる生来の)(〜する、または〜に陥りやすい)
   気質、性質、傾向(inclination)習性、性分(to do)

2:(一時的な)(〜したい)気持ち(to do)

3:(物、軍隊などの)配置、配列



ディスポジションと、John Frawley氏の解釈による「レセプション」は、同義のように見受けられます。
氏の解釈同様、関わり合う2天体間の「傾向、〜したい気持ち、意向、好み、性向、性癖」を表わすからです。

現代占星術では「ディスポジション」を上記の3番目の「配列」の意味で和訳しています。
英語に強い方にとってはすでに自明で当然のことであったのかもですが。

英語が不得意な自分は、ディスポジションには「配列」の意味しかないと。
辞書で確かめるまではずっとそう思い込んでいました。


▼「レセプション」と「ディスポジション」の区別


ある意味でJohn Frawley氏の解釈も「レセプション」定義を半分は踏襲しています。

つまり。「合、60度、90度、120度、180度」のサイン間でのサインルーラーと
そのサインに入った天体との間で生じるアスペクトにかわりはないからです。

なのでこれはこれで実用的な解釈ではないか?と自分は思うのですが。
話がややこしくなるし。混乱の元になってしまう「傾向」があるので。

このJohn Frawley氏の解釈による「レセプション」と本来の「レセプション」とを切り分けるため。
自分も星谷健介さんの指摘に習って、John Frawley氏流の解釈の方を、「ディスポジション」と
呼ぶことにしています。


★例: 天秤土星→ 90度アスペクト →山羊冥王星 =レセプション(本来の意味)=

☆例: 天秤土星← 90度アスペクト ←山羊冥王星 =ディスポジション(傾向、習性)=



天秤土星が主体で、客体の山羊冥王星を見て、受け取めることを「レセプション」として。
山羊冥王星を主体にして、客体の天秤土星に向ける行動とその傾向が「ディスポジション」です。


余談ですが。そもそも広義の意味での「レセプション」は「ディスポジション」と同義とみなされる
こともあったようです。(→國分秀星さんのサイト内の記事、オリビア・バークレーの講演内容より)

つまり天秤土星は山羊冥王星のレセプターであるというのと、ディスポジターであるというのは
同じ意味で使われることもあったということです。(事の真偽はともかく、これも興味深いです)


▼「ディスポジション」の解釈例: 現在の主要天体の場合


で。以後の整理でトライしたいと思っているのが、この「ディスポジション」の解釈です。
これを抜きにして。自分の現在の「自己流解釈」を語ることができないのです。

それで。えんえんと寄り道をした次第です。

以後、当ページで「ディスポジション」といった場合には、現代占星術での「支配星配列」ではなく、
任意のサインに滞在する天体がもつ、以下のような意味で使います。


★ Dispostion shows their inclination to act.

任意の天体が入る特定サインに特有の「エッセンシャル・ディグニティ」は、その天体の力を、
どの対象にどのように「傾ける」選択をするか?という行動の「傾向、優先順位」の可能性を示す。

1:(行為、人との関係に現れる生来の)(〜する、または〜に陥りやすい)
   気質、性質、傾向(inclination)習性、性分(to do)

2:(一時的な)(〜したい)気持ち(to do)



この手法の眼目は、特定のサインに入った天体自体の「ディグニティ」の高低を問うのではなく。
「特定サイン=場所」に入った天体が受ける影響、「傾向、気質」を見ることにあります。


例えば。お寺という場所に来た時に感じがちな「傾向、気持ち」です。同様に「スポーツジム」なら、
「図書館」なら「レストラン」なら。または寒い「北海道」と暑い「沖縄」での違いはというように、

場所そのものが持つ特有の「性質」を探ることで、特定のサインに任意の天体が入った時、その天体が
どのように場の「傾向、気質」の影響を受けて「〜しがちな気分」になるか?を勘案するのです。

擬人化して例を挙げてみます。(とはいっても。トランスサタニアンの擬人化って?どうなのか。
かなり非人間的な人物になりそうですが)

自分ですと。以下のようなフォーマットをアタマの中で作って、特定サイン特有の
「ディグニティ=ディスポジション」の拡大解釈を試みます。


▼天秤サイン土星の例:

☆天秤ドミサイル金星  :天秤土星は、「金星」関連の象徴的な事柄に、親和性を持つ傾向がある
☆天秤エグザルト土星 :天秤土星は、「土星」関連の象徴的な事柄を、過大評価する傾向がある
★天秤デトリメント火星 :天秤土星は、「火星」関連の象徴的な事柄が、不得手でしくじりがち
★天秤フォール太陽  :天秤土星は、「太陽」関連の象徴的な事柄を、無視して過小評価しがち


これを。SG学習会では。「なぜ管総理はイラ管と呼ばれるのか?」という例え話で、
「天秤太陽は、デトリメント火星。すぐにカッとなり怒ってしまいがちな傾向があるから」だと。
その理由を言葉足らずながらも。がんばって解説したのでした。


▼ついでにもうひとつ。山羊冥王星でトライしてみます。

☆山羊ドミサイル土星 :山羊冥王星は、「土星」関連の象徴的な事柄に、親和性を持つ傾向がある
☆山羊エグザルト火星 :山羊冥王星は、「火星」関連の象徴的な事柄を、過大評価する傾向がある
★山羊デトリメント:山羊冥王星は、「月  」関連の象徴的な事柄が、不得手でしくじりがち
★山羊フォール木星 :山羊冥王星は、「木星」関連の象徴的な事柄を、無視して過小評価しがち


▼さらに。牡羊天王星だとどうか。

☆牡羊ドミサイル火星  :牡羊天王星は、「火星」関連の象徴的な事柄に、親和性を持つ傾向がある
☆牡羊エグザルト太陽 :牡羊天王星は、「太陽」関連の象徴的な事柄を、過大評価する傾向がある
★牡羊デトリメント金星 :牡羊天王星は、「金星」関連の象徴的な事柄が、不得手でしくじりがち
★牡羊フォール土星   :牡羊天王星は、「土星」関連の象徴的な事柄を、無視して過小評価しがち


こんな感じの「ディスポジション」で。現在3天体間でのTスクエアが起きている、という解釈です。


▼長くなりついでに。牡牛木星も。

☆牡牛ドミサイル金星  :牡牛木星は、「金星」関連の象徴的な事柄に、親和性を持つ傾向がある
☆牡牛エグザルト月   :牡牛木星は、「月  」関連の象徴的な事柄を、過大評価する傾向がある
★牡牛デトリメント火星 :牡牛木星は、「火星」関連の象徴的な事柄が、不得手でしくじりがち


▼最後に。魚海王星ならどうか。

☆魚ドミサイル木星  :魚海王星は、「木星」関連の象徴的な事柄に、親和性を持つ傾向がある
☆魚エグザルト金星 :魚海王星は、「金星」関連の象徴的な事柄を、過大評価する傾向がある
★魚デトリメント水星 :魚海王星は、「水星」関連の象徴的な事柄が、不得手でしくじりがち
★魚フォール水星   :魚海王星は、「水星」関連の象徴的な事柄を、無視して過小評価しがち



現在、牡牛木星と魚海王星とは、60度アスペクト間の「レセプション」関係にあります。
牡牛木星が魚海王星をレシーブし、海王星を歓待し、管理し、サポートをする関係性です。

つまり。牡牛木星は120度アスペクトとはいえ山羊冥王星から見ると「フォール」で分が悪いのですが。

魚海王星から見ると、牡牛木星は「ドミサイル天体」で「ディスポジション」でも親和性があり、
牡牛木星と魚海王星は現在、60度で良好な関係を保てる状態とみなすことができそうです。


以上のようなことを考えていると。自分のアタマは沸騰し続けてしまい。眠れなくなるのでした。




■土星と木星の会合:「レセプション」と「ディスポジション」その2 
2011.06.25.  



もうちょっとだけ「レセプション」と「ディスポジション」の違いの整理を続けます。
まず。現在のトランジット天体で図版を作成。

赤矢印が「レセプション」で、緑の矢印が「ディスポジション」です。

※以下の図に火星も加えたかったのですが。矢印の交差が煩雑になるので割愛。




ここで。仮の定義も書いておきます。


★「レセプション」: (当ページでの広義の定義)

天体Aと天体Bが「同一サインで合」または「60度、90度、120度、180度」サイン間でアスペクトするとき、
天体Aが、天体Bの入っているサインのルーラー(ドミサイル、またはエグザルテーション)である場合、
レセプションが成立しているとみなす。

例:天体A(双子金星)→120度→天体B(天秤土星)、天体A(天秤土星)→90度→天体B(山羊冥王星)
  天体A(双子金星)→ 90度→天体B(魚海王星)、天体A(牡牛木星)→60度→天体B(魚海王星)


上記天体Aをホスト、天体Bをゲストと例えると。ホスト天体Aはゲスト天体Bに対して「管理責任」を負って、
「もてなす、対処する、処理する。対応する」ので、結果的に「ゲスト天体B」の欲求が満たされる。
という解釈がなされます。

※ここで重要なのは、ホスト役として担当する責任を負える天体は、特定サイン内で
「ドミサイル」か「エグザルテーション」(エッセンシャル・ディグニティ)となる天体であり、

「デトリメント」と「フォール」(エッセンシャル・デビリティ)となる天体は、
ホスト役をの責任を果たすことはできないとされています。

現在のトランジット天体の例で考えると。

天秤土星は山羊冥王星を90度で受け止める責任を負って四苦八苦中ですが。金星が双子にいる間は。
そんな天秤土星の苦労を双子金星が120度で受け止めて。サポートをしてくれるとみなせそうです。


★「ディスポジション」: (当ページでの広義の定義)

天体Aが入っているサイン特有の「エッセンシャル・ディグニティ(天体B)」は、天体Aの力を、どの対象に
どのように「傾ける」選択をするか?という、天体Aの行動の「傾向、優先順位」の可能性を示す。


例:天体A(天秤土星)→120度→天体B(双子金星)、天体A(山羊冥王星)90度→天体B(天秤土星)
  天体A(魚海王星)→60度→天体B(牡牛木星)、天体A(魚海王星)90度→天体B(双子金星)
  天体A(牡羊天王星)→180度→天体B(天秤土星)、天体A(牡羊天王星)60度→天体B(双子金星)


※ここで重要なのは、特定サインでの「エッセンシャル・ディグニティ」、「エッセンシャル・デビリティ」の
双方の天体が「ディスポジション」の対象となりうることです。

現在のトランジット天体の例で考えると。

天秤土星は双子金星の120度からのレセプションの援護射撃をありがたく思って。
双子金星への好意をなによりも優先しがちな傾向になる、という感じでしょうか。


★「レセプション」と「ディスポジション」の効用

慣れるまではややこしいですが。見慣れてしまうとカンタンに見分けられるようになります。

天体間のアスペクトをさらに細かく切り分けて、状況の詳細な検討をしたい時。
さまざまな天体の「本音」をあぶりだしたい時。主体と客体の天体ごとの立場の違いを見分けたい時など。

「レセプション」と「ディスポジション」を参考にすることで、解釈の幅が広がるのではと思います。

現状でいうと。天秤土星であれば。山羊冥王星と牡羊天王星とのTスクエアのキビシイ状況が当分続きます。
こういう時期こそ。天秤ドミサイル・ルーラー金星からの「レセプション」が救いになるのではないか。

金星は動きが速く、天体のパワーも小さいのですが。常にトランジット金星のサイン位置と状態を
チェックして。生活の中にコマメにささやかな「楽しみ、喜び」を見出していきたいです。

例えば現在の双子金星であれば。双子金星の「ディスポジション」は「双子=水星(ドミサイル)」。
水星も6月3日から17日までは双子に滞在中の期間でした。同一サイン内のレセプション成立。


双子金星は双子水星に親和性を感じる傾向があり。双子水星も金星を歓迎するという良い状態。
「双子=水星関連」のテーマを楽しんで追求する行動が、結果的に天秤土星のサポートとなりそうです。

Twitterやインターネットの情報交換したり、コミュニケーション&交流がキーワードとなりそうですね。
(文学フリマで同人誌を販売したり、オタクライフを友人と分かち合ったりとか)

そういえば自分も。当ぺージのテキスト書きを再開したのは。6月9日過ぎでした。
今思うと。良い感じで「双子水星&金星」モードに同期していたのではと思われます。

けして狙った訳ではなかったので。今回のように「個人的な衝動」で行動したことが。結果的に
天体配置に合致していたりすると。「シンクロ度抜群だ」と思わずナットク&満足です。




■土星と木星の会合:まとめ15「福島第一原発事故から考えたこと」その10 
2011.06.27.  



日曜日のお楽しみの「仁」のドラマが昨日で最終回。終わってしまいました。
本当に良いドラマで見ごたえがありました。録画したので何度も見直しています。


前回、長々と「レセプション」と「ディスポジション」の話を整理しました。
それを前提にして。書き出したいことがあったからです。

もうひとつここで整理しておきたいことが。「エネルギー」とは一体何か?という話です。


▼エネルギーとは何か?:

昨年の秋に、えんえんと悩んでいたことがあって。エネルギーってそもそも一体なんだろうと。
ずっと考えていたのです。参考まで、ネットで見つけた定義を再掲します。


●土星と木星の会合:番外2「水GT2013年と地GT1772年」

★エネルギー :「今の状態を何か別のものに変化させる可能性を持ったもの」
          「仕事をする能力」 「活動の源となる力、活力、精力」


☆熱       :「エネルギーの移動形態の一つ」
☆火        :「熱と光を出す現象」



大脱線も。初めて佐々木誠さんの彫刻作品に出会ったのが2010年1月23日で。
その日はKIN185の「赤い電気の蛇」でドリスペの「銀河の季節」の始まりの日。

二度目に佐々木誠さんの彫刻展に伺ったのが2010年10月11日で。
その日はKIN186で、「赤い電気の蛇」のドリスペ「銀河の季節」の始まりの翌日。

そして今日。ひさびさにエネルギーがらみで展覧会のことを読み返して。今気づいたのが。
今日はKIN185の「赤い電気の蛇」でドリスペの「銀河の季節」の始まりの日だ。

「銀河の季節」スタートに同期トリプルだ。このシンクロ気づいた時にちょっと鳥肌が。
気づいた自分はエライぞ。忘れないようにMEMOして刻印をです。


▼エネルギーを表示する天体は?:

SG学習会の最後に参加者の皆さんに「エネルギーを担当する天体は何でしょう?」と質問をしました。
天体の象意として火星に割り当てていいものかどうかを悩んでいたからです。

エネルギーの表示天体は火星なのだろうか。それとも太陽なのだろうか。それが悩みでした。
地球上に存在する「生命」の「エネルギー源」は「太陽」に違いはないハズ。

しかし毎日食事をして「魚や野菜や肉」を食べ、カロリーを適宜摂取するのは。
仕事したり。遊んだり。運動したり。生きていく「活力」を得るためなので。

地上的な日常エネルギーの役割分担なら。「社会の駆動力」としてのエネルギーなら。
「発電」のためのエネルギーなら。はやはり「火星」の守備範囲ですね。


原子力だの再生エネルギーだのという話を見聞きしていくうち、わかってきたのです。
「原子力発電」は、要するに、おおがかりで危険な「原子力湯沸し機」だと。

核分裂の熱でお湯を沸かして、タービンをまわして、発電しているのだと。
けしてコストが安いわけではないということもわかりました。

「原子力発電」は「電気」を発生させる方法のうちのひとつに過ぎず。
「発電」の方法は他にあって。代替エネルギーの選択肢はたくさんある。

発電の「エネルギー」源は「火力」「地力」「風力」「水力」「太陽光」「バイオマス」etc.
そうした「エネルギー」総体としての表示天体は「火星」なのだと納得です。


そして「電気」が「天王星」ですね。(SG学習会でもYamanakaさんの指摘で再認識)


余談ですが。発送電網も発明家エジソンの功績で、GEもエジソンが創業に関わったことが
今回調べていて判明。そうかー。だから天王星は「発明」も担当するのだと今さら納得です。


▼会合サイン移行期の課題=「エネルギー問題」の解決:


自分の中の混乱がおさまってきました。やっとスッキリ!です。(今頃すぎて。遅すぎですが)

グランド・コンジャンクションこと「土星木星会合周期」は、世相や経済の動向をあらわします。
世相&経済を支える「動力」、発電エネルギーの担当が「火星」だということであるなら。

今このように「エネルギー」問題に焦点があたっているということは。

「電気」を「発電する」ための「エネルギー」どうする問題とは。天体に言い換えると
「天王星」を発生させるための「火星」どうする問題となるということで。


震災翌日の3月12日に天王星が牡羊サインにイングレスして。天王星が「改革せよ!」と
促しているのは、他ならぬ「火星=エネルギー」問題なのだということですね。


ここでやっと前回の「ディスポジション」の前振りと話がつながってきます。
下の図版は、自分のアタマの中でずっと沸騰していた要素を書き出したものです。




1961年の山羊サイン会合から2020年水瓶サイン会合までの移行期間を示す図ですが、
参考までに「1940年牡牛サイン土星木星会合」の期間も灰色の字で書き入れました。

この図版。アタマの中のモヤモヤの整理のために作成したのですが。
この図版を見ていると。さらに。いろんな思いがウズ巻いてまいります。

そうかー。今の天秤サイン土星て。30年前の土星回帰にあたるんだな、とか。
山羊土星から水瓶土星までの「土星木星会合サイン」黄道右まわり一周のお遍路の旅は、
まもなく10年で満願成就で。今は終盤なんだなとか。あれこれと妄想が拡大してきます。

それはさておき。「地のサイン会合周期」から「風のサイン会合周期」への「移行期」を見渡す際、
サインにおける「天体の品位=ディスポジション(傾向、習性、気質)」を参考にすると。


各時代における「エネルギー(火星)」の品位から「見えてくる」ものがあります。
「牡牛火星デトリメント」→「山羊火星エグザルテーション」→「天秤火星デトリメント」etc.

やはり。ここ数十年の時代は「エネルギー問題」の解決が急務なのだと再認識です。


もちろん。これはもう天体配置を見るまでもなく。歴史的背景を追うだけで十分わかります。
世間的な常識の範疇での自明なことであるとは思うのですが。

実際の社会的な事象が、天体の象意と同期している。それを確認ができたことが、
自分にとっては「大発見」でした。


長くなりました。続きをまたあらためて。




■土星と木星の会合:「ヒストリエ」→「シュンポシオン」 
2011.07.10.  



アタマの中がまだ福島原発のことでパンパンです。

昨夜もNHKスペシャルのシリーズ原発危機 第3回「徹底討論 どうする原発」
第一部・第二部を最後まで見てしまいました。(録画してたのについつい)

いろんな意味で??の多い変な構成の番組だったというのが率直な感想。
飯田哲也さん、後藤政志さん、水野解説委員の参加は大拍手&大納得なのですが。

その他の参加者が??一体どういう基準で人選したのか。チグハグでした。
特にあの原子力安全委員会の人。どうしてこの程度の人が呼ばれたのか?が謎。
最後までそれが気になって、番組の内容に集中できませんでした。

後で思った。あの変な原子力安全委員会の人を呼んだことそれ自体が
NHKの制作者の「高度な戦略」だったのかも。戦略の本気度を示すため、
水野解説委員や後藤さん、飯田さんと同席させたのかもだと。

それがディレクターの真の意図だったのなら、大成功だ。
世の中にはホント、アタマの良い人がいるものだと思う。

それにしても。あんな子どもっぽい人間の戯言の連打に皆さんよくガマンしてた。
後藤さんはさすがに怒ってたけどムリもない。自分だったら到底ガマンできない。

水野解説委員と飯田さん、よく耐えたと思う。大人だなとひたすら感心。
飯田さん。今までああいう人達相手にがんばってきたんだと実感。頭が下がる。


事実は小説よりも奇奇怪怪。政局だのなんだの連日の丁々発止を見聞きし続けていたら。
さすがにアタマもココロも疲れてきて。少し気分転換せねばと思って。

先週はマンガ三昧。久しぶりに「のだめカンタービレ」を読み返し、幸せな時間を満喫。
その勢いで、未読だった岩明均の「ヒストリエ」にもトライしました。

すごいな岩明均。やっぱり強烈。アタマがしびれる。当時の時代背景をネットで検索していて、
アリストテレスやプラトンの記事を読んでいた時に「饗宴」のタイトルが目に飛びこんできて。


そういえば、と連想。倉橋由美子の「シュンポシオン」の文庫本が手元にあったハズ。
本棚を探したらやはりあった。引っ張り出して読み始めて。驚きました。

この物語の出だし「21世紀に入って10年目の夏」って、それって2011年の夏ってこと?



