戻る

■Stargazer時期表の便利な機能   2004.08.07   更新:2012.07.26


占星術ソフトStargazer for Windows by Delphiをお使いの方へ、便利な裏ワザのご紹介です。

MEMO欄の記事の中で掲載している各種の<天体の動き>のデータ部分は、
Stargazer時期表の形式で日時を表示しています。

コピー&ペーストして、オリジナルのStargazer時期表としてファイルを作成することで、
Stargazer のチャートに読み込むことができます。どうぞお試しください。


   ▼オリジナル時期表の作り方 
1: StargazerWD下部フォルダ「out」にある任意の時期表ファイルを開き、先頭の2行をコピーする。
              ↓
--------------------------------------------------
[Aspect Time] by StargazerWD 9 JST 2012/07/26
Transit
--------------------------------------------------

2: エディタ等で新規のテキストファイルを作成し、上記2行を先頭にペーストする。

3: 次に<天体の動き>等データの必要範囲をコピーして、テキストの続きにペーストする。

<例>  こんな感じにします。
           ↓

[Aspect Time] by StargazerWD 9 JST 2012/07/26
Transit
1970年03月07日10時26分 牡牛in火星t★
1970年03月10日14時25分 牡羊in金星t★
1970年04月03日19時04分 牡牛in金星t


4: テキスト・ファイルに任意の名前を付けて、Stargazerの下部フォルダ「out」に保存。

5: ファイル管理ソフト(エクスプローラー等)で、「ファイル」の「名前の変更」を選択。
当該ファイルの拡張子を「txt」から「asp」に変更する。

6: Stargazerの三重円の「出生円」または「経過円」で「時期表読込」を選択し、該当ファイルを開く。

7: チャートに反映したい日時をダブルクリック(または「読込表示」をクリック)することで、
次々にデータをチャートに一時的に表示することができます。

8: 右上の「決定」をクリックすれば、当該のデータがチャートに反映されます。