1983年〜1985年にかけて文芸誌に連載された「シュンポシオン」。文庫の購入は1989年頃のハズ。
最初読んだ時は「21世紀」の近未来小説だと思ったけど。それが「今」だとは。

第三次世界大戦、あわや核戦争?という、一触即発の緊迫した世界情勢の真っ只中。
半島の避暑地で優雅に過ごす数組の男女のひと夏の「シュンポシオン」。

ちょっと読み出したら止まりません。捨てずに持っていて良かった。やはり面白い。

衝撃のラスト。そのカッコ良さだけ覚えていて。途中のストーリーは皆忘れていたので
再読ながらどっぷり作中の世界にひたれました。


おかげでいろんなことが明確になってきた。核心はやはり「金星」にアリだ。
アタマの中の沸騰&ウズウズを忘れないように、例によって図版を作成しました。


■土星の機能  ※参照ページ   



上記は以前に作った10天体の速度順の「カルディアン・オーダー」図版を改変したものです。

この図版を元に、サインと天体の「ディスポジション」についてや、
牡牛サインと天秤サインのドミサイル天体「金星」について考えたことなどを
あらためて書き出して整理しようと思います。





■土星と木星の会合:まとめ16「移行期の金星と火星」
  2011.08.08




今日も暑かったです。新しいページも用意できて嬉しいので。さっそく少しだけ。

前回の土星と木星の会合:「ヒストリエ」→「シュンポシオン」の続きを書き出しておきます。


★参照ページ:土星の機能     



上記は以前に作った10天体の速度順の「カルディアン・オーダー」図版を元に、
倉橋由美子の「シュンポシオン」という小説に触発されてあらたに作成したものです。

その小説を読んでいて。「火星と金星」の機能を今さらながら再認識です。
「火星と金星」が日常生活の「駆動力」としてどう働くのかを考えていたら。

現在の「木星土星会合周期」の「地のサインから風のサインへ」の移行期間において
他ならぬ「火星と金星」がキー天体になっているように思えてきました。

天秤も牡牛も。どちらのサインも「金星がドミサイル天体」で「火星がデトリメント天体」。

ここに。移行期をのりきる上でのヒントがあるかもと思えてきました。
それについて考えたことを書き出して整理してみます。




■土星と木星の会合:まとめ17「移行期の金星と火星」
  2011.10.03







夏から秋にかけて。立て続けにいろんなことが起こる。めまぐるし過ぎる日々です。

驚かされる(&あきれる)ニュースの連続にホントにもう目が離せない。
ニュース番組録画視聴&お気に入りTwitter追っかけが止められません。

といいつつ。相変わらず当ページでいうところの土星木星会合サイクルの
「地から風のサインへの移行期」の1981年からの2020年までの約40年間に
「金星と火星」の象徴する意味をしぶとくあれこれと考え続けています。

金星は天秤&牡牛サインのどちらにおいてもドミサイル天体であり、
火星は天秤&牡牛サインのどちらにおいてもデトリメント天体である。


これをアタマの片隅に置きつつ。天秤&牡牛両サインでの土星木星会合図を
ここで見直してみようと思います。(上図版参照)


▼土星木星会合図が示す「時代の様相」:

まず「土星木星の会合」をどのように捉えるか。
ここでは「時代の様相、枠組み」を示すと考えてみます。

「時代の様相、枠組み」とは。なんとも抽象的な言葉ですが、
時代特有の「社会の鋳型」をあらわすというイメージです。

時代や世代共通の「思考、スタイル」を表わす型と考えた場合に、
その特徴は、リアルタイムでその時代を生きる者には
「意識化しにくい」ということではないでしょうか。



天秤土星木星会合と牡牛土星木星会合は、それぞれが「金星と火星」を共通の
ディスポジション天体とする点では相似通った「時代の様相、枠組み」ですが。

実際の会合図での「金星と火星」の天体の在り様を比較すると、
まったく異なる「時代の様相、型、枠組み」を示すことがわかります。

ふたつの会合図を見比べて、考えたことを書き出してみます。


▼天秤サイン土星木星会合図:

天秤土星木星会合図での射手金星はホールサインでは1ハウスにあり、
天秤木星とも60度のMR。心地良い交歓状態にあります。

天秤のデトリメント天体となる水瓶火星は、チャートの一番低い位置にありながらも
天秤木星土星と120度。天秤エグザルト土星は水瓶火星をレセプトしています。

天秤土星木星はチャートの一番上にあって、MCとの合を過ぎたばかりという
ハイポジションの目立つ位置にあるのですが。

MCは次に冥王星との合に向かうので、絶好調なスタートであればあるほど、
残念ながら先行きに大どんでん返しが待ち受けている様子を示しています。


▼牡牛サイン土星木星会合図:

一方、牡牛土星木星会合図での双子金星は、隣のサインにあってアバージョン。

牡牛土星木星が希求する双子金星とは良好な接触ができかねるサイン関係で、
同様に双子火星とも隣り合うサイン。お互いの天体同士は「見えにくい」状況です。

牡牛サインでエグザルテーション天体となる月も牡羊サインにあるため、
牡牛土星木星とのサイン位置はアバージョンでどちらも死角にあたる位置です。

牡牛土星木星会合図では、牡牛サインのディスポジション天体はどれも、
金星も月も火星も。隣り合うサインで視野の外のやはり死角。

牡牛土星木星会合図での古典7天体すべてが連続する3つのサインにあって、
牡牛土星木星から見た死角に、他5天体が位置しているというのが大きな特徴です。

射手MC&冥王星も牡牛土星木星とは150度のアバージョンのサイン位置で。
これもまた死角。

周囲が見えないように遮眼革をした馬の状態のような牡牛土星木星。
牡牛土星木星のサイン位置から見えるのは、水瓶海王星&天王星と、魚ASC。

牡牛木星は、ASCをレセプト可能な60度アスペクト。
牡牛土星は、水瓶海王星と天王星をレセプト可能な120度アスペクトです。


▼牡牛サイン土星木星会合が示す「時代の様相」:

前置きが長くなりました。何を言いたかったのかというと。

現在の「牡牛土星木星」期間の「時代の様相、枠組み、型」と考えて自分が思い浮かぶことは、

「管理責任の不在」「視野の狭さ」「意思疎通の欠落、不全」(ディスポジション天体とのアバージョン)
「排他的で硬直したシステムの保全&保安」(Cold&Dry固定サイン:牡牛土星木星合)
「快適さ&利益の優先と追求、エネルギーの浪費と枯渇」(牡牛ドミサイル金星、デトリメント火星)



これってまるで現状のニュースから見た世相をそのまんま天体に置き換えて描写しただけのようですが。

上記の描写が「今」という移行期特有の「枠組、型、システム」の傾向を示すなら。
この現状を打破するカギは、牡牛土星木星の「死角」への「注意力の喚起」にあるのではと思うのです。

ここで牡牛土星木星を「政治&経済」、社会の駆動システムと見立てると。

現在の牡牛土星木星の期間はドミサイル天体金星&エグザルト天体月の舵を見失い、
まるで御者無しの制御不能な状態のまま迷走する馬車の如しではないか。

双子IC天底に「金星、太陽、火星、水星」の4天体がひしめく真夜中のチャートで、
空に浮かぶは逆行中の天王星と海王星と冥王星の「制御不能」なトランスサタニアン3天体。

魚ASCを「国民」と見立てるなら「牡牛土星木星」とは60度サイン間になり、
「牡牛土星木星」の目にも「魚ASC=国民」の姿は入ってはいるのですが。
120度サイン間にある水瓶海王星と天王星の方にばかり目を奪われがちで。

射手冥王星&MCの不穏で壊滅的な状況を目をすることはできず。その余裕もない。
「牡牛土星木星」の深刻な「馬の目隠し」状態が現在の「時代の枠組&型」とすると。

ここで肝となるのが、占星術チャートの強み&利点である「全体を俯瞰可能な視点」なのではないか。
チャートを見る「わたくし」の位置からであれば、死角無しで全体を見渡すことが可能だからです。



▼牡羊月のアスペクト:

牡牛土星木星会合図の諸天体の中で、特に注目は牡羊の初期度数の月の動きです。

1:双子金星→2:水瓶海王星→3:双子太陽→4:射手冥王星→5:双子火星→
6:水瓶天王星→7:射手MC(&双子IC)→8:双子水星


牡羊月は上記の順で各天体をアスペクトしつつ進み、牡牛土星木星の盲点や死角を埋めるように、
チャートの各天体の間で状況の推移を見続けていきます。牡羊月は孤軍奮闘で大活躍です。

頼みの綱はこの「牡羊月=民意」なのではないか。「牡羊月=興味&関心」の積極的な注視が、
「牡牛土星木星=政治&経済」の「死角や盲点」を拾い上げていくことになるのではないか。

牡牛土星木星の死角にある、射手MC側&双子IC側の各天体間のキビシイ180度。
この180度ラインを調停可能な天体こそ「牡羊月=民意=関心&興味」ではないか。

もうひとつの注目天体は、牡羊月が最後にアスペクトする双子ドミサイル水星です。

牡牛土星木星会合図の中で最も品位の良い双子水星。双子末期の度数で天底に位置して、
チャートの中で一番最後にASCを上昇することになる「最後のトリ」が双子水星。

この牡羊月のアプライ双子水星60度をどのように解釈するか。
自分は「国民による情報共有」「適切なメディア・リテラシーの獲得」「世論」とみなしています。


時間はかかりそうですけれども。時間をかけてでもこの「牡羊月→双子水星」の機能を育てねば。
牡羊月が運ぶ「情報」の適切な読解力が、我が身を守る命綱になるように思えるからです。

そして、この図の牡羊初期度数の月は、時間をさらに先へ進めていくと、
双子末期度数の水星と60度アスペクトの完成後、サインを移動します。

月が牡牛サインに入ったら。次のステージに進むことさえできたなら。
月はエグザルテーションの品位で牡牛木星と土星と次々に合。

「牡牛月=民意」が「牡牛土星木星=政治&経済」を同一サイン内でレセプト可能になります。
牡牛月が責任を持って「牡牛土星木星]を管理可能となるのではないか。


そんな「夢みたいなこと」を思い描かずにいられません。夢かもだけど。
夢ではないかもしれない。すべて「民意」次第なのではないか。

ここで諦める訳にはいきません。一体何のための移行期なのか。考えなくちゃです。
何たってドリスペの決めのフレーズは「思考不可能なことを思考する」なのですから。


「牡牛土星木星=政治&経済」の「馬の目隠し」をどうやって解けば良いのか。

頑なな政治家や官僚、東電や経団連、御用学者の人達の目を覚ますにはどうしたらいいのか。

状況が見えずにいる彼らに現実を直視させる方策はないのか。(ウィルスのワクチンはどこだ!)



同様に自分自身も「目隠し」状態のままで。死角や盲点だらけの状態であるなら。
モノがちゃんと見えるようになるために、どうやって自分自身の目隠しを解けば良いのか。

金星の快も火星の不快も、どちらも適切にディスポーズする方策はあるハズ。
自分の経験値をUPすることで対処可能となるのか。制御可能となるのか。


そんなことをツラツラと。仕事の合い間に考え続けています。




■土星と木星の会合:まとめ18「用語の整理」
  2011.10.03




さらに「牡牛土星木星会合図」再考を推し進めたいのですが。その前にまず。
アタマの中でぐるぐるしている言葉の整理から。


■用語の整理

このページの中で。「土星木星の合」とか「土星木星の会合」とか。
「ミューテーション・サイクル」とか。不ぞろいな表記をその時々に不注意に使ってて。

天王星、海王星、冥王星の3天体も、その時々に「外惑星」と書く時もあれば
「トランスサタニアン」と書く時もあったり。不用意に過ごしてきたのですが。

あんまり厳密に堅苦しく考えるのもアレですが。考えようによって
「星座とサイン」の混用に近いものもなきにしもあらずかなと反省。

今後は以下の通り、用語の統一をいたします。


▼土星木星合関連:

★「土星木星の合」

「土星と木星が合」となる「状態」を指す。

★「土星木星の会合」

「土星と木星が合」を繰り返す「周期」を指す。

★「土星木星の会合周期」「ミューテーション・サイクル」(約20年周期)

「土星木星の会合」は、約20年ごとに繰り返される。
(約20年ごとに土星は240度、木星は600度ほど動き、8つのサインを超えて合になる)

※「四元素」サインのうち、同一元素内で繰り返される会合(と移行期を含めた)周期は、約200年前後。

  例:山羊→乙女→牡牛→山羊→乙女→牡牛→山羊→<移行期:天秤→牡牛>→次の風の元素

★「グランド・ミューテーション・サイクル」→(約800年周期)

土星木星会合周期の「四元素」の一巡。(火→地→風→水の順番)

※当ページでは「火のサインでの土星木星会合開始から、次の火のサインの会合開始まで」

  例: 14年射手04度→868年射手13度→1663年射手08度→2338年射手02度

※通常は「牡羊サイン土星木星会合から、次の牡羊サイン土星木星会合まで」(794年周期)

  例:114年牡羊06度→908年牡羊04度→1702年牡羊12度→2497年牡羊04度 

  ☆参照ページ→データ6:土星と木星の会合


▼天王星、海王星、冥王星:

これはやはり。当ページでは通常「惑星」ではなく「天体」で統一してきていることもあり。
今後上記3天体は「外惑星」ではなく「トランスサタニアン」と表記していこうと思います。




■土星と木星の会合:まとめ19「移行期」覚え書き
  2011.10.07




当初は「土星と天王星180度」をきっかけに考えたことを書きとめていたのですが、
現在は「土星と木星の会合周期」に関するまとめを続けています。

最終的には「土星と天王星180度」のことにも戻る予定なので。初心を忘れないよう、
覚え書きを以下に再掲します。


-------------------------------------------------
▼移行期40年間の土星木星会合サンドイッチ
-------------------------------------------------

●1981年:土星&木星   合(天秤9度、8度、4度)☆
●1982年:土星&冥王星 合(天秤27度)☆

1980年代:土星&冥王星、天王星、海王星 合 
1990年代:天王星&海王星 合(山羊19度、18度)

●2000年:土星&木星 合 (牡牛22度)
○2001年:土星&冥王星 180度(双子/射手12度、13度、16度)

2000年代:土星&冥王星、海王星、天王星 180度
2010年代:土星&天王星 180度 (←これが当ページの御題)
2010年代:天王星&冥王星 90度 (←カーディナルクライマックス)

●2020年:土星&冥王星 合(山羊22度)☆
●2020年:土星&木星   合(水瓶 0度)☆

-------------------------------------------------

自分のアタマの中では。まず。大きな時代の区切りとしての「土星木星会合」周期があって。

現在の1981年から2020年までの40年間は、「土星木星会合」周期が、
「土のサイン」から「風のサイン」へという「元素間の移動」を行う移行期とみなして。

その移行期間に生じる「土星とトランスサタニアンとの各アスペクト」を合わせみると。
上記のような様相を示すことに注目しています。

移行期40年間の「土星木星会合」周期の流れの中に置くことで、
表題の「土星天王星180度」の示す「意味」や立ち位置が見えてくるのでは?
と考え続けているところです。




■土星と木星の会合:「カダフィの最期」他:覚え書き
  2011.10.21




▼「カダフィの最期」

毎日が激動です。

「南極大陸」と「相棒ten」がスタート!嬉しいことも多発してるのだけど。
自分も世間も大阪もタイも世界のあちこちで同時多発の激動。ニュースに釘付け。

忘れないよう、MEMOしておかねばです。

昨夜はカダフィ大佐が殺害されたというニュースが。
情報は錯綜して二転三転、本日やっと全容が判明。


2011年10月20日午後12時23分(現地時間) リビア北中部シルト


上記は、大佐拘束時の動画の下部に表示されていた現時時間です。

現地時間の同日午前08時半頃、カダフィ大佐らの車列をNATO軍が空爆、
約3時間にわたる交戦後に排水溝のトンネルに隠れていた大佐を発見。拘束。射殺。

ネット時代はおそろしい。カダフィ最期の凄惨なシーンも銃声も。
リアルにお茶の間で目のあたりにできてしまう。

そのグロテスクな場面から、自分は目をそらすことができません。
見届けなくちゃという思いにかられるからです。

自分が知らないだけで、同様のことは世界中で起き続けているハズ。
これは、たまたま表に出てしまい、放映されてしまっただけ。

リビアでは今までだってずっとそして世界のどこの国でも(中国の路上でも)
凄惨な光景が日々そこかしこで繰り広げられている。

なぜか新井英樹の傑作マンガ「ザ・ワールド・イズ・マイン」を思い出して
衝撃のラストシーンの登場人物の姿とカダフィの姿が重なりました。キツイな。

それでも勝利の喜びにわくリビアの人達の満面の笑顔を目にすると、
涙がツーっと流れてくる。良かった。安堵する。

リビアの皆さんにより良い未来を、自由を、復興を。切に祈ります。




■土星と木星の会合:「Human Error」
  2011.11.27




▼「FRYING DUTCHMAN humanERROR 」vs「土星木星連合」


日々是。いいことばかりではないけど。悪いことばかりでもない。
いいことも悪いことも。いつも同時進行だとは思っていたけど。

10月下旬頃から、個人的に「いいこと」が立て続いている。確かその始まりは、

高橋源一郎氏のコラムの紹介で興味を惹かれて図書館で借りてきた、
「リンさんの小さな子」の本を読んでぼろ泣きした頃からだったと思う。

その前後、友達と電話で長話してて。話し終わる頃に教えてもらったのが、
沖縄古伝空手の宇城憲治氏の本「心技体の鍛え方」で読んで即ハマった。

それがきっかけで何年かぶりに、なまった身体のブラッシュアップ。
自力整体やゆる体操。サンチンの練習もしている。

10月末は友人のおススメの映画「シービスケット」をTSUTAYAで借りて観て、感動。
ドキュメント映像のDVDも見て。原作の分厚い本も夢中になって読んでいる。

その頃、銀座の泰明小学校校庭で開催された「あおぞらdeアート」に出かけたら。
ちょうど舞踏家横光加与子さんの舞踏が始まる直前。運よく拝見できた。嬉しかった。

11月の始めにふらっと参拝に出かけた明治神宮でも、思いがけずに
ちょうど能舞台の奉納が始まるところに行き合わせた。嬉しかった。

文化の日はイラストで参加した小説の同人誌の売り子をしに「文学フリマ」へ。
最新刊の絶対移動中vol.10を見て、 その出来上がりと充実の内容に、感動。

11月中旬は湯島の羽黒洞で、大好きな彫刻作家の 佐々木誠さんの個展が。
初日に拝見して感動。一週間後にも、もう一度見に行った。

その佐々木さんに教えていただき、帰りに浅草橋の小野塚誠さんの写真展にも寄って。
舞踏家土方巽の、貴重な舞台写真を見ることもできたのだった。凄かった。

そして。明日は友人と一緒に、伝説のライブの映画を観に行く。

『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコ―!!!〜』

見る前からもう楽しみで楽しみで。眠れないほど楽しみ。


良い映画や良い本。好きな音楽、芸術が。

どれほど大事で、どれだけ大きい力を持つのか。

それを実感し続けていて。噛み締めていたら。



今日は今日で。衝撃の曲に遭遇。驚いたーー。久しぶりにのけぞった。

Twitterのざまあみやがれい!さん @zamamiyagarei のツイートで知って。
ざまあみやがれい!さんのブログ経由でYouTubeに飛び、その曲を聴いた。

FRYING DUTCHMANというバンドの 「ヒューマンエラー」という17分の長い曲。

いやもう。二重の意味でびっくりで。鳥肌。衝撃と感動の大波&涙。

反原発ソングだということは承知しつつ、聴き始めたら。

いきなり。出だしの歌詞が 「ドリームスペル創世記」の絶妙な要約だった。

深夜の大驚愕。驚いた。のけぞった。そりゃもういわゆる我が耳を疑った。

ストレートど真ん中、大直球の大曲の出だしの歌詞が。ドリスペだぜい!
ホントウにもうなんというか。まったくもう。カンペキにやられたぜい!

ドリームスペラーがここにいるという、その驚きと嬉しさに高揚。気合が入る。
エンドレスでひたすら聴き続けて。

ホントウに今は「THIS IS IT」で「TIME IS ART」なのだと実感。

昔読んだ名作マンガ「うしおととら」のクライマックスシーンを思い出した。

今も、自分の知らないところで。目に見えないところで。ぞくぞくと集結してる。
きっと今が、踏ん張りどころなのだろう。


いいことばかりはありゃしないけど。悪いことばかりでもない。

いいことも悪いことも。表裏一体でいつだって同時進行で。
いいことは悪いことで、悪いことはいいことなのかもしれない。

タイミングは完璧なハズなのだから。焦らず逃さず。前進せねばです。




■土星と木星の会合:「水星逆行の余波」「シービスケット」
  2011.12.14




▼パソコン不具合→再セットアップ→修理→再生


12月05日の月曜の午後、友人が我が家に遊びにきて。ゆる体操のDVDを見せようとして
パソコンにセットしたところ、パソコンがDVDを認識しない。。。悪い予感。。

友人が帰った後にひたすらネット検索して不具合の原因を追及するも。わからず。

次の日、サポートセンターに電話。親切なお姉さんに手取り足取り、指導していただきつつ。
小一時間ほどいろいろあれこれ一通り、放電とかセーフモードとか試す。

それでもダメで。覚悟決めてデータバックアップして夜にパソコンの再セットアップ。
それでもやはりダメで。結局、翌日、パソコンの修理を依頼することに。

3年間の延長保証しておいて良かった。。。備えあれば憂いなしってホントですね。。

9日にパソコン集荷。中三日おいて昨日13日夕方に戻ってきて。半日かけて復旧。
次に備えてすべての設定やら手順やらを細かくメモしながら作業に集中。

やっとさっき。ほぼ不具合前の状態に戻りました。ああ良かった。
不具合の原因は、DVD&CDドライブが壊れてたということでした。

で。はっと気づく。そうだよ水星逆行中だよ。なんだか絵に描いたようだな。
水星内合の翌日に不具合が発生して、順行目前にして、ほぼ元に戻ったという。

なんだか。パソコンが身代わりになってくれたような気分です。
大難を小難にというのか、厄払いでもしたような感じです。

ありがたみを忘れないよう、ここにメモしておこうと思ったのですが。
水星逆行ページの方が適切だったかしらとも。

不具合があったのはデスクトップの方のパソコンで、修理で留守の間に、
これを機会と、ノートパソコンを使用し、HDのデータの大整理を敢行。

やりかけのままになっていた「忌野清志郎時期表」の加筆修正にも集中。
せっかくころんだら。そのままタダで起きてはもったいないですからね。

そういえば。もうすぐ木星も12月26日から順行に戻ることにも気づいた。

そういえば。個人的に、木星が逆行開始した8月30日に同期して起こした行動があって。
それから今に至るまで。ホントいろんなことがあったことを思い出した。そうだった。

こういう。なんというのか。狙ってイレクションモードでしたことではなくて、
偶発的に起きた出来事が、あとから見て、結果的に星と同期していることの方が、
自分は面白いと思うです。


▼映画「シービスケット」と木星順行


何はともあれ。無事に再生を果たしたパソコン。この喜びをかみしめつつ。
映画「シービスケット」をDVDで鑑賞し、ゆったりと復旧作業の労を癒しているのですが。

この「シービスケット」の映画。なんとも良くて。何度見ても飽きない。
個人的な好みでいうと三拍子も四拍子もそろった好きな映画です。

騎手と競走馬が走るレースの映像が美しくて。実話!を脚本化した物語が素晴らしくて。
演じる俳優さんたちは誰もが良くて。ぶ厚い原作本も熱く読みでがたっぷりで。

なんでこんなに「シービスケット」の映画に惹かれるのか。ハマってしまったのか。
映画は1929年の大恐慌から始まり、1940年のレースシーンで終わるのですが。

そう。その翌年から、第二次世界大戦が始まるのだと気づいてしまうと。
この映画の持つ意味が。なんとも身にしみて考えさせられてしまうのです。

タイトルにもなっている主役?のシービスケットは、1933年生まれの競走馬で。
映画の時代背景は前回の1932年から1934年の「天王星と冥王星の90度」に重なっていて。

「重い時代」を生きぬく「馬主、調教師、騎手、競走馬」達を描いたドラマに深く感動。
なんというか。今、この映画に出会えて良かったと心より思える名作です。
(マイ映画ベストテン上位に一気に食い込みました)

ムリヤリ三題話風に、思いつくままこじつけると。

騎手と競走馬は射手サインを連想。今回の日食と月食、水星逆行は射手サインで発生。
日食は牡羊天王星と120度で。そういえばノースノードは今年の3月3日から来年の8月末まで、
ずっと射手サインを逆行して、という連想が止まらなくなります。

射手サインのルーラーの木星は、現在の牡牛初期度数にあって、
射手サインとは150度離れた「見えていない/アバージョン」の関係にあるので。
木星は、射手サイン滞在の天体をレセプトできにくいムズカシイ状況ですが。

それだからこそというか。射手日食と月食と水星順行後の、木星順行のタイミングは、
重要な時期となるのではないか?注目に値する時期になるのではないか?

牡牛に木星で思いだすのが2000年5月29日の牡牛土星木星合。木星はサインをひとまわり。
(2000年5月牡牛土星木星合の時、射手サインには冥王星が滞在)

牡牛土星木星会合周期後半戦の今。残すところ半年あまりの牡牛木星通過の時期の今。
12月26日の木星順行以降、来年1月24日の火星逆行開始までの一か月間、10天体はどれも順行。

何が起こるか。何を起こすか。この期間、見逃さないよう過ごさねばです。




■土星と木星の会合:「ページの大整理」「タイマーズ」
  2011.12.15




かねてから懸案の。当ページの大整理をしました。

どうしようもなく重い「土星と天王星の180度」(その1)のページからこちらへ
ページを移動。4分の3位にはシェイプアップ。少しは軽くなったでしょうか。

ページタイトルに「土星と木星の会合」とつくものをこちらに移動しましたが、
お題のタイトルは「土星と天王星の180度」(その2)のままにしてあります。

作業中のBGMはタイマーズ。いいなあ。何度聴いてもいいなあ。と聞き惚れつつ。

以前にも書きましたが、忌野清志郎が覆面バンドタイマーズの活動を正式に開始したのは
土星と天王星合の時期の1988年08月06日の広島平和コンサートの辺りからで。

ちょうど今BGMで流れている曲はタイマーズの「原発賛成音頭」。これはなんというか、
猛烈強烈な皮肉満載で。ある意味で名曲ではと思う。

現在、一部で話題のRCサクセション名義「サマータイムブルース」と「ラブミーテンダー」は
1988年8月15日発売のアルバム「カバーズ」の収録曲で、この2曲が物議をかもしてしまい。
アルバム「カバーズ」の発売禁止騒ぎを巻き起こしました。

その事件で火がついて。清志郎は「タイマーズ」の活動を断固推進&開始。
RCサクセション名義ではとうてい発表できないような危ない曲を作った。

タイマーズ名義の「原発賛成音頭」は上記2曲への「アンサーソング」ともいえますが。
タイトルからして不謹慎過ぎたためか、タイマーズのアルバム3枚の中にも未収録。

元出は1988年〜1989年頃に清志郎が作成した「タイマーズ・デモテープ」の中の一曲で。
ご興味ありましたらぜひ検索を。今日現在、YouTube他各動画サイト上に存在しています。
(できれば福岡電気ホールでの「原発賛成音頭」ライブ版の視聴をおススメ)

その際、タイマーズ名義「メルトダウン」&「LONG TIME AGO」も合わせて一緒に検索を。
どれも一聴の価値アリの名曲ばかりです。


話が大きくそれました。何を言いたかったのかというと。ここは初志貫徹モードにて、
忌野清志郎の「土星と天王星合」モードにおおいに同期しつつ。

当ページでも引き続いてお題は「土星と天王星180度」を踏襲していく所存です。




■土星と木星の会合:「冷温停止状態、事故収束宣言?」
  2011.12.16.




いやもうほんとに驚くことばかり。ニュースを見て愕然とする。


野田首相は、午後15時半すぎ、政府の原子力災害対策本部の会合で、

東電福島第1原発事故について「原子炉は冷温停止状態に達し、

事故そのものが収束に至ったと判断」し、事故収束への工程表の
「ステップ2」完了を宣言。

午後18時過ぎ、野田首相記者会見。午後19時過ぎ、細野大臣統合会見。


うう。確かに射手水星順行に戻ってすぐだし。同期してはいるけれど。
うう。これって水星のデトリメントモードを絵に描いたような文言ではないかと。

「冷温停止」の定義まで自己解釈で変えてしまうなんて。「状態」?って。。
子供だまし。そんなにまでして安全をアピールする必要があるのだろうか。

福島の人達、現場で作業されてる人達に対して失礼でないか。
そういう認識はないのかしら。理解に苦しむ。

誰がこんな絵図を書いて指図しているのだろう。どんな理屈なのだろう。
こんなウソがまかり通ると思うのだろうか。不思議でならない。

吉田元所長。ベッドで今、このニュースをどういう思いで聞いてるのだろう。
冷静ではいられなくなる。アタマの中がぐるぐる沸騰してくる。

ここのとこずっとタイマーズの音楽を聴き続けていたせいか今アタマの中では
大爆音でゼリーの罵声雑言が!もとい、歌声がガンガンと響きわたっている。

アタマと心をクールダウンさせたい。モガモガともがいていて。
Twitterから飛んで「おしどりマコ・ケンの脱ってみる?」のページを知る。

過去ログの記事から順番に読んでいたら。少し気持ちが落ち着く。

自分の場合、調子が狂った時に何よりの鎮痛剤となるのは、やっぱりいつも、
まともな人のまっとうな意見&ユーモアだと再確認。とてもありがたいです。




■土星と木星の会合:最後のまとめ 00
  2011.12.31




今、村上春樹の本を読んでいます。大昔に何冊か読んだことはあったのですが。
その時はなんか性に合わなくて。ピンとこなくて。それっきりでした。

急にその気になって。デビュー作から順に読み始めてみたら。あらま面白い。
これは困った止まらない。

チャートも見てみたら。村上春樹は山羊サイン太陽で。柴田元幸が蟹サイン太陽。
どちらも太陽がカーディナルサインで。見事に補完し合うチャートですね。なるほど。

という話はさておき。

もうもう本当にこのページのまとめをしなくては。
もうもうこの年末でここも区切りをつけなくては。
3年はいくらなんでも長くなりすぎた。キリがない。

12月26日の木星順行後、現在は10天体すべて順行という珍しい時期ですからね。
(何かをしないともったいない気も)

元はといえば「山羊冥王星イングレス」や「土星と天王星の180度」がきっかけで。
始まってしまったのが運のツキだった。止まらなくなった。(回顧モード)

どういう意味付けが可能なのか?という個人的興味から思いついたことを
徹底的に気がすむまで書き出してみようという動機で書き始めた。

あれこれ考えるうちに。星と木星の会合の周期の妙に気がついて、
現在が土星と木星の会合の周期の「地のサイン」から「風のサイン」への
移行期にあたることに気がついてそれから今に至ったという。

もし自分に歴史や政治経済に関する知識があれば。土星と木星の会合の周期との
照応とか検証とかそれなりの考察が可能であったかもなのですが。

無知無教養。ああちゃんと学校で勉強しておけばと悔いても時すで遅し。
年の瀬に身に染みるは自らの至らなさばかりなり。残念だけどもいたしかたない。

付け焼刃ではおっつかないし背伸びしても仕方ない。ここはざっくりと単純に。
考えてきたことをランダムに書き出して。まとめ&整理をしようと思います。




■土星と木星の会合:最後のまとめ 01 「2枚の憲法図」
  2011.12.31



まず2枚の憲法図と1、9世紀「地のサイン」から「風のサイン」までの土星木星会合一覧に、
トランスサタニアンの発見時と憲法図成立時を追加したデータをを再掲します。


▼2枚の憲法図 




▼地のサイン:牡牛土星木星会合

1781年03月13日00時00分 天王星発見(双子24度)

1802年07月18日07時34分 土星木星合(乙女05度)
1821年06月20日01時52分 土星木星合(牡羊24度)

1842年01月26日14時54分 土星木星合(山羊08度)
1846年09月23日00時00分 海王星発見(水瓶25度)
1861年10月21日21時09分 土星木星合(乙女18度)
1868年01月25日00時00分 ★明治元年(旧暦)★
1881年04月18日22時19分 土星木星合(牡牛01度)
1889年02月11日10時40分 ★大日本帝国憲法発布(明治22年)★
1901年11月29日01時10分 土星木星合(山羊14度)
1921年09月10日13時00分 土星木星合(乙女26度)
1930年02月18日00時00分 冥王星発見(蟹  17度)
1940年08月08日09時56分 土星木星合(牡牛14度)
1940年10月20日14時08分 土星木星合(牡牛12度)
1941年02月15日15時11分 土星木星合(牡牛09度)

1946年11月03日11時00分 ★日本国憲法公布記念式典(昭和21年)★
1961年02月19日08時44分 土星木星合(山羊25度)

1981年01月01日05時56分 土星木星合(天秤09度)
1981年03月05日04時37分 土星木星合(天秤08度)
1981年07月24日12時53分 土星木星合(天秤04度)

2000年05月29日00時44分 土星木星合(牡牛22度)
2006年08月24日22時30分 冥王星惑星降格(射手24度)

2020年12月22日03時02分 土星木星合(水瓶00度)


上記データから、自分の気になる注目ポイントを書き出します。


★注目ポイントその1:

建国図の無い日本で通常、出生図代わりによく使われるのが2枚の憲法図。
どちらも「牡牛サイン土星木星会合」のサイクルの時期に成立しています。

この偶然にまず注目です。


★注目ポイントその2:

次に「大日本帝国憲法図」のASCが牡牛で、MCが水瓶サインであることにも注目。
そして、こじつけの連想モードに突入。

「大日本帝国憲法図」の10時40分の発布式開催時間の図のASCは牡牛22度。
現在の牡牛土星木星会合周期が開始した、2000年05月の会合図の度数と同じ。

ついでにいうと、MCの度数は水瓶03度で次回の土星木星合の度数は水瓶00度。
こういう度数に過剰にビンカンに反応するのはいかがなものか?とは思いつつ。

この「大日本帝国憲法図」の。牡牛ASCと水瓶MCのアングルは。
「牡牛土星木星会合」から「水瓶土星木星会合」へという現在の移行期の20年間に
日本国がたどるであろう道筋を暗喩によって指し示しているのではなかろうか?

と、自分は考えてしまうのです。


★注目ポイントその3:

仮に「大日本帝国憲法図」の牡牛ASCと水瓶MCが現在の、2000年から2020年までの
土星木星会合サインの移行期の道筋を示すのだとして。

「大日本帝国憲法図」のASC牡牛ドミサイル・ルーラー金星とエグザルト・ルーラー月の
ふたつの天体の状態をみると。どちらの天体も牡牛サインの両隣で30度のアバージョン。
例えていうと、騎手が降りた状態の競走馬でしょうか。(月はボイド)

MC水瓶のドミサイル・ルーラー土星は獅子サインでデトリメント。
IC獅子サインのドミサイル・ルーラー太陽は水瓶でデトリメント。

これはダメージを伴う180度のMR。例えていうと、江戸時代の参勤交代の藩主。
江戸詰めで疲弊しつつも領地の統治をせねばならないというイメージです。

天体のエッセンシャル・ディグニティはのきなみどれもあまりよろしくない。
ハウス位置も天体の品位も良いのは、唯一、魚火星のみという状況。

魚火星は牡牛ASCから見ると「デトリメント」ルーラー。牡牛ASCルーラー金星とはMR。
ビミョウなサイン位置からの「牡羊金星、牡牛ASC、双子月」との関わり合いとなる。

これはなかなかキビシイ様相です。


★注目ポイントその4:

そしてさらに自分にとって興味深いのが「日本国憲法図」です。

「日本国憲法図」はアングルが山羊サイン。自分は「山羊サイン」を「地のサインの象徴」、
「地のサイン:土星木星会合周期」の開始と終了を示す代表のサインとみなしています。

それもあって「日本国憲法図」山羊ASCは、日本にとっての「地のサイン」サイクルの
しめくくりというか。総集編を示すチャートに見えてしまうのです。

山羊ASCのドミサイル・ルーラー土星は8ハウス獅子サインにあってデトリメントですが、
エグザルト・ルーラーの火星は11ハウス蠍。ハウス位置も天体の品位も良好。

で。現在は「日本国憲法図」の山羊1ハウス冥王星、牡羊4ハウス天王星、天秤10ハウス土星。
カーディナルクライマックス天体が入って揺さぶりをかけていることを実感です

余談ながら。日本のバブル景気は「天秤土星木星会合」サイクルで生じたものですが、
「日本国憲法図」10ハウス天秤9度海王星の位置で土星木星が合になっていたのですね。
今気づきました。


★注目ポイントその5:

「大日本帝国憲法図」と「日本国憲法図」を2枚比べて類似点もチェック。

どちらもASCが地のサイン。MCが固定サイン。火星の状態とハウス位置が良い。
土星が獅子サインでデトリメント。水星がデトリメント。月が風のサインで2ハウス。
金星が火のサインで12ハウス。天王星が風のサインで6ハウス。

こういった点も見逃せないなあと思います。


★注目ポイントその6:

もうひとつ。どうしても連想せざるを得ないこと。それは。

広島と長崎の原爆投下も今年の福島第一原発事故も。
どちらも「牡牛土星木星会合」サイクルの最中に発生していることです。

極端な話。自分のアタマの中の連想ではこれらが結びついてしまっていて。

前回の戦前の「牡牛土星木星会合」と今回の「牡牛土星木星会合」は
合わせ鏡のほうに呼応していて、同一の様相を補完して照らし合わせて
いるように思えています。

それもあって、現在の「牡牛土星木星会合」サイクルの20年間をよりよく読み解くには、
戦前戦後の「牡牛土星木星会合」サイクルの昭和15年から昭和35年までの20年間を
同時に読み解くことで理解が進むのではないか。そう思えています。




■土星と木星の会合:最後のまとめ 02 「5枚の土星木星会合図」
  2011.12.31



憲法図2枚をざっくり見た後で。次にいよいよ肝心の土星木星会合図も確認を。


▼1940年〜2020年 土星木星会合図: 「火星(ディスポジション)」と「MR」の状況




上図5枚の土星木星会合図の個人的な注目ポイントを書き出します。


★注目ポイントその1:

1940年牡牛土星木星会合は、「大日本帝国憲法図」牡牛ASCサインで生じる。
昼のチャートで太陽がヘイズ。天体はすべて地平線上にある。
すべての天体が順行している。

1961年山羊土星木星会合は、「日本国憲法図」山羊ASCサインで生じる。
昼のチャートで土星がヘイズ、ドミサイル、10ハウス。突出して状態が良い。

1940年牡牛土星木星会合図と1961年山羊土星木星会合図は、
どちらも1、4、7.10ハウスはカーディナル・サイン。
どちらも月が1ハウスにあってASCと合。

1940年(昭和15年)から1981年(昭和56年)までの40年間、
日本の政治経済は、可変的で不安定な状況にあることを示す。


★注目ポイントその2:

1981年天秤土星木星会合は、「日本国憲法図」天秤海王星と合。
夜のチャートで、月がヘイズ。(ただしハウス位置と品位は今ひとつ)
すべての天体が順行している、

2000年牡牛土星木星会合は、「大日本帝国憲法図」牡牛ASCと合。
夜のチャートで、地平線上をトランスサタニアン3天体が占める。
(7天体はすべて地平線下で牡羊、牡牛、双子の3サインにある)

1981年天秤土星木星会合図と2000年牡牛土星木星会合図は、
どちらも1、4、7、10ハウスはミュータブル・サイン。

1981年(昭和56年)から2020年(平成32年)までの40年間、
日本の政治経済は、新旧のシステムの移行期、時代の変わり目
にあたることを示す。(のでは?と思われるです)


★注目ポイントその3:

1940年から2020年までの5枚の会合図を、ハウス位置で比べると。

日本において、土星木星会合のハウス位置が良かったのは以下の時期。
1961年の10ハウス(MCとの合寸前)
1981年の11ハウス(MCとの合直後)

1940年は8ハウス(相手国のリソース/損失&消耗)
2000年は3ハウス(地平線下、地縁、ご近所)
2020年は4ハウス(地平線下、家庭、家族)

こういった点からも。いろいろと見えてくるものがありますね。

戦中戦後の動乱期に、日本での土星木星会合は8ハウスだったんだと
今さらながら認識してしまい。

2000年と2020年の土星木星会合は、どちらもフィクストサイン。
この時期の日本の政治経済は、変化発展成長進化というよりも、
国家としての基盤固めが肝要ですね。


★注目ポイントその4:

2020年の水瓶土星木星会合は、「大日本帝国憲法図」のMCと合。
「大日本帝国憲法図」が180度回転したような感じですね。

ASC蠍でMCが獅子。アングルはすべてフィクストサイン。

1981年から2020年まで40年間の長きにわたる移行期間の試行錯誤を経て、
日本の政治経済の新しい在り方を固定させていく時期。

2020年の水瓶土星木星会合図は、すべての天体が地平線下にあります。

2000年牡牛土星木星会合図も2020年の水瓶土星木星会合図も。
どちらもMCのドミサイル・ルーラーは3ハウス。

150度サインにルーラーが位置すると、MCの舵取りはスムーズには
行きかねる感じで。MCを政府とみなすと。機能不全はしばらく続きそう。

6ハウス牡羊ドミサイル火星と3ハウス山羊太陽はエグザルト天体同士のMR。

公私でいう「私」の方に国民の関心は向かい。お上政府はあてにせず、
自助努力、地縁ご近所ネットワークで相互扶助を目指すというような感じ。

困った時はお互い様という助け合い精神。三丁目の夕日な感じのイメージで。
地縁で結ばれた絆。地域密着型の小商いな経済システムが思い浮かびます。

水瓶の風サイン時代の夜明け。どんな時代にするのか、またはなるのか。
今から考えて着々と備えていかなくちゃです。




■土星と木星の会合:最後のまとめ 03 「移行期的混乱」
  2011.12.31



という。2枚の憲法図と5枚の直近の土星木星会合図とを照らし合わせて。

今いちど「土星木星会合」サインの「地から風へ」という「移行期」をはさむ、
1940年から2020年までの時代の変遷をざっくりと振りかえってみます。


★1940年の牡牛土星木星会合のサイクル:

第二次世界大戦。広島&長崎の原爆投下。戦後の占領を経ての独立、経済復興は。
ウラ側に潜む「大日本帝国憲法図」の在り方との照合しつつ。明治後半以降に
日本が為してきたことのあがない、やり直しの期間にもなっていたのではないか。

地のサインでの「牡牛土星木星会合」は、日本の場合、
アキレス腱というか、重要な時期にあたっているように思えます。


★1961年の山羊土星木星会合のサイクル:(地のサインの終わり)

山羊サインで始まり、山羊サインで終わる「地のサイン:土星木星会合周期」の
総決算というか総仕上げにあたる20年間。クライマックス。

日本の場合、この時期が高度経済成長期。今となっては。その成長期のウラを
支えたのが電気であり「原子力政策&発電所」であったのだと痛烈に再認識中。


1965年の乙女サイン天王星冥王星合。これも忘れちゃなりません。
学生運動。安保闘争。ベトナム戦争。そして70年代の大阪万博。ビートルズ。
混沌とした時代でもありました。


★1981年天秤土星木星会合のサイクル:(移行期前半:風のサインお試し期間)

この時期、次なる風サインへの移行期の開始。風サインのお試し期間。
日本の1980年代後半はバブル全盛の時代&その後に続くバブルの崩壊。(遠い目)

自分は映画演劇音楽というカルチャーの洗礼を受けた時代で。
そして後半10年の1990年代にパーソナルコンピュータが登場して。情報革命が。

パソコン通信にインターネット。Stargazer。新しい時代の幕開けに胸躍った時代です。

前半の1980年代には「土星冥王星合」「土星海王星合」「土星天王星合」。
さまざまな形で時代の「圧」が土星にかかり始めていたのがこの時期。

後半の1993年には天王星と海王星の合。(その年にドリームスペルも登場)


★2000年牡牛土星木星会合のサイクル:(移行期後半:地のサインゆり戻し&清算)

移行期後半最後の総仕上げ。地のサインの会合時代の総決算で。
やり残しはないか?暮れの大掃除のお姑さんの最終確認のような時期。

この時期は「大日本帝国憲法図」の因果の清算も同時並行で
きっちり綺麗にやり残しなく仕上げねばならない気がひしひしと。

なぜなら現在の目の前の現状、それは自分たちの国家が今まで為してきたことの
「結果」に他ならない。そんな気がしてならないからです。

2000年代は「土星冥王星180度」「土星海王星180度」「土星天王星180度」という。
トランスサタニアン3天体と土星との180度が続き。

そして2010年代にはメリマン氏いわくのカーディナルクライマックス。
2011年3月11日、東北大震災。福島第一原発事故。日本の危機。

今後、2012年から2015年にかけては、牡羊天王星と山羊冥王星の90度。
1965年をスタートとする牡羊天王星と山羊冥王星の90度。

移行期の混乱。まだまだ今は序の口というか。これからが本番だなと。
そう思うと。覚悟のほどが問われる気がしてきています。

という。緊張感の高まる時期に。2013年07月26日に、
ドリームスペルのゲームのゴールも重なります。


★2020年水瓶土星木星会合のサイクル:(風のサインの開始)

とりあえずはここが目的地というか目指すべき直近のゴール。
地のサインから風のサインへの移行期の40年間を越えて向かうべき先で。

ともかくあと9年間。「大日本帝国憲法図」でのMCを目指して。
地味に地道にほふく前進あるのみ。しんどくてもひたすら前進。

地のサインがCold&Dryで風のサインはHot&Moistで。今アタマの中では、
オアシス目指して砂漠を横断中の隊列のイメージが浮かぶのですが。

水瓶のオアシスはけして蜃気楼などではなく。ちゃんとあるハズだから。
そこを目指してあきらめずに進む。それが今という時代に居合わせた者に
課せられた責任だなと思います。


もちろんいうまでもなく。2020年になったとたんに。
すべてが良くなるということは、けしてありえないのですが。

それでも。新しい時代のスタートに合わせて、
新しい時代をよりよく迎えることができるよう。

次の時代へ続く道の整備をしていかなくてはと思う次第です。




■土星と木星の会合:「年末の雑感」
  2011.12.31



この今の時代。占星術的観点からチャートを見るまでもなく。

テレビ番組、ニュース記事、識者のコメントを読めば。
これはもう相当にキビシイ時代だと日々是、実感。

経済は早晩破綻するのだろうなとか。政治の混乱は増すだろうなとか。
年金も福祉もあてにできず。財政は逼迫し。震災の復興にも時間がかかる。
原発の廃炉まで40年ではすむまい等。暗い見通しのタネは尽きません。

今年の春の震災。衝撃でした。時間が止まったかと思ったです。

震災と津波によって亡くなられた多くの方々。いまだ行方不明の方々。
震災と原発事故で被災され避難し、今も仮設住宅で暮らす多くの方々。
震災と原発事故の過酷な現場で途方も無い作業を続ける多くの方々。

皆様のご無念とご苦労を思うと言葉もございません。

土星木星会合周期の観点から考えると「地のサインから風のサインへ」という
特別な移行期間の真っ只中で東日本大震災と原発事故が起きた。重い現実。

震災の瓦礫処理。復興と原発の廃炉までの気の遠くなる長い行程。
行き場のない放射性廃棄物の山。除染。汚染物質の処理。膨大な費用。

これらを「風サイン土星木星会合周期」に持ち越さねばならないという事実。
時代のバトンタッチの時期に、こんなにも大きな負の遺産が生じてしまうとは。

それでも負の荷物ばかりを次世代にバトンタッチして背負わせてしまうのは
やはり忍びない。いたたまれなく思う。

このしんどい時期をくぐりぬけていく上で。忘れてならないのは。
自分の好きなことをとことん楽しむ気持ちで。つとめて気楽に。
くだらないことで笑える心の余裕、一緒にバカ話できる友達に家族。
大事にしなくちゃです。

世の中は捨てたものではないし。まっとうで尊敬できる人物は本当に大勢いるし。
元気に健康で仕事する人達もいる。素敵な良い人達はたくさんいる。それが救いです。

自分も、ささやかな夢を忘れず。めげそうな時はいつも思い出すぞ。
忌野清志郎とマイケルを。愛と平和を。いつも心に金星と木星を。

火星デトリメントはNG。焦らずに地道に前進。
日々是、ささやかな楽しみさえあれば。どんなに時代でも
なんとかなる気がする。きっと大丈夫な気がする。

日本人はけっこうしぶといから。自分も日本人のDNA&底力を蘇らせて。
しぶとく粘って前進です。

グレゴリオ暦年末モードにどっぷりシンクロして浸りつつ。
2011年最後の日に思うことを書きとめたところで。
長い長い当ページの締めくくりをと思います。

最後までお付き合いをありがとうございました。


2012.01.07.追記:
という。締めくくりの言葉を書いたのにも関わらず。
年初に早くも心変わりをしました。

やはり。まだ終えるのには早いのかも?と反省です。

言葉足らずの部分がたいへんに多いことですし。
またあらためて思うことを書き足そうと思います。

内容もページも。どんどんと重くなる一方ですが。
めげずにまた続きを書きます。





■土星と木星の会合:「年初の雑感」
   2012.01.07.



気を取り直して。さっそく続きです。

今、火星が乙女サインに長期滞在中なのですよね。
すっかりそれを失念して過ごしていたところに。

年末に猛烈にそれを再確認するような出来事があり。
年初にも出先で思いきり再確認させられる出来事があって。

うーん。と腕組みしてうなってしまいました。

考えてみると。乙女サインの火星は山羊冥王星とサイン間で120度。
2000年5月の牡牛土星木星合ともサイン間で120度。

牡牛サインからみると、火星はデトリメントにあたる天体で、
山羊サインからみると、火星はエグザルテーションにあたる天体です。

また木星は、この夏まで半年で一気に牡牛から双子へ駆け抜けます。
乙女火星と牡牛木星もサイン間で120度です。

乙女火星と牡牛木星(&牡牛土星木星合)、山羊冥王星の地GTだ。
これは一考に価すると思えてきました。

「天災は忘れた頃にやってくる」という諺があるように。
忘れないように常に意識して備えて待ち構えることによって。
招かざる天災の撃退も可能なのでは?と思えてきました。

ということでMEMOのメニューに「乙女火星逆行」ページを作成して。
乙女火星の動きを検討してみようと思います。


★年初の金言:「機嫌良く生きる」「おもしろおかしく暮らす」


昨日会合でお会いした人から聞いた言葉で忘れないようにここにMEMOを。
これから生きていく心構えは「おもしろおかしく暮らす」とのことで。いいなあこの言葉。

世間的には誤解招きそうな文言ですが。これって本質的に大事な生き方なのではないか。
「金星」の利己的でない本質部分を体現するとこの言葉になるのではないか。

と、しきりに感心していたら、今日は今日で、 辺境ラジオ12月25日放送分の録音を
聞いていて、1時間半のラストの締めのキーワードが「機嫌良く生きる」という言葉でした。

「機嫌良く生きる」ことこそ「心の革命」なのだと言い切る精神科医の名越先生。
「機嫌良く生きる」には五感と身体を軸に生活することだと内田樹氏。

ラジオを聴きながら「機嫌よく生きて、おもしろおかしく暮らす」というのは。
もしかして今年1年の重大な心構えになるのでは?と思えた。元気でる。
すごく面白い内容のラジオでした。(^^)




■土星と木星の会合:最後のまとめ 04 「4枚の図版」00
   2012.01.10



前回にもご紹介した辺境ラジオ12月25日放送分の録音の冒頭で
名越先生と内田樹氏が口を揃えて言った言葉に、妙に納得。

「何にも収束していない」「まだ前半戦が終わっただけ」「2011年と2012年はワンセット」。

そうなんですよね。まだ何も終わっていない。何ひとつ収束していない。すべてが現在進行形。
これからが大事な時期なのですよね。

2012年は「世界の指導者交代:スーパーイヤー」でもあるということで。
目が離せない一年となりそうです。

以下、今までに作成した図版を4枚並べました。これらの図版を手がかりに、
アタマの中でぐるぐると考えていることを書き出して整理してみようと思います。



●土星木星会合周期:四元素「火地風水」 

▼四元素図版その1   ※参照ページ
▼四元素図版その2  ※参照データ6:土星と木星の会合

●天王星と冥王星90度   ※参照ページ

※参照データ:天王星と冥王星合


●水と地ふたつのGT 



▼2013年:水GT(土星、木星、海王星)                ▼1772年:地GT(天王星、海王星、冥王星) 



☆参照ページ:「外惑星:地GT1772年」図版+MEMO  





■土星と木星の会合:最後のまとめ 05「4枚の図版」01
   2012.01.23. 



注:以下の四元素の図版その1は、自分が土星木星会合周期の妙にハマった時に、
アタマの中を整理するために作成した「自己流解釈」の図版であり、
正式な教科書的な内容のものではありません。(念のため)



●土星木星会合周期:四元素「火地風水」 

▼四元素図版その1   ※参照ページ

土星木星会合のグランド・ミューテション・サイクル(800年弱)の火地風水の一巡を、
各サインのドミサイル・ルーラーを並べて表示したものです。

こうしてみると、地と風の切り替わり地点で「火地」と「風水」が相互に補完しあう様子が
よくわかるかと思います。

また「火と水」のサイクルは「木星」が、「地と風」のサイクルは「土星」がというように
それぞれのサイクルの基盤を「木星」と「土星」が担っているようにも見えます。

さまざまに解釈可能かと思いますが、例えば「火と水」のサイクルは「木星=拡大・発展」を目指し、
同様に「地と風」のサイクルは「土星=縮小・固定・安定」を目指す時期と想定することもできそうです。

この図を「現在」に置き換えると。真ん中の「地から風へ」という移行期にあたり、
今までのおよそ400年間の「火と地」のサイクルを終えて、新しく「風と水」のサイクルへと
向かう時期です。

別の言い方をすると「地=Cold&Dry」なサイクルから「風=Hot&Moist」なサイクルへの
転換期にあたります。

目先のことで汲々としていると。地味で窮屈で卑小な気分になってきてしまうのですけど。
この位にハデで大きな視点で「時代」を眺め渡すと。木星気分満点で気が大きくなってきます。

話がそれました。何が言いたかったかというと、

時代を考える上では、超・長期的な視点も大事ではないか?目先のことばかりではなく、
土星木星のグランド・ミューテーション・サイクル位のスパンも参考にすることによって、
見えてくるものがあるのではないか?ということです。


★大河ドラマ「平清盛」:「地のサイン会合周期の終焉」

余談ですが。面白いなと思うのは。お正月から始まったNHKの大河ドラマ「平清盛」の
時代背景で、「土星木星会合周期」の視点でみると平安末期は絶妙な符号を示します。

主人公の平清盛は、1118年生まれで1181年3月20日に死んだとされるので、大河ドラマの時期は、
ひとつ前のグランド・ミューテーション・サイクルの「地から風」への移行期前にあたります。


1047年11月25日06時28分 土星木星合(山羊05度)地C ☆★
1067年09月25日23時42分 土星木星合(乙女21度)地M★
1086年 白河上皇の院政の開始
1087年03月04日16時58分 土星木星合(牡牛03度)地F
1107年02月17日06時37分 土星木星合(山羊16度)地C ☆★
1118年 平清盛生まれる
1127年08月14日16時27分 土星木星合(乙女29度)地M★
1129年 鳥羽上皇の院政の開始
1146年06月11日13時16分 土星木星合(牡牛17度)地F
1156年 保元の乱
1159年 平治の乱

1166年12月19日05時18分 土星木星合(山羊21度)地C ☆★
1168年 平清盛病に倒れて出家する
1181年03月20日 平清盛死す
1185年04月25日 壇ノ浦の戦い


1186年11月15日17時38分 土星木星合(天秤12度)風C ☆
1192年 源頼朝、征夷大将軍となり鎌倉幕府を開く
1206年04月24日03時54分 土星木星合(牡牛25度)地F
<現在はこの辺の時期に対応>
1226年03月12日13時07分 土星木星合(水瓶02度)風F ☆
1246年09月29日06時12分 土星木星合(天秤19度)風C ☆


なんというか。自分のアタマの中での妄想では。

平清盛は、武士の下刻上の時代を築いた立役者として、当時の
「地のサイン:土星木星会合周期(=朝廷政治)」を閉じた象徴的人物と
なってしまっています。

それでは今回の「地のサイン:土星木星会合周期」の象徴となるのは何だろう?と。
ついついそんなことを考えずにいられなくなるのでした。




■「スーパーイヤー 2012」覚え書き
   2012.01.23. 



そうだそうだ。目先のことも忘れないように。日付のMEMOをしておかねばです。


2011年12月17日 北朝鮮 金正日の三男が最高指導者の地位を継承

2012年01月14日 台湾 総統選挙
2012年03月04日 ロシア 大統領選挙
2012年03月06日 スーパーチュースデー
2012年05月06日 フランス 大統領選挙
2012年07月01日 メキシコ 大統領選挙
2012年09月  日 日本 民主党代表選挙
2012年10月07日 ベネズエラ 大統領選挙
2012年11月06日 アメリカ 大統領選挙
2012年11月15日 中国 共産党次期総書記選挙(国家主席)
2012年12月19日 韓国 大統領選挙



今年前半は乙女火星長期滞在&逆行で、後半はいよいよ天王星冥王星90度の開始。
どこのお国も激動の「スーパーイヤー」の名にふさわしい一年となりそうです。




■土星と木星の会合:最後のまとめ 06 「4枚の図版」02
   2012.02.04. 



注:以下の四元素の図版その2は、自分が土星木星会合周期の妙にハマった時に、
アタマの中を整理するために作成した「自己流解釈」の図版であり、
正式な教科書的な内容のものではありません。(念のため)



●土星木星会合周期:四元素「火地風水」 

節分が終わって。海王星も魚サインにイングレス。気分新たに図版についての続きです。
(BGMはなぜかマイブーム中のキング・クリムゾンです)


▼四元素図版その2  ※参照データ6:土星と木星の会合


四元素2の図版は、現在進行形のグランド・ミューテーション・サイクルに西暦年と、
新旧の支配星を各サインに書き加えたものです。 →※参照ページ


この図版を見て、連なる列車の車両(四元素)とその連結部分(移行期間)を連想しました。

現在は地サインから、風サインの車両へ乗り移ろうとして、列車の狭い連結部分で
ガタゴト揺られながら足を踏ん張って耐える姿が思い浮かんで。

風サインの車両に乗り移ることさえできれば安心できるのにとか、風サインの車両は
さぞ暖かくて居心地良いだろうにと考えたりもしたのですが。

事はそんなに甘くないハズ。それは自分のアタマでも容易に想像できるので。
もうちょっと掘り下げて考えてみたいと思います。


四元素の順に繰り返される「土星木星会合」のサイクルから何を見出すことができるか?
歴史において、現在という立ち位置は、どういう時期と見なすことができるのか?

「参照データ6」を確認すると。グランド・ミューテーション・サイクルの繰り返しは
必ずしも規則的なものではいないことがわかります。

当ページでいうところの「元素の移行期間」も時代によって不規則で、
参照範囲内でいうと移行期のサインの交替の順番が定まっているのは
11世紀初期から22世紀にかけてだけです。

混沌とした四元素のサイクルの移行がだんだんとカタチが定まっていって、
二度、同じサイクルを繰り返した後、まただんだんとカタチが崩れていく。

9世紀から22世紀にかけて、二度繰り返される「グランド・ミューテーション・サイクル」。
現在は二回目のサイクルの真ん中の折り返し地点。これが個人的な注目点。

前回のグランド・ミューテーション・サイクルの「地→風」の移行期は日本では、
平清盛のNHKドラマのように、朝廷から武家へと政治体制が移行していく時期に
あたりました。そしてその後に歴史はどのような変遷をたどったのか。

「平安(火地)→鎌倉→室町→ 安土桃山(風水) 」
「江戸(火)→明治、大正、昭和、平成(地)→(風水)」という2つのサイクルの歴史を
対比することで見えてくるものがあるかどうか。

前回と(868年〜1663年)と今回の(1663年〜2338年)の2つのサイクルをひと連なりで
考えることは可能だろうか。下記のように「起承転結」をあてはめるとどうなるか。

「創始:平安(火地)」→「洗練:鎌倉→室町→ 安土桃山(風水)」→
「変容:江戸→明治、大正、昭和、平成(火地)」→「熟成:(風水)」


政治体制。交易。貨幣経済。武士の台頭、鎖国や開国。明治維新。民主主義や資本主義etc.
さまざまな観点で検討することで、なんらかの「糸口」が見えてくるかどうか。

または。現実的な事象を脇において、妄想モード全開でSF風に考えることで、
異なる視点からの解釈が可能になるかどうか。

例えば「占星術的な観点」で、前回と今回のサイクルの違いを比べてみると。

3つのトランスサタニアン天体が発見され、現代占星術の解釈体系に組み込まれたのは、
今回の火のサイクルの終わりから地のサイクルにかけてのことでした。まるで1回目の
サイクルを上書きして更新するようにも思えます。これもヒントになるのではないか。

現在を、地の車両から風の車両へ乗り移る時期と見なしたのですが。
もしかして車両を乗り移ろうと必死になるだけではダメなのではないか。

今、目の前にあるのはもっと根源的な課題なのではないか。列車でいうなら、
列車が進む行き先そのものが問われているのではないか?とそう思えてきました。

例えば原発問題は確かに「電気が足りるとか足りないの問題」ではない。もっとラジカルな
意味で「進路&その変更」が問われていて。そしてそれは日本だけの問題ではない。

今回の事故は「原発賛成or反対」という単純な問いではなくて世界全体で共有すべき
普遍的な「大命題」を突きつけられている気がしてきます。

エネルギー問題。再生可能エネルギーの開発は明るい未来へ至る道に見えるのですが、

同時にそれは使用済み核燃料の廃棄処理や廃炉、除染という気の遠くなる行程を伴う
イバラの道でもあって。全地球規模で取り組んでも何世紀かかるかわからない大事業。

現状を少しでも好転させ、刷新させ、コツコツ前進し続けていくためには何が必要か。
歴史の流れを俯瞰することで。過去の行為のバグを発見し修正することはできるのか。

「思考不可能なことを思考する」上で「先入観、思い込み、刷り込み、定型的な考え」の罠に
足をすくわれないようにするには、何をどう気をつけて進めばいいのか。


どこが目的地なのか知らずにいたら線路の車線変更もできない。どこへ向かって、
どのように進もうとしているのか。常に忘れずに考え続けていく必要があるのではないか。

「四元素図版」を眺めながら、そんなことをぐるぐる考え続けています。


★追記:「移行期」に登場しない「蟹サイン&山羊サイン」

ひとつ気がついたことが。

図版下部の当ページで言うところの「移行期」には「蟹サイン&山羊サイン」が登場しません。

最初にこの図版を作成した時は、山羊は地サインの代表格としての役割があり、
蟹サインだけがこの図に登場しない「隠れた特別なサイン」とみなしたのですが。

蟹サイン同様に山羊サインも「移行期」に登場しない「隠れたサイン」とするなら、
「蟹サイン&山羊サイン」には特別な役割があるように思えてきます。

詳しくは次回に。




■土星と木星の会合:最後のまとめ 07 「4枚の図版」03
   2012.02.24. 



ここ数日、Twitter上で話題の「放送大学」関連のツィートを読んで、試しに地デジのテレビで
放送大学の講座を見始めたら面白くて止まりません。四月からは全国のradikoでも放送が
開始とか。これは素晴らしい。楽しみ。ということで、本日の作業BGVは「日本美術史」。


●天王星と冥王星90度   ※参照ページ

※参照データ:天王星と冥王星合


前回に「追記」で注目した「移行期に登場しない隠れたサイン(蟹&山羊)」は、
上記図版「冥王星発見時の蟹サイン」と「現在の冥王星滞在の山羊サイン」に該当します。

自分はこういうシンクロに目がありません。ただの偶然とはわかっていても。
深読みモードの誘惑に勝てません。解釈しがいがあるように思います。

天空の謎解き&クロスワードパズルのようで。「空欄を埋めなさい」というか。
某雑誌で連載中の小説のタイトルのように「お題」を出されている感じです。

2006年8月24日、天文学上ではすでに冥王星は準惑星に降格しましたが、
現代占星術の解釈体系においては、いまだにバリバリの現役天体です。

地のサインから風のサインへの「土星木星会合周期」の移行期間中に生じる
「蟹サイン=発見時の冥王星滞在」と「山羊サイン=現在の冥王星滞在」は、

同時期に「牡羊天王星とのサイン間での90度」アスペクトを伴うことで、
個人的に「注目に値する時期」と思っています。

また現在、2011年11月から2012年の07月にかけては「乙女サイン火星長期滞在期間」に
あたります。(→MEMO欄のページ参照)


上図の「地のサイン」乙女にはトランジット火星が、山羊にトランジット冥王星が、
牡牛にトランジット木星がそれぞれ滞在しています。

自分の場合、こういった「注目サイン」にトランジット天体がそろうと、
トランプのカードゲームで言う「スリーカード」を連想してしまいます。

牡牛サインは「大日本帝国憲法図」のASC、山羊サインは「日本国憲法図」のASCに
対応しますので、それぞれのASCサインに対する乙女サインのポジションは重要です。

例えば乙女火星であれば、牡牛サインにとってはデトリメントとなる品位の悪い天体で、
山羊サインにとってはエグザルテーションとなる品位の良い天体です。

解釈例として、仮に乙女火星を「マレフィック」天体とみなした場合には、
以下のように考えることもできそうです。

牡牛サインに対しては「痛手、損傷、消耗、トラブル、短慮」を助長して、
山羊サインに対しては「一時的な高揚、過大評価、行き過ぎ」を助長する。


しかし、こうした現在のトランジット天体の配置や状況のみで解釈するのではなく、
上図を参照しながら「過去、現在、未来」の大きな流れを俯瞰して、さまざまな階層から
解釈を考えていくことが大事ではないかと思います。

また現時点では「天秤土星/牡羊天王星/山羊冥王星」のサイン間Tスクエア状態が継続中。
品位の良い天秤土星は、牡羊天王星と山羊冥王星のサイン間90度のストレスに耐えています。

動きの速い牡牛木星&乙女火星は、山羊冥王星とのサイン間で地GTの影響をどう受けるのか。

今年前半の乙女サインの火星長期滞在期間。火星を「エネルギー」の象徴天体とみなすなら、
本格的な「牡羊天王星と山羊冥王星90度」時期の幕開けを前に、今後の「エネルギー問題」を
考えていく上での要注目時期となる気がします。

急ぐ時ほどゆっくりと。煽られる時ほど冷静に。公私ともに気合を入れつつ。
長期的な視野からも、現状を慎重にもちこたえていく方策が必要だと思う次第です。


★追記:

現在、トランジット乙女火星と牡羊天王星は、サイン間では150度であり、
直接的にはアスペクトができない(目視不可の)間柄です。

解釈として、乙女火星と牡羊天王星はお互いの動向に気がつかないとか、
お互いの反りが合わずに嫌い合う関係と考えることもできるのですが。

下記のようなギリシャ期の古典的な解釈方法を参照すると、
乙女サインと牡羊サインはお互いに親和性を持つ関係とみなされます。


【アンチッション Antisicion】 「同等の力、同等の光の所有」

夏至(蟹0度)と冬至(山羊0度)を基点とするサインの対称関係。光が同じということで、
「お互いが顔見知り」の親和性を持つとされる。



人物で例えていうと。町内会の顔見知り程度には、互いに相手を認識している間柄で
道ですれ違ったら挨拶をする仲という感じでしょうか。

乙女火星であれば、牡羊サインのドミサイル天体にあたるので、顔見知り以上の仲に
なるかもしれません。(碁会所での好敵手とか、床屋や飲み屋での常連同士とか)

このアンチッションをホラリー等で用いる際は、サイン間の位置だけではなく、
厳密に、天体の正確な度数の関係を見る場合が多いようです。
(例:乙女25度←→牡羊05度)

現在のトランジット天体でいうと、海王星魚00度と土星天秤29度は、
正確な度数でのアンチッションの関係となるケースです。


▼参考図版:



※注意:上記は「黄経」を基準に、2天体間(や感受点)のサイン関係を見るものであり、
「赤緯」を基準に2天体(や感受点)の位置関係を見る「パラレル」&「コントラパラレル」とは
「似て非なる」解釈手法です。(いつもごっちゃになってアタマが混乱してしまいます)




■土星と木星の会合:最後のまとめ 08 「4枚の図版」04
   2012.02.29. 



今日は窓の外は雪。こちらでもけっこう積もってきています。
夕方には地震もあって、盛り沢山の閏日となりました。

以下、図版に関する補足の続きです。


●地のグランドトライン


▼1772年:地GT(天王星、海王星、冥王星) 



☆参照ページ:「外惑星:地GT1772年」図版+MEMO  

☆参照ページ:土星と木星の会合:番外7「冥王星海王星天王星GT」

☆参照ページ:「データ6:土星と木星の会合 -0045年〜2596年」


これは、地のサインで生じるトランスサタニアン3天体によるグランドトラインの図版です。

天王星、海王星、冥王星の3天体によるGTを、発見前の時期も含めて調べてみると、
およそ500年ほどの間隔で発生することがわかります。(データ6を参照)

GTは同一の四元素のサインで発生するアスペクト配置です。天王星、海王星、冥王星の
3天体が関わることで「特定の四元素」のサインの性質が「強調」されるのではないか?
と思っています。

前回生じた天王星、海王星、冥王星のGTは18世紀後半で、1759年05月から1782年04月の、
およそ23年ほどの期間に、火GT、地GT、風GTが続きました。

世界史でいうとイギリスの産業革命、アメリカの独立戦争、フランス革命前の時期にあたり、
日本史でいうと 杉田玄白・前野良沢の「解体新書」や平賀源内のエレキテルの頃です。

占星術上のトピックとしては、この時期以降、発見された天王星、海王星、冥王星が、
現代占星術の解釈体系の中に新しく組み込まれていきました。

時代の変わり目、切り替え地点は、例えばここでの「土星木星会合」のサイクルのように、
大小さまざまな周期で参照することができます。

トランスサタニアン3天体のGTのおよそ500年サイクルも、大きな時代の区切りとして
参照してみたら面白いのではないか?と考えています。

18世紀後半に発生した「天王星、海王星、冥王星のGT」の個人的な注目点は、
現在の「グランド・ミューテーション・サイクル」の「火のサイン」会合周期に
生じていることです。起承転結でいうと「起」の部分にあたります。

1759年05月から1782年04月の期間内で、特に「1772年12月27日」の日付を選んだのは、
当ページで最初に取り上げた頃、「冥王星山羊、土星乙女」が同じ配置だったからです。
そしてどうせならと木星の魚イングレスのタイミングでチャートを作成しました。

「土星木星会合」のミューテションサイクルは、同一の元素内で約200年かけて続きます。

地の元素であれば「山羊→乙女→牡牛」のサインの順に会合を繰り返すことで、
ColdでDryな地のサインの元素の機能や性質を「強調」し続けます。

例えて言うと、地のサインという名前の科目を、200年がかりで学習し続けている感じで。
現在は四元素サインの移行期ですから、最後の最後にもう一度、補習授業で地のサインの
復習とまとめをして、卒業試験にチャレンジ中というイメージです。

当ページではこの地のGTの1772年12月27日のチャートを「地サイン始原図」と想定し、
このチャートが18世紀後半から23世紀までの500年間の「地サイン」を代表すると
みなしています。

解釈する場合に、例えば、出生ホロスコープの「NーT」と同様に考えてみると、

現在の「2000年5月牡牛土星木星会合」期間であれば「T:牡牛土星木星会合」が
「N:牡牛天王星」を強調し、その象意を体現する。

現在の乙女火星長期滞在であれば「N:乙女土星&海王星合」をT乙女火星が強調し、
象意を体現する。

これを踏まえて、解釈するとどうなるか。そのようなことを考え続けています。



▼2013年:水GT(土星、木星、海王星) 





こちらは、来年の夏に生じる水GTのチャートです。
この水サインGTの時期を注目する理由は、以下の3点です。

1: ドリームスペルのゴール

自分が愛好しているドリームスペルでは、2013年07月26日の日付がゴールとして
設定されています。上(記チャートはその直前の土星と木星120度の時刻で作成)

1995年から親しんできたゲームのゴールなので。ドリームスペラーとしては
時間船地球号の出航という大願成就が成るかどうか?とけっこうドキドキです。

2: レセプション

この時期のアスペクトにはレセプションが多く発生します。

☆蟹木星→魚海王星、★蟹火星→蠍土星&山羊冥王星、蠍土星→山羊冥王星

レセプション付きのアスペクト配置は、2天体間での責任所在が明確になり、
象意の範囲において物事がよりスムーズに寛大に進みやすくなる利点があります。

特に「蟹木星→魚海王星」は、蟹木星がエグザルテーションと天体の品位も良いので、
木星の善き機能の発揮に期待です。

3: 水サインGTによる地サインGTの補完

水サインの「蟹、蠍、魚」は、地サインの「山羊、牡牛、乙女」を鏡のように
180度でそれぞれが補完し合う位置関係になります。

地サイン「土星木星会合」周期200年分の清算、総決算、総仕上げという。

今まで地サイン時代にしてきたことの総まとめの時期として。水サインGTの
このタイミングを好機として活用せねばもったいないなと念じているところです。



●水と地ふたつのGT 


▼2013年:水GT(土星、木星、海王星)                ▼1772年:地GT(天王星、海王星、冥王星) 




もう一度、ふたつのGTを並べてみます。

ここでは、2013年水GTチャートを07月25日に変更し、ASCとMCも
1772年地GTのASCとMCと同じ度数にそろえた別バージョンを作成しました。

おお。こうすると見やすいです。水と地のサインの補完具合が一目瞭然ですね。

地サインの土星木星会合時期は、政治経済社会世相においてCold&Dryな性質が
強調されました。乾いてパラパラになった地には水のMoist成分が必要。

星占い風にいうなら、水サインに天体がある人達の出番&腕の見せ所。

世代でいうならば「蟹天王星」「魚木星、蠍海王星」「蠍木星&蠍海王星合」
「蠍海王星、山羊土星」の人達の活躍に、期待。

蟹サインは特に、カーディナルクライマックスでの空きサインでした。
天王星と冥王星90度の本格化の時期の蟹木星(&火星)は重要ではないかと。

木星が蟹サインに滞在するのは、2013年06月26日から2014年07月16日までの期間。
13か月なんてあっという間なので。今から備えておかないと間に合わないハズ。

来るべき2020年からの「風サイン:土星木星会合」周期の幕開けを前に、
2013年07月水GTはマラソンレースでの給水地点のようなものと想定して。

こうした天体配置や天体周期等を参考に「過去、現在、未来」という歴史の流れを
少しでも自分なりに「想像&創造」しつつ。将来へのvisionを地道にコツコツと
構築していかねばと考えている次第です。




■天王星と冥王星90度: その1「四季図」
   2012.05.16. 



そして。いよいよこの夏から始まる「天王星と冥王星90度」関連の参考データをと思います。

「天王星と冥王星90度」のひと月前には金環日蝕もありますし。こうなると詳細なデータを
つき合わせてあれこれ考えてみたくなります。

それにはやはり、大きな時代の流れから順に追って「今」に焦点化しないとダメですよね。


▼現在の20年間が「木星土星会合サイクル」の「地から風サインへの移行期間」であり、

▼「土星と天王星180度」は「地のサイン:牡牛木星土星合」周期の前半と後半の
 折り返しの時期にあたる2008年11月から2010年07月にかけて5回生じたのであり、

▼そして今は「牡牛木星土星合から水瓶木星土星合」への後半の10年にあたっていて、

▼「カーディナル・クライマックス」と呼ばれる一連の流れの中で生じる「金環食」であり、
 7回にわたる「天王星と冥王星90度」なのであるということ


を、押さえた上で考えなくちゃいけないなと考えるうちに、
ついつい「四季図」も見たくなってきてしまいました。

四季図を見れば、トランジット天体の位置関係もざっと追いやすいですし。
面倒くさいという気持ちを打破して「見る」価値はきっとあるハズ。

そこで気合入れてチャートを作成。「参考チャート一覧」を更新しました。

2010年から2020年までの11年分の「四季図一覧」データも作成しました。
先ずは以下、データ一覧をUPします。




■2010年〜2020年:東京四季図:

▼2010年四季図
 ★春分図 ASC 山羊22度(01:土星→10天秤01度)/  MC 蠍  13度(11:火星→08獅子00度)
 ★夏至図 ASC 山羊23度(01:土星→09乙女28度)/  MC 蠍  13度(11:火星→09乙女07度)
 ★秋分図 ASC 射手21度(01:木星→04魚  28度)/  MC 天秤09度(11:金星→12蠍  09度)
 ★冬至図 ASC 山羊26度(01:土星→10天秤16度)/  MC 蠍  17度(11:火星→01山羊10度)

▼2011年四季図
 ★春分図 ASC 牡牛24度(01:金星→10水瓶22度)/  MC 水瓶05度(10:土星→06天秤14度)
 ★夏至図 ASC 牡牛25度(01:金星→02双子14度)/  MC 水瓶06度(10:土星→06天秤10度)
 ★秋分図 ASC 牡羊12度(01:火星→05獅子02度)/  MC 山羊07度(10:土星→07天秤17度)
 ★冬至図 ASC 双子00度(01:水星→07射手08度)/  MC 水瓶10度(09:土星→05天秤27度)

▼2012年四季図
 ★春分図 ASC 獅子15度(01:太陽→09牡羊00度)/  MC 牡牛08度(10:金星→10牡牛15度)
 ★夏至図 ASC 獅子16度(01:太陽→1200度)/  MC 牡牛08度(10:金星→11双子08度)
 ★秋分図 ASC 19度(01:月→06射手27度)/  MC 牡羊04度(10:火星→0519度)
 ★冬至図 ASC 獅子17度(01:太陽→06山羊00度)/  MC 牡牛10度(10:金星→05射手06度)

▼2013年四季図
 ★春分図 ASC 天秤27度(01:金星→0627度)/  MC 獅子01度(11:太陽→07牡羊00度)
 ★夏至図 ASC 天秤29度(01:金星→1022度)/  MC 獅子03度(11:太陽→1000度)
 ★秋分図 ASC 天秤02度(01:金星→0213度)/  MC 02度(10:月  →08牡牛11度)
 ★冬至図 ASC 01度(01:火星→12天秤06度)/  MC 獅子05度(10:太陽→03山羊00度)

▼2014年四季図
 ★春分図 ASC 山羊13度(01:土星→1123度)/  MC 蠍  04度(11:火星→10天秤25度)
 ★夏至図 ASC 山羊13度(01:土星→1117度)/  MC 蠍  04度(11:火星→10天秤14度)
 ★秋分図 ASC 射手13度(01:木星→09獅子14度)/  MC 乙女28度(10:水星→11天秤26度)
 ★冬至図 ASC 山羊17度(01:土星→1129度)/  MC 蠍  08度(11:火星→02水瓶13度)

▼2015年四季図
 ★春分図 ASC 牡牛13度(01:金星→01牡牛04度)/  MC 山羊27度(09:土星→08射手04度)
 ★夏至図 ASC 牡牛12度(01:金星→04獅子14度)/  MC 山羊26度(09:土星→0729度)
 ★秋分図 ASC 24度(01:木星→07乙女09度)/  MC 射手00度(10:木星→07乙女09度)
 ★冬至図 ASC 牡牛17度(01:金星→0720度)/  MC 水瓶00度(10:土星→08射手10度)

▼2016年四季図
 ★春分図 ASC 獅子07度(01:太陽→09牡羊00度)/  MC 牡羊27度(09:火星→05射手04度)
 ★夏至図 ASC 獅子08度(01:太陽→1000度)/  MC 牡牛00度(10:金星→1203度)
 ★秋分図 ASC 13度(01:月  →12双子19度)/  MC 10度(09:木星→04天秤02度)
 ★冬至図 ASC 獅子11度(01:太陽→06山羊00度)/  MC 牡牛03度(10:金星→07水瓶15度)

▼2017年四季図
 ★春分図 ASC 天秤20度(01:金星→07牡羊08度)/  MC 蟹  23度(10:月→03射手27度)
 ★夏至図 ASC 天秤21度(01:金星→08牡牛15度)/  MC 蟹  23度(10:月→0301度)
 ★秋分図 ASC 乙女23度(01:水星→01乙女17度)/  MC 双子  22度(10:水星→01乙女17度)
 ★冬至図 ASC 天秤22度(01:金星→03射手25度)/  MC 蟹  25度(10:月→05水瓶06度)

▼2018年四季図
 ★春分図 ASC 山羊03度(01:土星→01山羊08度)/  MC 天秤23度(10:金星→04牡羊16度)
 ★夏至図 ASC 山羊02度(01:土星→01山羊08度)/  MC 天秤22度(10:金星→08獅子08度)
 ★秋分図 ASC 射手05度(01:木星→1220度)/  MC 乙女19度(10:水星→11天秤01度)
 ★冬至図 ASC 山羊07度(01:土星→01山羊10度)/  MC 天秤27度(10:金星→1114度)

▼2019年四季図
 ★春分図 ASC 牡羊27度(01:火星→02牡牛23度)/  MC 山羊16度(10:土星→10山羊19度)
 ★夏至図 ASC 牡羊27度(01:火星→0423度)/  MC 山羊16度(10:土星→10山羊18度)
 ★秋分図 ASC 13度(01:木星→10射手17度)/  MC 射手 20度(10:木星→10射手17度)
 ★冬至図 ASC 牡牛07度(01:金星→10水瓶02度)/  MC 山羊 23度(09:土星→09山羊18度)

▼2020年四季図
 ★春分図 ASC 28度(01:月  →08水瓶13度)/  MC 牡羊16度(10:火星→07山羊22度)
 ★夏至図 ASC 28度(01:月  →12双子25度)/  MC 牡羊16度(10:火星→0925度)
 ★秋分図 ASC 02度(01:月  →06射手10度)/  MC 13度(09:木星→07山羊17度)
 ★冬至図 ASC 獅子03度(01:太陽→06山羊00度)/  MC 牡羊22度(09:火星→09牡羊23度)





こうしてみると。2010年から2020年までの東京春分図は「カーディナル」or「フィクスト」サインのみで。
「ミュータブル」サインはありません。

まるで「動くか?止まるか?」「アクセルを踏むか?ブレーキを踏むか?」のどちらか一方ばかりで。
(「原発推進or原発停止」の二択の世論にも似ているかもです)

「ミュータブル/二重性」サインが象徴するの「季節の変わり目」のような
「ゆるやかな減速or加速」は受け入れかねるとでもいう感じみたいですね。


●四季図の解釈例:

マンディーンは門外漢ですが。自分の読み方を参考まで。

以前、マンディーンにお強い方から、四季図の春分図のASCサインに着目する読み方を
教わりました。自分はなるほどと思って、以来、この方法が気に入っています。

★春分図ASCサインが「カーディナル・サイン(活動宮)」の場合:
1年の動向は可変的。「春分図、夏至図、秋分図、冬至図」の4枚で流れを読む。

★春分図ASCサインが「フィクスト・サイン(固定宮)」の場合:
1年の動向は固定的。「春分図」だけで流れを読む。

★春分図ASCサインが「ミュータブル・サイン(柔軟宮)」の場合:
1年の動向は前半と後半で変動。「春分図、秋分図」の2枚で流れを読む。


●サインの3区分の解釈例:

四季の中で「カーディナル」サインは「季節の始まり」。気候は不安定。
「フィクスト」サインは「季節の真ん中」。気候は安定。
「ミュータブル」サインは「季節の変わり目」。気候は変動。

解釈例としては「カーディナル」サインは4つの季節の基点。物事の「始動」を表わす。
西部劇の酒場の両開きの扉のようにアクティブではあるが不安定。活動を指向する。

「フィクスト」サインは4つの季節を固定する時期。前の季節に動いた物事を固定させる。
不安定なものを安定させるために現状維持を目指す。変化や不安定を好まない。
金庫のように腰が重くなかなか動きだせない。「変わらない。変えない」。安定を志向する。

「ミュータブル」サインは2の季節が重なり合う時期。「活動的/固定的」の二面性を持つ。
安定を崩して不安定にさせる。物事を安定させたままにしようとする不活発な行動と、
新しく動きだそうとする活発な行動が交互に現われる。変化を指向。

という解釈例をふまえつつ。試しに毎年の春分図のASCとMCのサインだけ抜き出してみます。
以下の通りとなります。


■2010年〜2020年:春分図

▼2010年 春分図 ASC:山羊/MC:蠍
▼2011年 春分図 ASC:牡牛/MC:水瓶
▼2012年 春分図 ASC:獅子/MC:牡牛
▼2013年 春分図 ASC:天秤/MC:獅子
▼2014年 春分図 ASC:山羊/MC:蠍 
▼2015年 春分図 ASC:牡牛/MC:山羊
▼2016年 春分図 ASC:獅子/MC:牡羊
▼2017年 春分図 ASC:天秤/MC:蟹
▼2018年 春分図 ASC:山羊/MC:天秤
▼2019年 春分図 ASC:牡羊/MC:山羊
▼2020年 春分図 ASC:蟹  /MC:牡羊


このうちの2010年から2018年の天王星が牡羊サインに居る期間に
ASCがカーディナルサインの時は、

「天王星&冥王星90度」がサイン間で(1、4、7、10ハウス中で)
「カーディナル・クライマックス」を形作る時期となります。

こうしてみると四季図のASCやMCに「ミュータブル・サイン」が廻りくる時は
まるで特異現象ででもあるように思えてきます。試しに以下、抜書きしてみました。


■2010年〜2020年:ASC&MC ミュータブル・サイン

★2010年 秋分図 ASC:射手
★2011年 冬至図 ASC:双子
★2014年 秋分図 ASC:射手/MC:乙女
★2015年 秋分図 ASC:魚  /MC:射手
★2016年 秋分図 ASC:    /MC:魚
★2017年 秋分図 ASC:乙女/MC:双子
★2018年 秋分図 ASC:射手/MC:乙女
★2019年 秋分図 ASC:魚  /MC射手



11年分の四季図ですから、11×4=44枚の四季図のうち、
ミュータブルサインがASCかMCに混じるのはこの8枚だけ。
そのうち、ASCとMCのどちらもミュータブルなのは5枚だけ。

あとの36枚はどれも「カーディナル&フィクスト」サインで
埋め尽くされることになります。

逆に。ミュータブルサインが廻り来る時を狙って、なんらかの活動を
「ゆるやかに移行する」ような「変わり目」にしてみたくなってきます。


こうなってくると2000年から2009年の間の四季図も気になってたまりません。
チャート作成をはしょって、春分図だけでもざっと調べてみました。


■2000年〜2009年:春分図

▼2000年 春分図 ASC:乙女/MC:双子
▼2001年 春分図 ASC:蠍  /MC:乙女
▼2002年 春分図 ASC:水瓶/MC:射手
▼2003年 春分図 ASC:双子/MC:魚
▼2004年 春分図 ASC:乙女/MC:双子 
▼2005年 春分図 ASC:蠍  /MC:獅子
▼2006年 春分図 ASC:水瓶/MC:蠍
▼2007年 春分図 ASC:双子/MC:水瓶
▼2008年 春分図 ASC:獅子/MC:牡牛
▼2009年 春分図 ASC:蠍  /MC:獅子


おお。これまた見事に「カーディナル」サインが無くて、
「ミュータブル&フィクスト」サインのオンパレードではないですか。

これはぜひ時間のある時に、ASCとMCに「カーディナル」サインが廻りくる四季図を
確認してみたくなります。


そこであらためて、以下に2000年から2020年の春分図を並べてみます。

■2000年〜2020年:春分図

★牡牛土星木星 会合周期:前半(カーディナル無)

▼2000年 春分図 ASC:乙女/MC:双子
▼2001年 春分図 ASC:蠍  /MC:乙女
▼2002年 春分図 ASC:水瓶/MC:射手
▼2003年 春分図 ASC:双子/MC:魚
▼2004年 春分図 ASC:乙女/MC:双子 
▼2005年 春分図 ASC:蠍  /MC:獅子
▼2006年 春分図 ASC:水瓶/MC:蠍
▼2007年 春分図 ASC:双子/MC:水瓶
▼2008年 春分図 ASC:獅子/MC:牡牛
▼2009年 春分図 ASC:蠍  /MC:獅子


★牡牛土星木星 会合周期:後半(ミュータブル無)

▼2010年 春分図 ASC:山羊/MC:蠍
▼2011年 春分図 ASC:牡牛/MC:水瓶
▼2012年 春分図 ASC:獅子/MC:牡牛
▼2013年 春分図 ASC:天秤/MC:獅子
▼2014年 春分図 ASC:山羊/MC:蠍 
▼2015年 春分図 ASC:牡牛/MC:山羊
▼2016年 春分図 ASC:獅子/MC:牡羊
▼2017年 春分図 ASC:天秤/MC:蟹
▼2018年 春分図 ASC:山羊/MC:天秤
▼2019年 春分図 ASC:牡羊/MC:山羊
▼2020年 春分図 ASC:蟹  /MC:牡羊


おお。見事に特徴が表れていますね。

牡牛土星木星合の前半(合〜180度)の時期の春分図には「カーディナル」サインが無く、
「フィクスト(止まれ)orミュータブル(変われ)」のサインばかり。

牡牛土星木星合の後半(180度〜合)の時期の春分図には「ミュータブル」サインが無い。

「カーディナル(動け)orフィクスト(止まれ))」のサインばかり。

そして春分図MCのみに注目すると、2004年までのMCは「ミュータブル」で、
2005年から2014年のMCは「フィクスト」そして2015年からのMCは「カーディナル」。


これは20年間の四季図の流れを追う上で、要注目のポイントになりそうです。



■天王星と冥王星90度: その2「四元素と日本史」
   2012.05.20. 



金環食を明日に控えて。ぽっかり空いた休日の今日、気合入れて図版の作成&整理をしました。

今日作成したのは「土星木星会合」周期の四元素の移行と日本の歴史の対応具合を
確認するための図版です。

日本史も世界史も苦手でよくわからないままだったのですけれど。

NHK大河ドラマ「平清盛」にハマったおかげで平安時代後期に興味を持ち、
その勢いで同じく大河ドラマ「龍馬伝」も見始めました。(今やっと薩長同盟の辺り)

まだまだ鎌倉時代や室町時代、江戸時代の歴史の流れはうといままですが、
図版を見ながら、おおざっぱながらも日本史の俯瞰をしてみます。



▼「土星木星会合」2つの四元素サイクルと日本史





上記図版の補足も。

以前にも書いたように、「土星木星会合」のサイクルを西暦前から26世紀まで眺め渡すと、

最初は不規則な「火地風水」の四元素の移行の順番が、だんだんに9世紀位から整い始めて、
11世紀から22世紀までは「元素の移行期間」が出現し、それがまた24世紀位から崩れ始めます。

逆に言うと、当ページでいう「元素の移行期間」が出現するのは11世紀から22世紀までの期間です。

この「元素の移行期間」出現前後の西暦868年から2358年までの期間の日本史の主な出来事を、
「土星木星会合」周期の「火地風水」のふたつ分の「四元素」サイクルを基準にして見ると、
どのような対応関係があるのだろうか?

それを確認するために作成したのが上の図版です。

歴史上の出来事はかなりおおざっぱです。イベントの他にも、特筆すべき人物の生誕と没年、
またはその時代での有名な人物や書物の名前も加えました。

図版の下部が、当ページでいうところの「元素の移行期間(お試し期間)です。

2つのサインが間に挟まって40年の移行期間が生じるのは「火→地」と「地→風」であり、
3つのサインが間に挟まって60年の以降期間が生じるのは「風→水」と「水→火」ですが、
それも2338年以降は移行期間のリズムが崩れ始めます。

「土星木星会合」サイクルの「四元素の移行期間」が見てとれる期間を基準にして、
日本史の出来事とを照合すると、どういったことが見えてくるのか?

試しに9世紀から24世紀までを「土星木星会合」サイクルの「四元素の移行期間」と一緒に
俯瞰してみようという、大風呂敷な目論見です。

どうせならで。明日の「金環食」と江戸時代の観測記録が残る1839年の「金環食」も
書き加えました。どちらも移行期間最後の10年に発生することが要注目のポイントです。


そして間近に控えた「天王星と冥王星90度」も当然ながら要確認なので。まずはこの年表に
「天王星と冥王星合」の発生サイン&年度を書き入れてみました。


上記図版を見て考えたことを、書き出して整理する予定です。以下、関連データ&図版を参考まで。

▼データ6 :土星と木星の会合  -0045年〜2596年
▼データ15:天王星と冥王星合   0074年〜2991年

▼四元素図版その1
▼四元素図版その2
▼1981年から2020年へ:「移行期」図版
▼四元素と日本史1
▼四元素と日本史2




■天王星と冥王星90度: その3「双子00度 金環日食」
 2012.05.21.  更新:2012.05.22.



双子00度の金環日食。全国的にたいへん盛り上がりましたね。善哉、善哉。

午後にはつるちゃんの「日食ナビ」のサイトを見て、
過去の多彩な金環日食イベントにも思いをはせました。

その中でも特に。以下の3つは時期が平安時代だけに注目です。(平清盛効果)

▼つるちゃんの「日食ナビ」サイトより抜書き

0873年07月28日 平安時代に起きた金環日食
1080年12月14日 三千年間で日本最強の金環日食。理想的な金環帯
1183年11月17日 中国地方西部の大部分と四国が金環帯。源平合戦の日


StargazerWDで計算すると以下のようにビミョウに日付は異なります。(なぜかしら?謎)

0873年08月01日12時33分 獅子08度
1080年12月20日12時09分 射手28度
1183年11月24日12時06分 射手01度



通常の日食ですと年平均2回あり、占星術上「食」の影響力は半年間とされていて
1年の動向を読むのに「食図」と「四季図」が一緒に使われるかと思うのですが。

本日のように、これほど広範囲に渡って日本で観測可能な「金環日食」ともなると。
やはりその影響力や効果は、長期間に渡るものとなるのでしょうか。

ともあれ。まずはセオリーにしたがって「食図」と「四季図」、そして「天王星と冥王星90度」の
チャートを流れにそってみてみます。

★参考チャート: 憲法図 


▼2012年 「双子00度 金環日食」 






春から夏にかけて「春分図」→「金環日食」→「夏至図」→「天王星と冥王星90度」の4枚を
順番に並べてみました。

「金環日食」が発生する双子サインのドミサイル・ルーラー水星は金星とMRですね。
金星は「春分図&夏至図」のMCのドミサイル・ルーラーでもあります。

来月には「金星日面通過」もありますし。気になる金星の動きも以下参考まで。


▼金星逆行:

2012年03月27日00時00分 金星東方最大離角
2012年04月04日00時23分 金星双子イングレス

2012年05月15日23時29分 金星逆行開始(双子23度)
2012年05月21日08時46分 ●金環食(双子00度)
2012年06月06日10時03分 金星R内合(双子15度)
2012年06月27日23時34分 金星順行開始(双子07度)

2012年08月07日22時40分 金星蟹イングレス
2012年08月16日09時00分 金星西方最大離角




■天王星と冥王星90度: その4「天王星と冥王星のアスペクト」01
 2012.05.21. 更新:2012.05.22.



次は「天王星と冥王星90度」に関するデータです。

今回の「天王星と冥王星90度」を見るなら、やはり前回の分も一緒に確認しなくちゃと思い、
試しに「天王星と冥王星のアスペクト」の2つのサイクルのデータを作成して並べてみました。

こうして横に一緒に並べると、今回の「天王星と冥王星90度」が前回のいつ頃に対応するのかが
一目瞭然でわかりやすくなります。



▼天王星と冥王星のアスペクト: 1850年〜2104年






こうしたデータや「四元素と日本史」のような図版を作成して見ていると、
「今、どこにいるのか?」「今、どの時点なのか?」が一気に視覚化されて。

地図や工程表やカーナビを見ている時のように「現在の位置確認」ができて安心します。
今いる場所や目的地までの距離がわかると道に迷わずにすむ気になります。

「四元素と日本史」の図版とも照らし合わせてみると、いっそう興味深く面白いです。
あの頃にはあの出来事が、という意外な対応も発見できます。

9世紀から24世紀の期間に限ればですが。「土星木星会合周期」の四元素の区分は、
西洋占星術特有の「時代区分」としての使い勝手が良いのではと思えてきました。


以下、参考データも。

▼データ6 :土星と木星の会合   -0045年〜2596年
▼データ15:天王星と冥王星合    0074年〜2991年


発見前を含める、天王星と冥王星合の0074年〜2991年の期間のサイクルを見ていて
この約2900年の間で、天王星と冥王星の合が「乙女サイン」で発生するのは
1965年のこの一回だけだということに驚きました。

うーん。確認してみるものですね。これは面白いです。

この天王星と冥王星合が発生するサインのサイクルも興味深いです。
あらためて書き出して整理してみたいと思っています。




■天王星と冥王星90度: その5「天王星と冥王星の合」01
 2012.05.26. 



そして。どうせならこれもと作成したのが「天王星と冥王星」の会合サイクル一覧です。



▼天王星と冥王星の合: 0074年〜2734年






土星木星会合の「火地風水」四元素移動サイクルの妙を知ってしまうと。
もしかして西洋占星術の基本的な「時代区分」としての有力候補では?と思えてきて。

歴史を俯瞰する場合に欠かせないのが万国共通の「基準となるモノサシ」で。
現在は「グレゴリオ暦」のいわゆる西暦年のカウントが国際標準です。

日本の場合ですと、西暦を基準にさらに日本ローカルの「元号」や歴史上の時代区分を
レイヤーのように上乗せして時代分類、時代の識別をする補助にしています。

当ページではさらに「天体サイクル」をレイヤーに上乗せすることで、
西洋占星術特有の「時代区分」を施すことは可能かどうか?と考え続けています。

その際、基準となるモノサシ、方眼紙でいうところのセンチメートルの升目に
約20年ごとの「土星木星会合サイクル」を割り当てて。それを元にして、

「土星木星合の四元素サインの移動」とか「毎年の四季図」「食図」「新月満月図」、
各種天体のイングレス、会合図などを組み合わせて、時代特有の動向を見ていく。
そういうことなのかなと思えてきました。

例えば「ドリームスペル」の暦でいうなら、基本となる基準のモノサシは52年周期の
1年365日の「13の月の暦」で。「13の月の暦」を基準に4日周期から2万6千年周期の
長短さまざまな周期が入れ子状態でそこに組み込まれています。

こうした長短さまざまな周期の暦を個々人がどのように選択し、日常の生活に反映させて
いくか?というのが「ドリームスペル」の暦のキモであり面白味だと思うのですが。

「ドリームスペル」自体は「ロールプレイング・ゲーム」の機能もあるので、
「2013年:時間船地球号の出航」というゴールが設定されています。

「ドリームスペル」と西洋占星術とはまったく別物なので、一緒くたにするのはNGで
あることは百も承知なのですが。それでも、

「ドリームスペル」の長短さまざまなサイクルが「時間」全体に織り込まれているという概念を
西洋占星術にも応用し、各種天体の長短さまざまなサイクルが全体の進行を支えるという見方を
あてはめて考えることは可能なのかどうか。と、ついつい考えてしまい。

「土星木星会合サイクル」に、トランスサタニアンの会合サイクルはどのように関与するのか。
(または関与しないのか)ということをつらつら考えていて止まらなくなり。

一緒に「トランスサタニアンの会合サイクル」も考え合わせてみたくなって、
「天王星と冥王星の合」のデータも作成してみた次第です。


個々人でいうと。日本の特定の家庭(家系?)に生まれて育って学校に通い引っ越しをして
就職して結婚して子供が生まれてとか、成長過程で知り合った人間、友人、恋人の影響を受け、
身につけた知識や教養、さまざまな趣味嗜好、各種体験や経験を日々繰り返し生活している。

こうした生まれつきの資質や環境、成長過程で得てきた体験は、例えていうと各種レイヤーが
数え切れないほど重なり合って「今、ここに、複層的に構成された自分」が存在するように。

時代の様相というものも、太陽系内の各天体が組み合わさった各種さまざまのサイクルを
歴史を複層的に構成する「要素」として捉えることで、

今という「時代の様相」を読み解くことが可能となるのではないか。そう思えています。





■天王星と冥王星90度: その6「首相官邸前抗議デモ」
 2012.06.27. 



6月22日金曜夜。生まれて初めて「デモ」に参加しました。

「大飯原発再稼動」に抗議して、Twitterやネット上の有志の呼びかけによって
集まった市民が首相官邸前で「再稼動反対」を訴えるデモです。


▼覚え書きリンク:

★Twitterから始まったデモ-TWIT NO NUKES〔前編〕

★田中龍作ジャーナル「再稼働反対」の地鳴り 首相官邸前で進む“紫陽花革命”

★デモについて:國分功一郎

★反原発デモが日本を変える:柄谷行人

★金曜の東京:小沢健二

★金曜の夜、官邸前で:小熊英二


首相官邸前抗議のデモは今年の3月29日から毎週金曜夜に続けられてきたもので、
ネット動画等でその様子をご覧になった方も多いかと思います。

当初、まったくというほどマスコミ報道ではふれられることのなかったこの抗議デモも、
6月22日金曜夜、総数4万5千人あまりの人が集結するに至って。ようやくという感じで
その夜のテレビ朝日「報道ステーション」の番組の中で取り上げられて、
翌日には多くの新聞記事の紙面でも報じられるようになりました。

なぜ「抗議デモ」に自分が参加したのか。国民の理解を得ぬままの「原発再稼動決定」に
まったく納得がいかなかったからです。端的に言うと怒りを感じました。

納得がいかなくても、自分には何にもできない。なすすべがない。それが悔しくて。
だからせめて「抗議デモ」の頭数のひとりになり、声をあげてこようと思いました。
官邸前の歩道には自分と同じように感じたのであろう人達が大勢集まっていました。

この件に関して、時系列にそって見渡してみると、デモに集結した人数には市民感情が
色濃く反映されているのだということがわかります。

自分と同じように感じた多くの人達のリアクションの結果なのだと思えてきます。



▼首相官邸前「大飯原発再稼動反対」抗議デモ:時系列

06月01日(金)18時〜20時「首相官邸前抗議デモ」に集まった市民はおよそ2千700人。

06月08日(金)18時、野田首相は記者会見で大飯原発再稼働について国民に理解を求める声明を発表。
同日18時〜20時「首相官邸前抗議デモ」に集まった市民はおよそ4千人。

06月15日(金)18時〜20時「首相官邸前抗議デモ」に集まった市民はおよそ1万1千人。

06月16日(土)11時半頃、政府は関西電力大飯原発運転再開を決定。
06月16日(土)午後、大飯原子力発電所3号機運転再開に向けての作業を開始。

06月21日(木)大飯原子力発電所4号機:運転再開に向けた準備作業を開始。

06月22日(金)18時〜20時「首相官邸前抗議デモ」に集まった市民はおよそ4万5千人。

06月27日(水)全国で一斉に電力会社の株主総会が行われた。

06月29日(金)18時〜20時「首相官邸前抗議デモ」に集まった市民は10万人を越えた。

07月01日(日)21時 大飯原子力発電所3号機:制御棒を引き抜き原子炉を起動予定。
07月04日(水)大飯原子力発電所3号機:発電開始予定。
07月08日(日)大飯原子力発電所3号機:フル稼働予定。
07月17日(火)大飯原子力発電所4号機:原子炉起動予定。
07月24日(火)大飯原子力発電所4号機:フル稼働予定。




昨今占星術クラスタの皆様に知れ渡ることとなった「カーディナル・クライマックス」。

土星に天秤がまだ居る間に、乙女長期滞在を終えた火星が天秤にイングレスして参戦し、
「天秤火星土星、山羊冥王星、牡羊天王星」の4天体によるサイン間でのTスクエアとなる
このタイミングに「原発再稼動」が重なるとは。

この期間のトランジット天体の動きを見てしまうと。星の配置的に考えるならば
今ここが「分かれ目」になるのではないか。そう思うと居ても立ってもいられなくなります。



▼「天秤火星土星、山羊冥王星、牡羊天王星」カーディナルTスクエア






よりによって原発再稼動がこのタイミングにシンクロするとは思っていませんでした。
これが分水領にとなるかもしれないのに。なんと絶妙なシンクロかと胸が痛くなります。

今後将来に大きな禍根を残すことになるのではないか。それだけは止めなくてはなりません。
だから「再稼動反対!」と声を上げずにはいられず。抗議デモにも行かずにいられません。

なし崩しに、「何もなかったこと」にされてはたまりません。
一時が万事、この調子でやられてしまってはたまりません。
これはもうさすがに何もせずに見過ごすことはできません。

今このタイミングがどういうものなのか。ぐるぐる沸騰するアタマをなだめるために、
こうしてテキストを書いたり、データ図版を作成したりしている次第です。

もし今このタイミングが大事な分岐点であるのだとしたら。何ができるのか。
世論が力を得て巻き返して、再稼動をSTOPさせることはできないのだろうか。

はやる気持ちを抑えつつ。チャートを見つめています。



▼2012年夏至図、天王星と冥王星90度、首相官邸前抗議デモ 






▼参考図版:

以下、今ここで、再度よく確認をしておかねばと作成した図版です。これについてもまたあらためて。

■天王星と冥王星の合: 1965年〜1966年 

■天王星と冥王星の90度: 2012年〜2015年 





■天王星と冥王星90度: その7「SG学習会 御礼と補足」
 2012.07.27. 



07月22日(日)に「SG学習会」に参加してきました。

1年振りの学習会開催ということで、ワクワクしつつ出席。

当日は「直伝」さんという会社のご厚意により学習会の模様がリアルタイムで
オンデマンド配信されました。

主催のYamanakaさんのご指名があり、最初に「現在のトランジット状況」を、
当サイト「トランジット雑感」の各ページをモニターで映しながら、多くの図版を使って、
おおざっばな「時代の流れ」を解説するという大役をおおせつかりました。

自分にとって目下何より「興味と関心」を持っている「時代の流れ」の話題を
参加された皆様と共有できる機会にコウフン。あれもこれもお伝えしたくなってしまい。

例によってハイテンション・モード突入。くどくまだるっこしく舌足らずな説明となり。
皆様におかれましてはたいそうお聞き苦しかったこととお察しいたします。陳謝。

本当に申し訳ないです。もっと落ち着いて優雅にお話できるようになりたいものだと深く反省。
とはいえ。普段まったく話す機会のない話題で嬉しくてコウフン。どうかお許しください。

最初に「天王星と冥王星90度」の話からスタート。これが「今」一番重要と思われる必須アスペクトで。
まずはこれをアタマに入れておくことから始めねばということから、

次に、もっと長く大きな歴史的な「時代の様相」を見る上で「土星木星会合周期」の
「火地風水」の四元素サインの移り変わりもおさえておかねばという話になり。

現在が「地サインから風サイン」への「移行期間」にあたるという確認もしました。

そして考察の対象を日本と定める場合には、戦前の「大日本帝国憲法図」と
戦後の「日本国憲法図」の2枚のチャートも欠かせないというお話もして。

現在の「牡牛土星木星会合期間」&「天王星冥王星90度期間」が、
「大日本帝国憲法図」と「日本国憲法図」に対し、どのような天体配置上の
「強調」を示しているか?を見る必要性にも触れました。

以上のような「時代の様相」を前提情報として、参加者の皆様と共有した上で
皆様と一緒に具体的な解釈に踏み込んでいけたらと考えていたのですが。

私の話がどうにも「くどく&まだるっこしかった」せいで時間切れとなり。
肝心の考察、解釈にはたどりつけず。残念です。

解釈や考察は、特定の対象を限定しないことには話が始まらないわけですが。
そのために必要で共有すべき「前提」のお話をはしょるわけにもいかず。

かといって占星術的な「前提」のお話も「一言でカンタンに」話せるはずもなく。
ムズカシイものだと再認識した次第です。

個人的に思うことは。時代の様相を読むためには、「大きな時代の流れ」の中で
今、現在が「時間の流れの中のどの位置」にあるのか?を知っておく必要があり。

その上で、日本であれば最低2枚の憲法図、そして今年の四季図、食図を見てから
考察のための具体的な「問い」をたてる必要があるのではと思っています。

具体的な「問い」。それが世界の金融経済問題であれ、日本の政局であれ何であれ。

予測、検討には、対象となる事象に関する広範囲な知識が必要ですし。
占星術を解釈手法に用いるのなら、各種天体配置に対する深い洞察や理解も欠かせません。

自分個人でいえば、実際的で具体的なあらゆる「政治経済金融歴史」の基礎的な
教養がまるで無く。見事に何も知らない。語るべき言葉がないことが恥ずかしいです。

だからこそ、SG学習会のように参加者の皆様の知見をおうかがいできる機会は
得がたく貴重な場と感じています。

そもそもSG学習会は、講師の講義を聞くお教室ではなく。参加者それぞれの
意見を持ち寄って、テーマに沿った各自の考察をフリートークで展開する学習会です。

占いや予測結果の「ご託宣」を「一刀両断」で「立て板に水の如し」に断ずる場ではなく。
どんなに拙くても「自分のアタマで考える」ことが基本となる学習の場ですから。

西洋占星術の基礎知識が無い方や、初学者の方には「何が何やら?」状態になるかもですが。
それはもう。西洋占星術に限らず。どんな分野であっても「学問に王道無し」ということで。
どんなに道は遠く果てしなくても。極めるための研鑽にショートカットはありえないことで。

めげずに。少しずつでもコツコツと。研究、考察を皆様と一緒に前進していけたらと願っています。

以上、長くなりましたが。当日参加された皆様、主催のYamanaka氏、「直伝」スタッフの方へ
心より御礼申し上げます。またの機会にお会いできますことを楽しみにしています。




▼StargazerWD時期表の使い方:


そうそう、そうだこのお話も。学習会では後半の残り時間に占星術ソフトStargazerWD時期表の
使い方とオリジナル時期表の作成方法という、超実践的な話題で盛り上がりました。

意外とご存知でない方も多いようでしたので、もしご興味がございましたらと以下、ご紹介。
「直伝」チャンネル のサイト内「録画セミナー」のアーカイブに以下のタイトルで公開されています。

★直伝チャンネル:「占星術から見る世界のゆくえ 」

第二部後半の真ん中以降、Stargazer時期表の使用方法を実際の画面を用いて詳しく説明しています。

#で。ここで補足と訂正を。

Webページ上から2行をカット&ペーストすると、文字の指定が崩れてしまって。
GMTに対するJSTの9時間プラスがチャート上に反映されないことを確認しました。

StargazerWD下部フォルダの「out」にある任意の時期表(拡張子がaspのファイル)から
2行カット&ペーストを行ってください。ここに訂正をさせていただきます。


なお、当MEMOページの 「Stargazer時期表の使い方」ページも修正し更新をしました。
合わせてご参照ください。




▼水星逆行期間について思うこと:



長くなりついでに。もう少しだけ続きを。

SG学習会当日にも「水星逆行期間」について触れたのですが。
ここにも改めてMEMOをしておこうと思います。

「トランジット雑感」のMEMOページでは、水星、金星、火星の「逆行期間」を
テーマとして主に取り上げています。その意図はというと。

四季図、食図だけではなく、水星なら水星の年3回の逆行期間を確認することによって、
逆行期間を切り口とすることで、一年間の各天体の流れをより追いかけやすくなるからです。

通常、一般の人を対象とする星占い記事等で「水星逆行期間」を描写する際には、
「やり直し期間」とか「再会、旧交復活」とか「コミュニケーションのすれ違いに注意」
というような解釈、説明を用います。

このような一般的な解釈は占い記事において有効だとは思うのですが。
もう少し深く詳細に、逆行期間の意味を考え、分析することも可能ではないかと。

自分自身は「水星逆行期間」の星占い的解釈よりも「そもそも水星逆行とは何か?」という
根源的な意味合いや自分なりの解釈を掘り下げていくことに「興味&関心」を抱いています。

例えば、最近思うのは、「月」と「水星」が担当する所轄や機能の違いに関してです。

「月」は地球の衛星であり。地球に属しています。地球を自分の足場、生活圏とすると、
「月」がチャート上で示す「興味・関心」は、「個人的な範囲」に端を発するものです。

それに対して「水星」は「太陽」に一番近い軌道上にある天体です。

例えば「水星」を擬人化して、「太陽」にとって
「側近、秘書、片腕、マネージャー、執事、広報官」のような
存在とみなすなら。

「水星」の方が「月」よりも公的で社会的な「機能」を担う天体であるように思われます。

そして下図でもわかるように、水星の逆行期間とは、水星が太陽と地球の間に入りこんで、
地球に近づく期間でもあります。これは解釈上の大きなポイントになるのではないか。


水星の順行期間に生じる外合は、太陽の向こう側、地球から遠い地点での出来事であり、
水星の逆行期間に生じる内合は、太陽のこちら側、地球から近い地点での出来事です。


こういったことも。水星逆行期間に生じる「事象の解釈」の参考になるのではないか?と
ずっと考え続けています。

また水星の逆行期間内に生じる「内合」と「月と水星の合」も一緒に考え合わせることで、
あらたに「見えて」くるものがあるようにも感じています。

例えば。今年の3月に生じた「水星の内合」は、以下のようなタイミングで
ほぼ同日に「月と水星の合」を伴いました。新月直前の合です。

2012年03月19日02時12分 水星Rと天王星合(牡羊04度)
2012年03月21日14時14分 春分
2012年03月22日04時15分 水星R内合(牡羊01度)
2012年03月22日20時49分 水星Rと月合(牡羊00度)
2012年03月22日23時36分 ●新月(牡羊02度)


天王星と水星合を経て、水星内合の直後の月と合。そして新月。
太陽を何の象徴と見立てるか?にもよりますが、解釈のし甲斐がある動きです。

天王星のメッセージを携えた水星が月とタッグを組んで、「太陽と地球」の仲立ち役を
果たしたようにも思えます。

今年の春の水星逆行期間にこのような動きが生じていて。それを受けるように、
今回は牡羊サインから120度離れた獅子サインで水星逆行が進行しています。

こういった事柄も水星逆行期間を追いかけていく上での見逃せないポイントに
なるのではないか?と。自分はぐるぐると考え続けています。

話が長くなりました。何が言いたかったのかというと。

水星逆行期間も、事象として「逆行期間」だけを見るのではなく。1年の流れの中での
3回の「逆行期間」を「分岐点」「区切り」と見立てることも可能なのではないか。

前回の水星逆行期間に何が起こったのか。そして現在の水星逆行期間には何が起きているのか。
次回の水星逆行期間には何が起こりうるのか。一連の流れとして捉えることが大事なのではないか。

さらに「水星とサイン」の関係による「水星の品位」、他天体とのアスペクトを参照することで、
より深くより詳細に、個別の「水星逆行期間」の意味解釈が可能となるのではないかと考えています。

水星は現在、獅子サインで逆行中。 当サイトの別ページでも言及しているのですが、
この夏の獅子サイン水星逆行は「要注目」です。

現在の大きな天体の配置「天王星と冥王星の90度」の1回目から2回目の期間内であり。
天秤火星が「天王星と冥王星の90度」とTスクエアに位置する現在は、
水星逆行期間に水星が果たす役割はたいへんに重要です。

とはいいながら。当ページでは占星術上の「一般的な解釈」には言及していません。

何をテーマとして語るか?によって「解釈」もおのずと変わってきます。そして何よりも
広範囲な世相すべてにうまくあてはまる「都合の良い解釈」「わかりやすい予測」は
ありえないと思えるからです。

「水星逆行」だけを切り口に「事象」や「世相」を語ることは不可能です。
トランジット天体の配置、天体周期はフクザツに複層的にからみ合っています。

考慮すべき周期は数多あり、それらをはしょって「カンタン」に語ることはできません。
むしろ複層的な数多の周期を参考に考え合わせることにこそ、意義があるように思うのです。


現在、自分自身が興味と関心を持って追いかけ続けている「対象事象」は
「福島第一原発事故」であり、原発再稼動反対の市民運動の推移です。
それを数多の天体周期やアスペクトを手がかりにして日々考え続けています。

皆様もぜひ。個々の「守備範囲」「専門領域」において、個別の対象の解釈材料として、
「トランジット雑感」ページの各天体データをご活用いただけましたら嬉しく思います。





■天王星と冥王星90度: その8「天王星と冥王星合」02
 2012.08.01. 更新:2012.08.02.



「首都圏反原発連合と脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル」が、

07月31日(火)に議員会館で開催され、IWJの動画で中継を拝見。

首都圏反原発連合の参加メンバは、お若いのにたいした人物ばかりで。
鋭い発言の連発。特に後半は胸のすく思い。しかしそれに反して。

参加議員側の顔ぶれ、お話の仕方、内容は「?」とならざるを得ず。
正直、残念な感じで。円卓を囲んでの対等な対話とは到底思えず。

新党きづなの斉藤やすのり議員、日本共産党の笠井亮議員のお話は熱くて
誠実で好印象。社民党の阿部知子議員のお話も分かりやすかったのですが。

数名の議員さんを除くと、他はいかにも「政治家」然としているという印象で。

よもやまさか反原連メンバを若造とあなどっていたりして?と。
思わず勘ぐりたくなる振る舞いに見受けられました。ううーん。。

しかしまったく。政治家さんの「論点ずらし」は意識的なものなのか。
原子力規制委員会の人事問題。一体どうなることかと気が気ではありません。

せめてこの場に河野太郎氏、田中康夫氏、福島みずほ氏が居てくれたら。
不参加がたいそう惜しまれました。

映像はやはりコワイです。顔つき、話しぶり、表情。あまさず映し出します。
しかもアーカイブで残る。対話の場に挑むにあたっては真剣であって欲しいです。

首都圏反原発連合の参加メンバは皆さん、凛々しくカッコ良かった。
終了後、IWJのインタビューに応じる姿、話の内容に惚れ惚れしました。


で。粋な反原連メンバに触発されて。面倒くさくて棚上げしていたデータ作成に着手。
手間を惜しまず。面倒くさがらず。ちゃんとやらねばだと気合が入りました。

この夏からスタートした「天王星と冥王星の90度」のことを考えるにあたって。
まずはその前提となる、「天王星と冥王星の合」から順に話を進めねばなりません。


▼データ15:天王星と冥王星合  0074年〜2991年


以前UPしていた「天王星と冥王星の会合」のデータに、
新たに「土星と木星の各サイン&度数」を書き入れました。

なぜ「土星と木星の各サイン&度数」を新たに書き入れたのかというと、
「土星と木星」を「社会の枠組」を規定する天体とみなしているからです。


●参考図版:土星の機能(改訂版)


土星が象徴する「社会構造」「体制」「制度」「仕組み」「既成概念」「定型的なスタイル」を、
外側から揺さぶりをかけてくるのがトランスサタニアン「天王星、海王星、冥王星」です。

トランスサタニアンは、土星の管轄領域にどのような揺さぶりをかけてくるのか。例えば、
「天王星」は「突発的な変化、分離、独立」、冥王星は「根源的な改変、破壊と再生」の象徴です。

ただしトランスサタニアンは天体軌道が遠く、動く速度も遅いため、具体的な影響を及ぼすには、
土星や木星のように「社会的な天体」と関わりを持つ必要があるといわれます。


ここで確認しておかねばならいのが、トランスサタニアン発見時のホロスコープです。
発見時の図でのそれぞれの天体と土星とのアスペクトに注目です


これはトランスサタニアンの象徴の理解、機能の把握のために欠かせない図であり、
熟考に値する図だと自分は思っています。


▼トランスサタニアン発見 


天王星発見時、天王星Dと土星D(&火星D)は180度です。
海王星発見時、海王星Rと土星Rは合です。
冥王星発見時、冥王星Rと土星Dは180度です。



発見時のチャートで。初期設定として。トランスサタニアンは土星と強い関わりを示します。
どれもたいへんに深読みのしがいがある図だと思います。


以下、もう少し言葉を加えてみます。

★天王星発見時チャート:

双子天王星と射手土星(&火星)は、魚太陽とミュータブルサインでTスクエア。
天王星が「革命」の象徴天体とされた由縁ともなるアスペクト。

ミュータブルサインが示すのは季節の変わり目であり、時代の変わり目です。
この図での蠍木星と射手火星は、隣り合うサインでのミューチュアルレセプションです。

発見前の天秤海王星と水瓶冥王星は共に風サインにあり、射手土星と火星に対しては60度サイン。
双子天王星とはGTの配置です。

余談ながら、射手土星と火星が合であることで「太陽=主権者」を拒絶し「土星=体制」を打倒する
「天王星=革命」には「火星=暴力」が必要という刷り込みはここにも見てとれるように思えます。

★海王星発見時チャート:

水瓶海王星と土星の合は、発見前の牡羊冥王星と天王星合とはサイン間で60度のアスペクト。
海王星は土星のカタチを溶解し、冥王星R&天王星R合が土星に楽観的な改変を促します。

★冥王星発見時チャート:

カーディナルサイン蟹冥王星、山羊土星、牡羊天王星のサイン間でTスクエア。
冥王星は天王星と共に、徹底的な土星の改変を迫る配置です。

特に注目は、山羊土星の度数と牡羊天王星の度数です。この正確な90度はこの夏の
第1回目の「山羊冥王星と牡羊天王星の90度」チャートと同じ度数です。


これらの発見時チャートの興味深い共通点は(発見時の時間が正確であるとして)、
3枚のチャートの月はどれも「蠍」サインにあり、天体の品位がフォールです。

深読みをするなら。トランスサタニアンが土星に関わる事象は、必ずそこに
「月(民意)のフォール(落胆、失望)」を伴うと解釈できるかもしれません。


この3枚のチャートでの土星は、各トランスサタニアンと「合、または180度」で
強い関わりを持ちます。重要な注目点であり、常に念頭においておく必要があります。

これはもう。強調してもしてもし足りない位の最重要項目です。
それを確認した上で、以下の本題に進みたいと思います。


▼データ15:天王星と冥王星合  0074年〜2991年


「天王星と冥王星の合」を「今までの枠組みを越えた、突発的で根源的な変化、刷新」を
促すための歴史上の「スタート地点」とみなして考えてみます。

「天王星と冥王星」の合から次の合までの間、時代全体を貫く特定のテーマなり傾向を
特定の「天王星と冥王星の合」から読み取ることは可能なのか?

現在の「天王星と冥王星合」のサイクルは1965年に乙女サインでスタート。
その時、土星は180度離れた魚サインにありました。

先ほども触れたように。トランスサタニアンと土星との「合、180度」は要注目事項です。
魚サイン土星との180度の配置がこの時代特有の「特徴」といえるのか。まずはその確認です。

1世紀から30世紀に生じる52回の「天王星と冥王星の合」の図を調べたところ、
土星が同じサインに位置するのは6回、180度サインに位置するのは8回でした。

※データ中で青に色変えした時期は土星が同じサイン、赤茶色の時期が180度サインです。

以下、データからふたつの時期を抜き出してみました。



▼A:6世紀から10世紀にかけて:

0582年04月04日20時08分 天王星Dと冥王星D合(魚  10度):土星D(魚  10度):木星R(天秤05度)
0582年09月20日13時09分 天王星Rと冥王星R合(魚  10度):土星R(魚  11度):木星R(天秤16度)
0583年01月04日06時52分 天王星Dと冥王星D合(魚  09度):土星D(魚  11度):木星D(蠍  07度)


0693年07月02日16時15分 天王星Dと冥王星D合(蟹  03度):土星R(射手21度):木星R(魚  03度)

0836年04月08日12時41分 天王星Dと冥王星D合(魚  21度):土星R(蠍  07度):木星D(魚  15度)
0836年10月12日19時55分 天王星Rと冥王星R合(魚  20度):土星D(蠍  09度):木星R(魚  21度)
0837年01月04日13時39分 天王星Dと冥王星D合(魚  20度):土星D(蠍  18度):木星D(魚  23度)


0947年07月13日11時10分 天王星Dと冥王星D合(蟹  15度):土星D(獅子15度):木星D(獅子01度)



※836年の色変え部分は「天王星と冥王星合」と木星が合で、土星は120度の同じ水サイン。
珍しいケースだったので、一応チェックをと思った次第です。

この期間を日本史で確認すると。飛鳥時代(592年〜)、奈良時代(710年〜)、平安時代(794年〜)。
593年聖徳太子摂政、645年大化の改新、701年大宝律令、712年「古事記」、720年「日本書紀」。

日本という国号が使われたのは670年頃で、「大宝律令」で定められ、8世紀初頭に定着。
遣隋使は600年から618年、遣唐使は630年から894年まで。最澄と空海が唐にわたったのが804年。

※中国において隋の統一は589年、唐の統一は618年。



▼B:16世紀から22世紀にかけて

1597年05月02日14時59分 天王星Dと冥王星D合(牡羊20度):土星R(乙女14度):木星D(牡牛20度)
1597年11月24日15時46分 天王星Rと冥王星R合(牡羊19度):土星D(天秤01度):木星R(双子12度)
1598年01月22日14時55分 天王星Dと冥王星D合(牡羊19度):土星R(天秤03度):木星R(双子06度)


1710年09月08日01時18分 天王星Dと冥王星D合(獅子28度):土星D(蟹  26度):木星D(蠍  25度)

1850年06月26日12時56分 天王星Dと冥王星D合(牡羊29度):土星D(牡羊19度):木星D(乙女16度)
1850年09月25日21時02分 天王星Rと冥王星R合(牡羊29度):土星R(牡羊18度):木星D(天秤03度)
1851年03月24日06時33分 天王星Dと冥王星D合(牡羊28度):土星D(牡羊21度):木星R(天秤20度)


1965年10月10日05時11分 天王星Dと冥王星D合(乙女17度):土星R(魚  11度):木星D(蟹  01度)
1966年04月05日05時45分 天王星Rと冥王星R合(乙女16度):土星D(魚  22度):木星D(双子24度)
1966年06月30日18時51分 天王星Dと冥王星D合(乙女16度):土星D(魚  29度):木星D(蟹  11度)


2104年04月24日20時46分 天王星Dと冥王星D合(牡牛07度):土星R(射手13度):木星D(水瓶27度)



で。こちらのBの「天王星と冥王星の合」のサイクルに要注目です。なぜならデータの範囲内で
全部で8回ある「天王星と冥王星の合」と土星の180度のうち、5回がこの期間に集中しているからです。

土星木星会合サイクルの「四元素と日本史」の図版と参照してみると、たいへん興味深いです。





1597年と1850年の「天王星と冥王星合」は同じ牡羊サインで発生しましたが、
土星の位置するサインは1597年11月と1598年01月が180度の天秤サインであり、
1850年の方は3回とも土星が同一の牡羊サインにあります。

1597年からの日本の「時代の変化」のキモは、鎌倉時代から続いた武家政治が「徳川幕府」へと
移行を果たしたことであり、

1850年からの日本の「時代の変化」は、「幕藩体制」の終焉を示すと同時に、
「明治維新」以後の新しい「政治体制、資本主義経済」への移行をもたらしました。

この1850年牡羊サイン「天王星と冥王星合」(土星合)と見比べることで、
現在の1965年乙女サイン「天王星と冥王星合」に開始したサイクル(土星180度)の特徴が
見てとれるのではないかと思います。

1965年からの日本の「時代の変化」は、明治維新以降の「軍国主義、帝国主義」の終焉であると同時に、
新たな「政治体制、資本主義経済」への移行&強化をもたらしました。

第二次高度経済成長期(1965年11月〜1973年11月)や、エネルギー革命(1962年11月〜1970年7月)が
日本のこの時期にあたります。戦後「資本主義経済」の確立の始まりです。


▼天王星と冥王星の合: 0074年〜2734年 


11世紀以降、長らく続いた火のサインでの「天王星と冥王星合」のサイクルは終了。
1965年「乙女サイン:天王星と冥王星の合」は「地のサインでの初めての合」です。

この1965年の「天王星と冥王星の合」は「地のサイン:土星と木星会合」の
最終となる「山羊サイン」のサイクルにもあたります。(これも要注目です)

1842年から本格的に開始した「土星木星会合」の地のサインでのサイクルを
日本における「資本主義経済」到来の時代とするなら。

1965年乙女サインでの「天王星と冥王星の合」が、魚サイン土星との180度を通して、
社会に及ぼす具体的で実際的な影響とは、どういう意味を持つのでしょうか。

もしかしてそれは、1850年牡羊サイン「天王星と冥王星合」以降、わが国でいうと幕末から
明治維新、敗戦後にかけての「資本主義社会」の歪み、軋みの調整と修正を促すのではないか。

そして現在、今年の夏からスタートした「天王星と冥王星の90度」は天秤サイン土星と
サイン間でTスクエアは何を示すのかというと。

これもまた、1965年以来、過去47年の間に積み重ねてきた「資本主義、社会制度」上の歪みや軋みを
具体的に示し、改変を促すものなのではないか。


1850年牡羊サイン(土星合)と1965年乙女サイン(土星180度)での「天王星と冥王星合」の
比較の必要性を感じます。過去の歴史から学ぶことがあるのかどうか。要確認です。


▼天王星と冥王星のアスペクト: 1850年〜2104年 


この図を見ていると。同じ「天王星と冥王星90度」であっても。

今後3年間にわたる7回の90度が、前回の1932年から1934年にかけての5回の90度とは
性質の異なるものであることがわかります。


次回、この図版を見て考えたことを整理しようと思います。




■天王星と冥王星90度: その9「天王星と冥王星合」03
 2012.08.14. 



「天王星と冥王星のアスペクト: 1850年〜2104年」について考える前に、そもそも
「土星と木星の会合周期」と「天王星と冥王星の会合周期」では何がどのように違うのでしょうか。

アタマの中がごちゃごちゃしてきたので。先に整理をしておこうと思います。


▼「土星と木星の会合周期」の整理:

まずは「土星と木星の会合周期」の整理を。土星木星の合は約20年周期で生じます。
西暦の紀元後、ランダムに発生していた土星と木星の会合は、868年から規則性を保ち始めます。

★参照:「データ6:土星と木星の会合 -0045年〜2596年」

9世紀から24世紀までの約1500年の期間に、土星木星の合は、サインの移行期間をはさみつつ
会合サインの移動を「火、地、風、水」の四元素の順に2回繰り返します。

★参照:図版「四元素と日本史」

土星木星のひとつの元素で繰り返される会合周期は、サインの移行期間を含めて
約180年〜200年。四元素の一巡は約760年。

土星木星会合周期は「約760年」→「約180年〜200年」→「約20年」の大小3つの長さで
構成されています。

土星と木星の天体の象徴から、ここでは「政治経済の動向」「時代の様相」「社会的な構造」を
表すものと考えています。


▼「天王星と冥王星の会合周期」の整理:

次に。本題の整理です。

「天王星と冥王星の合」。これはどのように解釈すればよいのでしょうか。そこが大事ですよね。

以前「冥王星と天王星の合」は影響が長期にわたるので、「土星」への強い結びつきがないと
「土星=社会構造」に具体的な影響や変化をもたらすことはできないのではないかと考えました。

それを実際の歴史区分と共に照らし合わせてみようと思います。


西暦紀元後に発生する「天王星と冥王星合」は以下の通りです。

★参照:「データ15:天王星と冥王星合  0074年〜2991年」

ひとつの会合から次の会合まで、111年から143年の幅がありますが、
ふたつの会合をセットにして合計すると、253年または254年の周期となります。

★参照:図版「天王星と冥王星の合: 0074年〜2734年 」

試しに。ふたつの会合をセットにして、おおざっぱな時代区分等を書き入れてみます。

254年という期間から連想し、江戸時代がふたつの会合で区切られるように並べてみました。


0074年 水瓶 + 0185年 双子 : 弥生時代、邪馬台国
0328年 水瓶 + 0439年 双子 : 大和朝廷、仏教伝来

0582年 魚   + 0693年 蟹   : 飛鳥時代、奈良時代、平安時代初期
0836年 魚   + 0947年 蟹   : 平安時代
1090年 牡羊 + 1201年 蟹   : 平安時代、鎌倉時代
1343年 牡羊 + 1455年 獅子 : 室町時代、安土桃山時代
1597年 牡羊 + 1710年 獅子 : 江戸時代

1850年 牡羊 + 1965年 乙女 : 幕末〜明治維新から平成まで

2104年 牡牛 + 2221年 天秤
2357年 牡牛 + 2477年 蠍
2610年 牡牛 + 2734年 蠍
2863年 双子 + 2991年 射手


上記青文字が「冥王星と天王星の合」に土星も同じサインで合の時、
茶色の文字が「冥王星と天王星の合」に対して土星が180度サインの時です。

ここでの要注目は、582年の青文字「冥王星と天王星の合」です。
6世紀前後の日本史を、今一度確認してみます。

大和朝廷(350年頃〜)、飛鳥時代(592年〜)、奈良時代(710年〜)、平安時代(794年〜)。
593年「聖徳太子摂政」、645年「大化の改新」、701年「大宝律令」、712年「古事記」、720年「日本書紀」。

日本という国号が使われるようになったのは670年頃からで「大宝律令」で定められ、8世紀初頭に定着。
遣隋使は600年から618年、遣唐使は630年から894年まで。最澄と空海が唐にわたったのが804年。
※中国において隋の統一は589年、唐の統一は618年。



たいへんおおざっぱなまとめ方になりますが。

古代中国と冊封関係にあり、属国とみなされていた古代日本の倭国は、
聖徳太子の時代以降、東アジアの国際的な緊張状況のなかで、

遣隋使の派遣を通して古代中国の文化や制度を取り入れ、憲法を制定し、
天皇中心の中央集権国家体制の確立、政権の安定を図りました。

同様に19世紀の青文字の時期にも注目です。

幕末のペリー来航以降、西欧列国の植民地化を恐れた幕府は、大政奉還、明治維新後に
積極的に西洋文化を取り入れ、西欧列国に追いつけ追い越せと奮起し、軍事力をつけ、
大日本帝国憲法を制定。日本国の政権、政治経済の独立と安定化を図りました。

どちらの時期も共通するのは「外敵の脅威」でした。自国の独立を守るために、
今までの政治体制の「根本的で徹底的な改革」をせざるを得なかった。そのために
大国の文化と政治制度を取り入れる急進的で徹底的で根本的な改革となりました。

「天王星と冥王星+土星の合」は日本が大きく変わらざるを得なかった時期に同期しています。

「土星と木星の合」が20年周期でゆるやかな「時代の変化」を積み重ねていくものであるとすると。

「天王星と冥王星の合(+土星の合)」は、ラジカルで急進的な「変化」をもたらし、
「土星=社会構造」の根本的な立替建て直しを迫る、と考えられそうです。



余談ながら、

 6世紀に大改革のアクセルを踏み込んだ象徴的な人物が、聖徳太子だとすると、
19世紀の大改革のアクセルを踏み込んだ象徴的な人物は、坂本龍馬なのでしょうか。


ではもうひとつの注目の「天王星と冥王星の合+土星180度」の茶色の時期は
歴史上ではどのような節目となるのでしょうか。

次はそれを考えてみたいと思います。




■天王星と冥王星90度: その10「天王星と冥王星合」04
 2012.08.18. 



まず。合と衝(180度)の違いを整理してみます。


▼合と衝(180度)の違い:


自分の理解をキーワードで書きだしてみます。


☆合 :(最強の影響力を持つ)同一化、一体化、融和、開始、初動、物事の始まり

★衝 :(合に次ぐ強い影響力)異化、相対化、客観化、固定化、反目、反対、対抗、相互補完、完成



以下、自分流の解釈の仕方です。


●解釈例その1:「月相」の比喩を用いる


まず最初に、月相の「月の光の満ち欠け」を用いる解釈方法があります。

太陽と月を除くと、天体同士のアスペクトに直接「光の増減」は関係しませんが、
比喩としてアスペクト解釈の参考にすることができます。

「合=新月」「衝=満月」と考えると、「合:光の無い月」で「衝:光の満ちた月」であり、
ここから転じて「合=始まり」「衝=完成」と考えることが可能です。

「合から衝=wax(増大)、increase(増加):パワーの増大」
「衝から合=wane(減少)、decrease(減少):パワーの減少」

これはブランコの「揺れ幅の増減」に例えることができそうです。

「合」:静止したブランコに最初の勢いが加わる。始動。だんだん揺れ幅が大きくなり、
「衝」:ブランコの揺れ幅は最大となり、後はだんだん揺れ幅は小さくなって最後に止まる。

最初にブランコに加わった勢いが「物事の始め」を示すなら、ブランコの揺れが最大になった時が
「物事の完成」を示すという考え方です。


●解釈例その2:「ハウス」の比喩を用いる


もうひとつの解釈方法は、ハウスの位置をあてはめて考えるものです。

ASCの180度反対側がDSCでMCの反対側がICであるように、向かい合う二つのハウスは
互いに「位相」の異なる象徴を持ちつつも、同時に補い合う意味も持っています。

ここから考えると「合」は同じ位相、同じ解釈の守備範囲、同じ場所を共有するのに対して、
「衝」では、天体同士が異なる位相、異なる解釈範囲、異なる場所に位置しています。


●解釈例その3:「天体」の象徴を加味する


そして「合または衝」となる天体同士の、天体自体の象徴を参照する必要があります。

言うまでもなく、ルミナリーズ太陽と月による「合、衝」は別格。
「新月、満月」の光の増減は最も重要な解釈要素となります。

それ以外の天体の場合、金星と火星の「合、衝」と土星と木星の「合、衝」では
おのずと意味も解釈も異なってきます。

さらにトランスサタニアンが関わる「合、衝」の場合には、通常のハウス位置の
「位相、守備範囲」の次元を越えた解釈が必要となるかと思われます。

なぜか。それは天体軌道があんまりにも果てしないほどに遠く離れているからです。


▼「天王星と冥王星の合」と土星の「合、衝」


ここで本題の「天王星と冥王星」を社会的なコントロール範囲外の天体とみなして、
土星を社会的なコントロールの範囲内の天体と見なす場合、どのような解釈が可能なのか。

「天王星と冥王星、土星の合」。三つの天体が同一サイン内で合となる場合、
「天王星と冥王星合」のパワーの支配下に置かれた土星は抵抗不可能となり、
「土星=システム」自体を変えざるをえない状態となる。

「天王星と冥王星合+土星の衝」では「天王星と冥王星合」と「土星」のふたつの陣営が
地球をはさんでにらみ合っている状態。その間にある距離は、はるか遠く離れています。

「天王星と冥王星合」が「システムを徹底的に根本的に改革をせよ!」と声をあげているとすると、

合であれば土星は、同じサイン内でその声を「脅威」と感じるハメになりますが、
衝であれは土星は、遠く180度離れた対岸のサインで聞いているような状態。


「天王星と冥王星、土星の合」を例えば、同じ土俵上での大相撲の取り組みとすると。
「天王星と冥王星合+土星の衝」は、川原のこちらと向こう側での飛び道具での応戦でしょうか。


▼6世紀から19世紀まで:「天王星と冥王星の合」と土星の「合、衝」


で。話をぐっと前に戻して。以下のふたつの時期に解釈を応用し、再考をしてみます。

先ずは、6世紀の「天王星と冥王星、土星の合」から16世紀「天王星と冥王星合+土星の衝」までを
「ひとくくり」にして、大きな時代の流れを見てみようと思います。




0582年 魚   + 0693年 蟹   : 飛鳥時代、奈良時代、平安時代初期
0836年 魚   + 0947年 蟹   : 平安時代
1090年 牡羊 + 1201年 蟹   : 平安時代、鎌倉時代
1343年 牡羊 + 1455年 獅子 : 室町時代、安土桃山時代
1597年 牡羊 + 1710年 獅子 : 江戸時代



6世紀の聖徳太子から始まった改革は、結果的に「日本国の成立」を促しました。

その後、政治の主権は朝廷から武士へと移行、群雄割拠の戦国時代を経て
関が原の決戦の後、17世紀初頭に「江戸幕府」成立。武家政権の完成です。

非常に長い期間を経ての熟成。それまでの千年以上の歴史の集大成として、
256年の長期安定政権が続くことになりました。

ブランコの揺れの例えでいうと、飛鳥時代に始まった改革の勢いは江戸時代のスタートで最大になり、
あとはだんだんに揺れ幅が減少していったと見ることができそうです。

江戸時代に特筆すべきは「鎖国政策」でしょうか。ここでの土星は「外敵=天王星と冥王星合」の脅威を
徹底的に締め出すことで政権を守り通したように思えます。

別の言い方をすれば「外敵」を視野に入れない、見ないことで自国の防衛を図ったとも言えそうです。


▼19世紀から20世紀:「天王星と冥王星の合」と土星の「合、衝」




1850年 牡羊 + 1965年 乙女 : 幕末〜明治維新から平成まで



さてさて。大問題がこちらの期間です。

先の6世紀から16世紀末の、飛鳥時代から江戸時代まで千年以上の間をおいて生じた
「天王星と冥王星合(+土星合)」と「天王星と冥王星合(+土星衝)」と比べると。

19世紀から20世紀にかけての「天王星と冥王星合(+土星合)」と「天王星と冥王星合(+土星衝)」は
ものすごく短いスパンで生じました。超絶に短い。たったの115年です。

そのわずか115年の間に、幕末の大政奉還、明治維新、開国、文明開化、戦争と敗戦が濃縮して
詰め込まれています。敗戦のトドメには原子力爆弾の投下もありました。猛烈な挫折です。

西欧列強の脅威、植民地化に抗する明治維新がもたらしたのは「日米同盟」「軍事属国化」でした。
促成栽培という言葉を思い出します。急進的すぎた改革のたいへん残念な結果です。

582年にスタートした「天王星と冥王星合(+土星の合)」は、長い時間をかけ、紆余曲折し、
試行錯誤の末にたどり着いたのが、1597年の「天王星と冥王星合(+土星衝)」だったと考えると。

1850年の「天王星と冥王星合(+土星の合)から1965年の「天王星と冥王星合(+土星衝)」までの
期間はあまりに短かい。1000年と100年。ほんの十分の一の期間しかなかったのを再認識です。

で。1965年「乙女天王星と冥王星合(+土星衝)」以降、どのような時代が開始したのでしょう。

何がいつ起きたのか?時系列の確認をと思い、歴史年表を作成してみました。


▼データ16:冥王星と天王星のアスペクト(+年表)   1850年〜2104年


日本の歴史上の出来事にプラスして、気になる世界での出来事、そして個人的に注目する
カルチャー関連の出来事も書き入れました。


次はこれについて考えたことを整理してみようと思います。




■天王星と冥王星90度: その11「天王星と冥王星のアスペクト」02
 2012.08. 



▼データ16:冥王星と天王星のアスペクト(+年表)   1850年〜2104年


この年表では「天王星と冥王星の合」だけではなく、その他のアスペクトも書き入れてあります。

いやしかしなんというか。こうして見ると、なんともすさまじい変化というか。
明治大正昭和は激動の時代だったのだなと今さらながら実感です。

通常、60度や120度のアスペクトは吉兆として肯定的に捉えられることが多いのですが。

天王星と冥王星のアスペクトでは、60度や120度もほんわかしたムードは皆無で。
60度や120度の時期にもぐいぐいと改革の拡大まっしぐらとなるように思えます。

この時代の流れの激しさは一体なんなのでしょうか。全体の印象として、
アクセル踏みっぱなしでブレーキを踏むヒマがないというような勢いがあります。

もう一度、土星の位置を確認しておきますと。

1850年の「牡羊サイン天王星と冥王星の合」は、同じ牡羊サインに土星。
1965年の「乙女サイン天王星と冥王星の合」は、反対側魚サインに土星。


まったくの個人的なイメージで恐縮ですが、1850年と1965年のこの「土星」の違いを言葉にするなら、

1850年は「外敵の脅威に土俵側に追い込まれ、改革せざるを得なくなり権威失墜となる土星」。
1965年は「外敵の脅威を恐れるあまり、外敵の存在を忘却することで改革に抵抗をする土星」。


というような対比をしたくなってしまいます。(1850年の土星は牡羊でフォール)


以下、ちょっとだけ補足も。

1961年から1968年まで、天王星が乙女にイングレス後、乙女冥王星と同じサインとなります。

▼天王星と冥王星の合: 1965年〜1966年 

天王星と冥王星が乙女サインでピタリと正確な合になるのは、1965年&1966年ですが、
広義で考えると、1961年から1968年までを「乙女サインで合」の期間と見なすことができます。

ダブルボディサイン乙女天王星&冥王星合と、魚土星との180度の時期に日本国家が身につけた
政治、経済あらゆる面での「二重性=ダブルスタンダード」を示すように思えてなりません。

「民主主義」と「資本主義」の名の下に再建されて発展してきた戦後の日本国は、
主権国家、独立国家にはふさわしくない「二重性」を背負ってしまっているのではないか。

明治維新後の急進的な改革は裏目に出ました。明治維新後に経験してきたことの総決算として
敗戦後、連合国軍最高司令官総司令部GHQの占領下において日本で生じたことは何だったのか。

細かいことをはしょって一気に結論づけてしまうと。今、現在のモロモロの政治経済等の不調の原因は、
この敗戦後から1960年代の時期にその端を発しているように思えるのです。

1965年前後を境にして「見ない」ことにして、忘れてきたことがたくさんあるのではないか。
そこをもう一度よく考えてみなくてはなりません。

そう思うと、現在のいわゆる「カーディナル・クライマックス」の配置は重要です。
「牡羊天王星と山羊冥王星の90度」に対して「天秤土星」が果たす役割は大きいと思います。

「牡羊天王星&山羊冥王星の90度」が「乙女天王星と冥王星合」以降、初めての警鐘であるなら。

「乙女天王星と冥王星合」前後に生じた歪みを現在の「牡羊天王星と山羊冥王星の90度」が示すなら、
天秤土星は今、目をそらすことも誤魔化すこともできない配置にあるからです。

日本での「カーディナル・クライマックス」の時期に何が起きているのか。直視が必要です。
それによって「乙女天王星と冥王星合」の時期に始まったことが一体何か?が見えてくるからです。

例えば「福島第一原子力発電所の事故」の問題であれば、その原因を「乙女天王星と冥王星合」前後の
時期にみてとることができます。

★参考:「福島第一原発事故」関連データ


物事には原因があります。物事には必ず始まりがあって、起源となる出来事があります。
現在起きてしまっている事がなんらかの「歪み」の結果であるなら、元から正さなくてはなりません。

それこそ電気が足りるとか足りないの問題ではないです。そういうゴマカシはもう通用しません。
本気で軌道修正を考えるのであれば、対症療法ではラチがあきません。根本的な解決が必要です。
スタートラインに立ち返って、問題の本質から考え抜かなくてはなりません。

少なくとも1955年「原子力基本法」成立の時期までさかのぼる必要がありますし、さらに言えば
1945年の2度の原爆投下にまで、核兵器の存在の是非にまでさかのぼる必要があるハズです。

政治経済社会のあらゆる面での「システムの不調、歪み」には、必ず根本的な原因があります。

個々の具体的な問題、例えばオスプレイも普天間基地も、TPPやACTAも、北方領土も尖閣諸島も。
消費増税も。問題の「起点」にさかのぼって考えなくては、事の本質を見誤るのではないか。

しかし根本的な問題点を考えるには「思い出したくないことを思い出す」シンドイ作業も必要ですし、
「忘却のはるかかなた」に埋もれた「都合の悪い出来事」も掘り起こさねばなりません。

SF小説のように物語風に例えるなら。まずは日本国が1965年前後にかかってしまった集団催眠を
解かなくてはなりません。そうでなくては話が始まらないからです。

そして次に、1850年前後にかかってしまった集団催眠も解かねばなりません。それができて初めて
「今、ここ」の目の前の問題点がクリアに見えてくるのではないかと思う次第です。

そのためのヒントとして、西洋占星術が活用可能かどうか。天王星と冥王星の会合周期から、
天王星と冥王星の90度の配置から、土星と木星の会合周期から、見えてくるものは何か。

まだまだ粘って考え続けたいと思います。